◆学資保険 商品紹介◆第一生命「MICKY」

ざっくり言うと・・・
・学資保険のラインナップ「MICKY」「こども応援団」ともに全体的に返戻率が高い
・柔軟にプランを5つのプランから選択が可能  (中でも「こども応援団」は通常の学資保険よりも返戻率が高いのに払込免除特約のカバー範囲が広い!)

※育成年金付きプランの学資保険は大きく元本割れになる点に注意

★ここに目次

従来第一生命の学資保険といえば「MICKY」を指しましたが、2014年のリニューアル時に「こども応援団」という商品が追加され、現在は「MICKY」と「こども応援団」の2商品展開となっています。

2016年度まではあまり目立つ商品ではありませんでしたが、2017年4月に各社が予定利率を引き下げる改定をする中、第一生命は予定利率を据え置きにしたため、相対的に注目度がアップしてきています。

「こども応援団」は保障内容を充実された保障型となりますので、今回は「MICKY」を中心にご紹介させていただきます!

商品概要 h2

以下は、「MICKY」2種類(保険料払込免除特約あり・なし)と、「こども応援団」の比較となります。いずれも育英年金は付加しないタイプのものになります。

■月払保険料と返戻率の例 h3

<30歳男性が契約者の場合>

 ・「MICKY 育英年金なし(B2型))

 ・保険料払込期間:18歳まで

 ・受取総額:300万円

 ・被保険者(お子さま)の年齢:0歳


払済年齢 月額保険料 払込総額 受取総額 返戻率
18歳払済 13,096円 2,828,736円 3,000,000円 106.0%

 ・「MICKY 育英年金なし(C型))

 ・保険料払込期間:18歳まで

 ・受取総額:300万円

 ・被保険者(お子さま)の年齢:0歳

 ・B2型と異なり、契約者の死亡による保険料払込免除はなし


払済年齢 月額保険料 払込総額 受取総額 返戻率
18歳払済 12,971円 2,801,736円 3,000,000円 107.0%

 ・「こども応援団 育英年金なし(A2型))

 ・保険料払込期間:18歳まで

 ・受取総額:300万円

 ・被保険者(お子さま)の年齢:0歳

 ・MICKYと比較し、保険料免除の適用範囲が幅広い


払済年齢 月額保険料 払込総額 受取総額 返戻率
18歳払済 13,289円 2,870,424円 3,000,000円 104.5%

上記のように、「MICKY」の中でも貯蓄型となるB2型で返戻率106.0%となかなかの高水準を誇る。B2型から保険料の払込免除特約を省いたC型は、返戻率が1%アップの107.0%に!

特筆すべきは、「こども応援団」の返戻率の高さです。「こども応援団」は、保険料の払込免除特約が契約者の死亡だけでなく、所定のがんや、脳卒中による所定の状態、急性心筋梗塞による所定の状態など、他社の保険では範囲とならない状態になった場合も免除となる商品です。こういった手厚さでありながら、育英年金を付けないA2型では返戻率104.5%とMICKYと比較しても遜色ない水準を誇ります。

そのため、純粋に返戻率を考えるのであればMICKYがオススメですが、こども応援団も合わせてオススメできる商品です!

■保険金の受取イメージ h3

<MICKY(B2型)>


第一生命の場合、MICKYもこども応援団も保険金の受取方法については同じになります。

 ・17歳払込にした場合:17歳・18歳・19歳・20歳・21歳の5回で受取

 ・18歳払込にした場合:18歳・19歳・20歳・21歳・22歳の5回で受取

となります。

■保障内容一覧 h3


項目 内容
契約可能年齢 【契約者年齢】
18歳~65歳

【被保険者(お子さま)年齢】
0~10歳(プランにより異なる)

受取総額 記載なし
保険料払込期間 17歳、18歳、5年、10年
学資年金支払開始年齢 17歳、18歳、19歳、20歳、21歳 もしくは18歳、19歳、20歳、21歳、22歳
保険料払い方 月払い、半年払い、年払い
払込方法 口座振替
保険料の払込免除条件 【MICKY】
・契約者が死亡または所定の高度障害状態に該当したとき
【こども応援団】
・契約者が、以下所定の7大リスクに該当したとき
 ①死亡
 ②所定のがんと診断された場合
 ③急性心筋梗塞発病から60日以上、労働制限が必要と医師に診断されたとき
 ④脳卒中発病から60日以上、他覚的な神経学的後遺症が継続したと、医師に診断されたとき
 ⑤所定の要介護状態になったとき
 ⑥所定の身体障害状態になったとき
 ⑦所定の高度障害障害になったとき

■他社と比較してのメリット・デメリット h3

<メリット>

【メリット1:全体的に返戻率が高い】

「MICKY」、「こども応援団」ともに育英年金を付けないプランであれば、他社と比較しても高めの返戻率となる。

【メリット2・選べる5つのプラン】

「MICKY」、「こども応援団」それぞれで育英年金のあり・なしで各2プランとMICKYには育英年金なし・保険料払込免除なしのプランも選択でき、計5つのプランから選択することができます。払込免除特約を付けないと多少返戻率はアップするものの、保険の最低限の機能もなくなってしまうため、なるべく払込免除特約は付加しているプランを選びたいところ! こども応援団は払込免除特約のカバー範囲が非常に広いが、返戻率も悪くないため、選択肢として十二分に検討の余地ありです。

<デメリット>

【デメリット1:育英年金付きプランは大きく元本割れに】

育英年金なしプランの場合は、他社と比較しても高い水準の返戻率となっている反面、育英年金付きプランは元本割れとなります。プラン選択の際はくれぐれもお間違いないように!(もちろん商品をご理解いただいた上で育英年金付きプランを選択されていらっしゃる場合は問題ありません)


無料保険相談はいかがですか?

「記事を読んでも、よく分からない」「実際に、保険のプロに聞いてみたい」そんな時は、保険サミットの無料保険相談サービスをどうぞ。 弊社の紹介する保険のプロが、こちらから最寄りのカフェまで伺います。 もちろん、その場で契約を迫られるような事はありません。是非、お気軽にお申込みください。