◆学資保険 商品紹介◆日本生命「ニッセイ学資保険」

ざっくり言うと・・・
・高い返戻率
・払込期間5年という短期払いが選択可能
・中学や高校の入学等の準備金を祝い金として受け取るパターンも選択可能

※祝い金有パターンでは契約制限が厳しい点、ニッセイの学資保険は5年払い以外は契約の年齢制限が厳しい点には注意が必要

★ここに目次

日本の保険会社のトップランナーである日本生命は、学資保険も返戻率重視の商品設計により人気のトップを独占してきています。

近年は保険料の改定などにより利率も下がってきていますが、返戻率が100%を割る商品が増えてきている中で、いまだ高い返戻率を誇る会社であると言えます。

今回はそんな日本生命の「ニッセイ学資保険」について紹介していきます!

商品概要 h2

■月払保険料と返戻率の例 h3

<30歳男性が契約者の場合>

 ・保険料払込期間:18歳まで

 ・受取総額:300万円

 ・被保険者(お子さま)の年齢:0歳


払済年齢 月額保険料 払込総額 受取総額 返戻率
18歳払済 12,620円 2,725,920円 3,000,000円 110.0%


他社と比較すると、かなり高い返戻率となります。

また払込期間を5年間という短期間で設定することもでき、5年間で払込をすると返戻率はさらに上げられることと、保険金の受け取り金額を300万円以上にすることでも返戻率が高くなるという特徴があります。

■保険金の受取イメージ h3


日本生命で受取総額を300万円にした場合、上記の図の受け取り方が一般的です。

 ・大学入学時に100万円、そこから毎年50万円ずつ×4回の計5回

これは受け取る満期を17歳か18歳にするかで終わりの年度が変わりますが、18歳満期にした場合は、最終的な受け取り金額を社会人になるための準備費用としても利用することができます。

これとは別に「こども祝い金あり」のタイプもあり、そちらのタイプでは小学校・中学校・高校入学時にお祝い金を受け取ることができます。

■保障内容一覧 h3


項目 内容
契約可能年齢 【契約者年齢】
・男性:18歳~67歳(プランにより変動)
・女性:16歳~67歳(プランにより変動)

【被保険者(お子さま)年齢
0~6歳(こども祝い金なし型)
0~2歳(こども祝い金あり型)

受取総額 120~1,500万円まで(60万円単位で選択可)
保険料払込期間 17歳、18歳
5年、10年
学資金受取年齢 こども祝い金なし型(17歳基準):17歳、18歳、19歳、20歳、21歳
※18歳基準の場合は、それぞれ1歳ずつプラス
保険料払い方 月払い、年払い
払込方法 口座振替
保険料の払込免除条件 ・契約者が亡くなった場合
(所定の高度障害状態または身体障害状態該当時は対象外)

■他社と比較してのメリット・デメリット h3

<メリット>

【メリット1:払込期間5年という短期払いを選ぶことができる】

ニッセイの学資保険では、5年払込という支払い方法を選択することが可能です。当然その分だけ月々の保険料は高額になってきますが、払込期間が短くなることで、払込保険料総額は少なくなり、返戻率も高くなります。

お金に余裕がある場合は是非選択肢の一つとして考えていただきたい、大きな特徴です。

【メリット2:配当金がある】

ニッセイの学資保険には配当金があります。会社の決算状況によっては配当金が支払われる可能性もあるため、その部分も考慮すると、受け取れる総額はよりおトクであるといえます。

【メリット3;2パターンの受け取り方ができる】

この商品には「祝い金あり」と「祝い金なし」の2つのパターンが用意されています。

「祝い金あり」の場合はなしの場合と比較し、返戻率が下がってしまうことから、こちらを選択する方は20%弱とのことですが、中学校や高校の入学時にも準備金があった方が良いと考えるご家庭には選択肢の一つになるのではないでしょうか。

<デメリット>

【デメリット1:「祝い金あり」の場合は、契約制限が厳しい】

デメリットの1つ目としは、「祝い金あり」をご希望される場合は、注意が必要だということです。というのも、以下の条件に該当しない場合はこの選択ができないからです。

 ・払込は17歳・18歳払込のみ可能。(5年払い・10年払いは不可)

 ・被保険者(お子さま)の年齢は0〜2歳まで

 ・契約者の年齢は男性が18〜39歳、女性が16〜39歳まで

ニッセイの学資保険の大きなメリットである短期払込を利用できないことに加え、契約者の年齢もかなり制限があります。

契約者年齢制限も39歳までとかなり低めに設定されているため、注意が必要です。

【デメリット2:5年払い以外は契約者の年齢は45歳まで!】

上記の「祝い金あり」の年齢制限が39歳までとお伝えしましたが、ニッセイの学資保険はその他の支払い期間も非常に年齢制限が低くなっています。

というのも、5年払いの場合のみ、契約者の年齢が67歳まで加入可能ですが、それ以外の17歳・18歳・10年払いの場合は、契約者の年齢が45歳までしか加入できません。

近年は晩婚化も進み、最初のお子さまを持たれるのが45歳以上ということも決して珍しくなくなりました。しかしその場合は加入ができないということが、大きなデメリットとなります。


無料保険相談はいかがですか?

「記事を読んでも、よく分からない」「実際に、保険のプロに聞いてみたい」そんな時は、保険サミットの無料保険相談サービスをどうぞ。 弊社の紹介する保険のプロが、こちらから最寄りのカフェまで伺います。 もちろん、その場で契約を迫られるような事はありません。是非、お気軽にお申込みください。