◆学資保険 商品紹介◆ソニー生命「学資保険スクエア」

ざっくり言うと・・・
・学資保険の中で最強の返戻率を誇る
・保険以外の知識も豊富なライフプランナーが専属担当がついてくれる
・いざというときの払込免除特約を標準装備している

※インターネットでの申し込みができない点に注意が必要

★ここに目次

イフプランナーと呼ばれる、保険だけでなく周辺の金融商品等についての深い知識を有するお金の専門家であるアドバイザーがいることが特徴のソニー生命。

学資保険商品である「学資保険スクエア」はその貯蓄性の高さから、常に学資保険の人気ランキング上位を誇る注目の商品です。

今回は、そんなソニー生命の「学資保険スクエア」をご紹介いたします。

商品概要 h2

■月払保険料と返戻率の例h3

<30歳男性が契約者の場合>

 ・保険料払込期間:18歳まで(参考として10歳払込も併記)

 ・受取総額:250万円

 ・被保険者(お子さま)の年齢:0歳

 ・Ⅲ型にて試算


払済年齢 月額保険料 払込総額 受取総額 返戻率
18歳払済 10,490円 2,265,840円 2,500,000円 110.3%
10歳払済 17,960円 2,155,200円 2,500,000円 115.9%

<30歳女性が契約者の場合>

 ・保険料払込期間:18歳まで(参考として10歳払込も併記)

 ・受取総額:250万円

 ・被保険者(お子さま)の年齢:0歳

 ・Ⅲ型にて試算


払済年齢 月額保険料 払込総額 受取総額 返戻率
18歳払済 10,450円 2,257,200円 2,500,000円 110.7%
10歳払済 17,930円 2,151,600円 2,500,000円 116.1%

ソニー保険の「学資保険スクエア」の特徴は、その貯蓄性の高さにあります。マイナス金利の影響から、各社軒並み返戻率が元本割れしてくる中で、以前と変わらない高い返戻率の商品となっています。

また商品もⅠ型、Ⅱ型、Ⅲ型、5年ごと利差配当など、様々なパターンの商品を用意していることも特徴です。

■保険金の受取イメージ h3


ソニー生命「学資保険スクエア」には、上の図(Ⅲ型)をはじめ大きく3つの種類があります。

 ・中学校・高校・大学それぞれの入学時に保険金を受け取れる(Ⅰ型)

 ・大学入学時に受け取れる保険金を手厚くする(Ⅱ型)

 ・大学入学から卒業に備えて毎年年金形式で受け取れる(Ⅲ型)

ソニー生命のホームページ上のシミュレーションでは、Ⅲ型が一般的のようです。

■保障内容一覧 h3


項目 内容
Ⅰ型プラン 【満期・払込期間】17歳、18歳、20歳、22歳
【受取パターン】
17歳もしくは18歳満期の場合
・進学資金:中学入学時・高校入学時
・満期金:17歳もしくは18歳
20歳満期の場合
・進学資金:中学入学時・高校入学時・17歳もしくは18歳
・満期金:20歳
22歳満期の場合
・進学資金:中学入学時・高校入学時・17歳もしくは18歳
・満期金:22歳
Ⅱ型プラン 【満期・払込期間】17歳、18歳、20歳、22歳
【受取パターン】
17歳もしくは18歳満期の場合
・満期金:17歳もしくは18歳
20歳・22歳満期の場合
・進学資金:18歳
・満期金:20歳・22歳
Ⅲ型プラン 【満期】22歳 【払込期間】10歳、15歳、17歳、18歳
【受取パターン】
・学資年金18歳~21歳
契約可能年齢 【契約者年齢】
男性:18歳~(子どもの年齢により上限は変動)
女性:16歳~(子どもの年齢により上限は変動)

【被保険者(お子さま)年齢】
0~7歳(プランにより変動)

受取総額 50万円~250万円
保険料払込期間 10歳、15歳、17歳、18歳、20歳、22歳
保険料払い方 月払い、半年払い、年払い
払込方法 口座振替
保険料の払込免除条件 ・契約者が死亡された場合
・契約者が所定の高度障害状態になった場合
・契約者が所定の不慮の事故により事故日から180日以内に所定の身体障害の状態になった場合

■他社と比較してのメリット・デメリット h3

<メリット>

【メリット1:学資保険の中で最強の返戻率】

マイナス金利の影響もあり、年々保険会社各社が保険料の値上げや、利率改定をしている中、「学資保険スクエア」は保険料の値上げをすることなく、現在も110%以上の返戻率を誇っています。返戻率だけで見ると、学資保険で最も返戻率が高い商品だと言えます。

【メリット2・ライフプランナーという専属担当者の存在】

ソニー生命には保険だけでなく、お金まわりの知識も豊富な、ライフプランナーと呼ばれる営業担当者が担当してくれます。

「なんだかメンドクサイ」とか、「他の保険商品も一緒に提案されるんじゃないの?」という懸念もあるかと思いますが、学資資金を貯めることはお子さまご本人だけでなく、ご家族のライフプランにおいても、非常に大きな割合を占めるものです。

そういった点からも、家計としての保障や貯蓄から、最適な学資保険の内容を見てもらうということもできますので、機会があれば一度見ていただくと、きっとご家庭にとっても大きな気付きがあると思います。

【メリット3:払込免除特約は標準装備!】

学資保険の中には、保険料の払込免除特約が別途有料というところも多いのですが、「学資保険スクエア」には基本保障として付いています。

<デメリット>

【デメリット1:インターネットでの申込ができない】

ソニー生命では、必ず担当者としてライフプランナーが付くことになっています。そのため、他社では公式サイトから資料請求が可能ですが、その場合もライフプランナーとの面談が必須になってきます。


無料保険相談はいかがですか?

「記事を読んでも、よく分からない」「実際に、保険のプロに聞いてみたい」そんな時は、保険サミットの無料保険相談サービスをどうぞ。 弊社の紹介する保険のプロが、こちらから最寄りのカフェまで伺います。 もちろん、その場で契約を迫られるような事はありません。是非、お気軽にお申込みください。