【永久保存版】学資保険 人気ランキングとおすすめ比較【2017年最新版】

ざっくり言うと・・・

・一般的な条件で各学資保険に加入した場合、返戻率トップ5にはソニー生命の商品が3個入る等、ソニー生命の学資保険が最も返戻率に期待ができる
(設定学資金額が250万と高くはない点に注意)

・明治安田生命のつみたて学資は2017年3月までは返戻率首位であったが、改定後に下がり5位に。ただ、払込免除特約にがんのケースに備えるもの等も存在する等のメリットは未だ健在

・日本生命の製品は4位と6位につけ、配当金が存在する等の魅力があるが、加入年齢制限が厳しい

・上記3社の商品以外は個々の用途に合うならば検討の余地がある

★ここに目次

ここでは、数ある学資の中で一体どれに加入すればいいのだろうとお悩みの方に向け、返戻率順にランキングを作成しております。

2017年4月に保険会社各社が標準金利の引き下げを実施したことにより、2016年までとトップの顔ぶれが大きく変わってきております。

今回はほぼ同じような基準でのランキングのため、例えばJA共済は年払いにすればもっと返戻率高いから順位が変わるのでは?というお声もあるかと思いますが、おおよその目安としてご確認いただけますと幸いです。

学資保険「返戻率」ランキング H2


https://www.pexels.com/photo/person-girl-cute-young-790/

■ランキングの算出条件 h3

 当ランキングは、学資保険の返戻率を基に実施しております。

 今回の算出にあたっての条件は以下の通りです。

  ・契約者の年齢:30歳

  ・子どもの年齢:0歳

  ・保険料払込方法:月払い

  ・払込完了年齢:ランキング表内に記載

■学資保険返戻率ランキング h3


順位 保険会社名 商品名(保険タイプ) 返戻率 設定条件 加入可能年齢
1 ソニー生命 学資保険Ⅲ型(無配当) 110.3% 18歳払済 22歳満期 0~8歳
2 ソニー生命 学資保険Ⅱ型(無配当) 106.9% 18歳払済 18歳満期 0~7歳
3 明治安田生命 つみたて学資 104.2% 15歳払済 21歳満期 0~6歳
4 日本生命 ニッセイ学資保険(祝い金なし) 104.0% 18歳払済 18歳満期 0~6歳
5 ソニー生命 学資保険Ⅰ型(無配当) 102.7% 18歳払済 18歳満期 0~5歳
6 日本生命 ニッセイ学資保険(祝い金あり) 102.3% 18歳払済 18歳満期 0~2歳
7 第一生命 MICKY(C型) 102.1% 17歳払済 22歳満期 0~10歳
8 フコク生命 みらいのつばさ【J(ジャンプ型)】 102.0% 17歳払済 22歳満期 0~7歳
9 住友生命 こどもすくすく保険 101.6% 12歳払済 18歳満期 0~9歳
10 第一生命 MICKY(B型) 101.2% 17歳払済 22歳満期 0~10歳
11 フコク生命 みらいのつばさ【S(ステップ)型】 101.2% 17歳払済 22歳満期 0~7歳
12 JA共済 こども共済 学資応援隊 100.4% 18歳払済 22歳満期 0~12歳
13 第一生命 こども応援団 98.9% 17歳払済 22歳満期 0~10歳
14 アフラック 夢見るこどもの学資保険 96.3% 18歳払済 21歳満期 0~7歳
15 かんぽ生命 はじめのかんぽ(大学入学+在学中コース) 95.5% 18歳払済 18歳満期 0~12歳

※住友生命「こどもすくすく保険」は18歳払済とすると返戻率が低くなってしまうため、12歳の設定で算出

■ソニー生命(1位・2位・5位にランクイン)h3

<主な特徴>

 ・マイナス金利の現在でも保険料の値上げがなく、返戻率も学資保険トップ!

 ・Ⅰ型、Ⅱ型、Ⅲ型、5年利差配当など、様々なパターンの商品あり

 ・ネットや通販の契約はしておらず、専属のライフプランナーか保険代理店でのみ

  加入可能


項目 内容
Ⅰ型プラン 【満期・払込期間】17歳、18歳、20歳、22歳
【受取パターン】
17歳もしくは18歳満期の場合
・進学資金:中学入学時・高校入学時
・満期金:17歳もしくは18歳
20歳満期の場合
・進学資金:中学入学時・高校入学時・17歳もしくは18歳
・満期金:20歳
22歳満期の場合
・進学資金:中学入学時・高校入学時・17歳もしくは18歳
・満期金:22歳
Ⅱ型プラン 【満期・払込期間】17歳、18歳、20歳、22歳
【受取パターン】
17歳もしくは18歳満期の場合
・満期金:17歳もしくは18歳
20歳・22歳満期の場合
・進学資金:18歳
・満期金:20歳・22歳
Ⅲ型プラン 【満期】22歳 【払込期間】10歳、15歳、17歳、18歳
【受取パターン】
・学資年金18歳~21歳
契約可能年齢 【契約者年齢】
男性:18歳~(子どもの年齢により上限は変動)
女性:16歳~(子どもの年齢により上限は変動)

【被保険者(お子さま)年齢】
0~7歳(プランにより変動)

受取総額 50万円~250万円
保険料払込期間 10歳、15歳、17歳、18歳、20歳、22歳
保険料払い方 月払い、半年払い、年払い
払込方法 口座振替
保険料の払込免除条件 ・契約者が死亡された場合
・契約者が所定の高度障害状態になった場合
・契約者が所定の不慮の事故により事故日から180日以内に所定の身体障害の状態になった場合

【1位】ソニー生命「学資保険Ⅲ型」

 ・学資金の受け取りは18歳から22歳まで1年ごとに計5回の受け取り

 ・ソニー生命の学資保険の中で最も返戻率が高く、払込の年齢を10歳にすると、返戻率は116%前後になる。

 ・2017年4月の標準料率改定後も、それまでと同水準を保っており、各社が軒並み下げる中で圧倒的な返戻率を誇る。

 ・設定できる学資金額が250万円までと、少し物足りない感じは残る。

【2位】ソニー生命「学資保険Ⅱ型」

 ・学資金は18歳の一括受け取りとなる。(満期を22歳に設定シた場合は、18歳と22歳の2回受け取り)

 ・Ⅲ型に比べ、一括で学資金を受け取れるため入学準備金としては非常に使い勝手が良い。ただし、一括で受け取る分、Ⅲ型に比べて返戻率は下がる。とはいえ、一括受け取りの利便性と、高水準の返戻率で非常に魅力的な商品。

【5位】ソニー生命「学資保険Ⅰ型」

 ・学資金は12歳、15歳、18歳時に3回に分けて受け取る。(満期を22歳に設定した場合は、22歳も加わり4回となる)

 ・中学入学や高校入学時の入学準備にお金を使うことができるが、払込途中での受取となるため、Ⅱ型・Ⅲ型に比べて返戻率は下がる。

 ・中学入学・高校入学時に分散されるため、大学入学時の満期金は多少手薄になる。

■明治安田生命(3位にランクイン) h3

<主な特徴>

 ・保険料払込免除特約が2種類あり、Ⅱ型はがんになった場合も対象となる

 ・払込期間が他社に比べて少し短いため、返戻率は高くなる。

 ・全期前納払いも可能

 ・高額割引適用により、返戻率が上がる

 ・10歳払いの場合は、加入は2歳まで


項目 内容
契約可能年齢 【契約者年齢】
満18歳~70歳

【被保険者(お子さま)年齢】
0~満6歳

受取総額 記載なし
保険料払込期間 10歳、15歳、全期前納払い
学資年金支払開始年齢 18歳、19歳、20歳、21歳
保険料払い方 月払い、半年払い、年払い、全期前納払い
払込方法 口座振替、送金、店頭持参
保険料の払込免除条件 【Ⅰ型】
・契約者が死亡または所定の身体障害者の第1級・第2級の障害状態に該当したとき
【Ⅱ型】
・契約者が死亡または所定の身体障害者の第1級・第2級の障害状態に該当したとき
・はじめて所定の悪性新生物(がん)と医師に診断確定されたとき(上皮内新生物等は除く)

【3位】明治安田生命「つみたて学資」

 ・学資金は18歳、19歳、20歳、21歳の4回受け取り(4回とも同額)

 ・払込完了期間が他社よりも早い(15歳まで)

 ・2017年3月の利率改定までは全学資保険の中で、最も高い返戻率を誇っていたが、

  4月の改定に伴い大幅に返戻率を落とす結果に。

 ・15歳に加え、10歳払込プランもあるが、返戻率は106%と、短期払いのわりに

  返戻率はさほど高くない。

■日本生命(4位・6位にランクイン) h3

<主な特徴>

 ・払込期間を5年にした場合、返戻率はかなり高くなる

 ・保険金額を上げると、返戻率も段階的に高くなる

 ・配当金がある

 ・「祝い金あり」と「祝い金なし」の2パターンが用意されている

 ・払込期間が5年間以外は契約者の年齢が45歳までしか契約できない


項目 内容
契約可能年齢 【契約者年齢】
・男性:18歳~67歳(プランにより変動)
・女性:16歳~67歳(プランにより変動)

【被保険者(お子さま)年齢
0~6歳(こども祝い金なし型)
0~2歳(こども祝い金あり型)

受取総額 120~1,500万円まで(60万円単位で選択可)
保険料払込期間 17歳、18歳
5年、10年
学資金受取年齢 こども祝い金なし型(17歳基準):17歳、18歳、19歳、20歳、21歳
※18歳基準の場合は、それぞれ1歳ずつプラス
保険料払い方 月払い、年払い
払込方法 口座振替
保険料の払込免除条件 ・契約者が亡くなった場合
(所定の高度障害状態または身体障害状態該当時は対象外)

【4位】日本生命「ニッセイ学資保険 祝い金なし型」

 ・学資金は18歳、19歳、20歳、21歳、22歳の5回受け取り

 ・18歳時の受け取り額はそれ以降の受け取り額の2倍になっており、大学入学金として利用しやすい。

 ・5歳までに払込を終えるプランだと、保険料は高額になるものの、返戻率は109%近くまで増やすことができる。

 ・親の加入年齢が45歳までと注意が必要

【6位】日本生命「ニッセイ学資保険 祝い金あり型」

 ・学資金は6歳、12歳、15歳、18歳、19歳、20歳、21歳、22歳の8回受け取り

 ・小学校入学時から大学入学時までお子さまのステージの変化に合わせて受け取ることができる反面、保険料支払い途中であるため、返戻率は祝い金なし型に比べて低い

 ・「祝い金あり型」の場合、加入できる子どもの年齢が2歳までなので要注意

■第一生命(7位・10位・13位にランクイン)h3

<主な特徴>

 ・育英年金を付けないプランは全体的に比較的返戻率は高め

 ・「MICKY」「こども応援団」それぞれに育英年金あり・なしを選べる

 ・「MICKY」では育英年金なしに加え、保険料払込免除特約なしも選択可


項目 内容
契約可能年齢 【契約者年齢】
18歳~65歳

【被保険者(お子さま)年齢】
0~10歳(プランにより異なる)

受取総額 記載なし
保険料払込期間 17歳、18歳、5年、10年
学資年金支払開始年齢 17歳、18歳、19歳、20歳、21歳 もしくは18歳、19歳、20歳、21歳、22歳
保険料払い方 月払い、半年払い、年払い
払込方法 口座振替
保険料の払込免除条件 【MICKY】
・契約者が死亡または所定の高度障害状態に該当したとき
【こども応援団】
・契約者が、以下所定の7大リスクに該当したとき
 ①死亡
 ②所定のがんと診断された場合
 ③急性心筋梗塞発病から60日以上、労働制限が必要と医師に診断されたとき
 ④脳卒中発病から60日以上、他覚的な神経学的後遺症が継続したと、医師に診断されたとき
 ⑤所定の要介護状態になったとき
 ⑥所定の身体障害状態になったとき
 ⑦所定の高度障害障害になったとき

【7位】第一生命「MICKY(C型)」

 ・学資金は18歳から22歳まで5回に分けて受け取り

 ・C型は基本形であるB1型から「保険料払込免除」と「育英年金」を省き、返戻率を高めたプラン。

 ・一方で、保障部分を削り、満期が22歳となるが返戻率はそこまで高くない。

  払込免除特約等最低限の保障を削ってまで選びたい返戻率とは言えない

【10位】第一生命「MICKY(B2型)」

 ・学資金は18歳から22歳まで5回に分けて受け取り

 ・B2型は、基本形であるB1型から「育英年金」だけを外したプラン。

 ・C型より保障が厚くなるものの、22歳満期と考えると返戻率は高くない

【13位】第一生命「こども応援団」

 ・学資金は18歳から22歳まで5回に分けて受け取り

 ・A2型は、こども応援団に「保険料払込免除」を付け、「育英年金」を外したプラン

 ・こども応援団の特徴として、保険料払込免除特約の対象に、「契約者の死亡」だけでなく、「がんや急性心筋梗塞」といった7大リスクを含むことで、保障範囲が非常に広いこと

 ・カバー範囲を考えると返戻率が100%前後となるのは、大健闘とも言える

■フコク生命(8位・11位にランクイン)h3

<主な特徴>

 ・ステップ型とジャンプ型の2プランから選べる。ジャンプ型の方が返戻率は高い

 ・兄弟割引があるため、二人目以降の契約はさらにおトクになる

 ・解約返戻金あり

 ・満期は22歳で固定


項目 内容
契約可能年齢 【契約者年齢】
・男性:18歳~70歳(子どもの年齢により変動)
・女性:16歳~70歳(子どもの年齢により変動)

【被保険者(お子さま)年齢
0~7歳

受取総額 100万円~(10万円単位で変更可)
保険料払込期間 17歳まで
満期 22歳
受取プラン 【S(ステップ)型】
・入園・入学の際に祝い金を受け取れるプラン
・祝い金は据え置くことが可能

【J(ジャンプ)型】
・大学進学時に祝い金を受け取るプラン

保険料払い方 月払い、半年払い、年払い
払込方法 口座振替、振込用紙
保険料の払込免除条件 ・契約者が死亡したとき
・契約者が高度障害状態になった時
・契約者が不慮の事故により所定の身体障害状態になった時

【8位】フコク生命「みらいのつばさ【J(ジャンプ)型】」

 ・学資金は18歳、22歳で半分ずつ2回に分けて受け取り

 ・大学入学金と就職準備金としては使いやすいが、大学在学中の学費のためには使いにくい

 ・11歳までの短期払いも可能だが、その場合も返戻率は104%程度。

 ・兄弟もフコク生命の保険に加入している場合は、保険料が割り引かれる「兄弟割」

がある。これを考慮すると、返戻率は1%程度高くなる

【11位】フコク生命「みらいのつばさ【S(ステップ)型】」

 ・学資金は3歳、6歳、12歳、15歳、18歳、20歳、22歳の7回に分けて受け取り

 ・幼稚園入園から大学入学まで幅広く対応できる一方、保険料払込期間中での受け取りとなるため、返戻率は低くなる

■住友生命(9位にランクイン)h3

<主な特徴>

 ・満期保険金は1万円単位で設定可能

 ・保障を重視される方には特約が豊富


項目 内容
契約可能年齢 【契約者年齢】
・男性:18歳~72歳
・女性:16歳~75歳

【被保険者(お子さま)年齢
・0~9歳

受取総額 記載なし
保険料払込期間 12歳、15歳、18歳
学資年金支払開始年齢 12歳、15歳、18歳
保険料払い方 月払い、半年払い、年払い
払込方法 口座振替
保険料の払込免除条件 標準付帯

【8位】住友生命「こどもすくすく保険」

 ・学資金は12歳、15歳、18歳の3回に分けて受け取り

 ・受け取り割合は1:1:10となり、18歳時の満期金額を基準に12歳、15歳のお祝い金が設定されている。そのため、大学入学の準備金として使いやすい

 ・今回はあえて12歳払済にしているが、それでもどうにか返戻率が100%を超える程度。18歳払済の場合は返戻率はなかなか厳しい

■JA共済(12位にランクイン)h3

<主な特徴>

 ・「大学プラン」が一番返戻率が高い

 ・月払いに比べ、年払いの返戻率が非常に高くなる

 ・子どもの加入年齢が12歳までと、他社に比べてかなり幅広い


項目 内容
学資金型 学資応援隊 【満期】22歳 【払込期間】17歳もしくは18歳
【受取パターン】
・学資金:17歳もしくは18歳、19歳、20歳
・満期共済金:22歳
学資金型 にじ 【満期】22歳 【払込期間】18歳
【受取パターン】
・お祝い金:3歳、5歳、11歳、14歳
・満期共済金:22歳
学資金型 えがお 【満期】22歳 【払込期間】18歳、22歳
【受取パターン】
・お祝い金:3歳、5歳、11歳、14歳
・満期共済金:22歳
契約可能年齢 【契約者年齢】
18歳~60歳

【被保険者(お子さま)年齢】
【すてっぷ】0~12歳
【にじ・えがお】0~11歳

共済掛金払込期間 11歳、12歳、14歳、15歳、17歳、18歳
学資金受取年齢 17歳共済:17歳、18歳、19歳、20歳、22歳
18歳共済:18歳、19歳、20歳、21歳、22歳
受取プラン 【S(ステップ)型】
・入園・入学の際に祝い金を受け取れるプラン
・祝い金は据え置くことが可能

【J(ジャンプ)】型
・大学進学時に祝い金を受け取るプラン

保険料払い方 月払い、年払い
保険料の払込免除条件 ・共済契約者が死亡したとき
・共済契約者が第1級後遺障害の状態または重度要介護状態になられたとき
・共済契約者が第2級~代4級の後遺障害の状態になられたとき

【12位】JA共済「こども共済 学資応援隊」

 ・学資金は18歳〜22歳までの5回に分けて受け取り

 ・月払いの場合は返戻率はほぼ100%の水準であるものの、年払いにすると104〜105%と大幅に上昇する

 ・2017年4月にリニューアルし、「すてっぷ」から「学資応援隊」へ変更となった。

■アフラック(14位にランクイン)

<主な特徴>

 ・クレジットカード払いができる

 ・平役可能年齢が50歳と低め

 ・10歳払済にしても返戻率が100%を割り込む


項目 内容
契約可能年齢 【契約者年齢】
・男性:18歳~50歳(子どもの年齢により変動)
・女性:16歳~50歳(子どもの年齢により変動)

【被保険者(お子さま)年齢】
0~7歳(17歳・18歳払済の場合)
0~5歳(10歳払済の場合)

受取総額 120~1,500万円まで(60万円単位で選択可)
保険料払込期間 10歳、17歳、18歳
学資年金支払開始年齢 17歳、18歳
学資年金期間 4年間
保険料払い方 月払い、半年払い、年払い
払込方法 口座振替、クレジットカード
保険料の払込免除条件 有料にて特約付加可能
【条件】
・契約者が保険料払込期間中に死亡したとき
・契約者が、保障が始まる日以降の病気やケガを原因として所定の高度障害状態になったとき
・契約者が、保障が始まる日以降に発生した不慮の事故により180日以内に所定の身体障害状態になったとき

【14位】アフラック「夢見るこどもの学資保険」

 ・学資金は14歳、18歳、19歳、20歳、21歳の5回に分けて受け取る

 ・以前は返戻率が105%程度あったが、標準利率の変更等により現在は元本割れしてしまい、10歳払済プランにしても元本割れしてしまうため、学資保険としては加入するメリットは無いといえる。

■かんぽ生命(15位にランクイン)

<主な特徴>

 ・3つのコースが用意されており、自分に合ったコースを選べる

 ・全期前納払いができる

 ・配当金がある


項目 内容
契約可能年齢 【契約者年齢】
・男性:18歳~65歳(年齢制限のないプランもあり)
・女性:16歳~65歳(年齢制限のないプランもあり)

【被保険者(お子さま)年齢
0~12歳(プランにより変動あり)

受取総額 50~700万円まで
保険料払込期間 12歳、17歳、18歳
学資金受取年齢 ・(一括受取の場合)17歳または18歳
・(お祝い金を付帯した場合)小学校・中学・高校入学前、大学入学時
・(年金型の場合)18歳、19歳、20歳、21歳
保険料払い方 月払い、3ヶ月払い、半年払い、年払い、全期前納払い
払込方法 口座振替、窓口払込、団体払込
保険料の払込免除条件 契約者が亡くなられた場合

【15位】かんぽ生命「はじめのかんぽ(大学入学+在学中コース)」

 ・学資金は18歳、19歳、20歳、21歳の4回に分けて受け取り

 ・本来返戻率が上がる短期払である12歳払済にした場合も、返戻率は97.5%と、元本割れしてしまうため、加入するメリットはないといえる


無料保険相談はいかがですか?

「記事を読んでも、よく分からない」「実際に、保険のプロに聞いてみたい」そんな時は、保険サミットの無料保険相談サービスをどうぞ。 弊社の紹介する保険のプロが、こちらから最寄りのカフェまで伺います。 もちろん、その場で契約を迫られるような事はありません。是非、お気軽にお申込みください。