教育費だけじゃなく生活費も合わせてこれだけかかる~子どもの養育費~

ざっくり言うと・・・

  • 子育て費用=生活費+習い事費+教育費
    0歳から22歳までに約2,300万円以上のお金がかかる
    (生活費+習い事費だけでも同時期に1640万円かかるという試算も・・・)
  • 子育て費用は「正しいコスト」と認識し、  22歳までにかかる【必要費用残額】と、【貯金ができる時期】をおおまかに把握し、  貯蓄や学資保険、教育ローン等の使用を計画的に検討する必要がある。※詳細・具体例は下記参照
  •  一番良くないことは「いつか何とかしよう」という将来に先延ばししてしまうこと。

お子さまを持つご家庭や、これからお子さまを予定されているご家庭にとって、「子育て費用」がどのぐらいかかるのは、非常に関心のあることではないでしょうか。
「こんなにかかるの?」とか「子育てはお金がかかるから・・・」と、子育て費用をマイナスのように考えてしまうのは、とてももったいないことです。
確かに大きな額ではありますが、今からそのイメージを持っていることで、準備をしていくこともできます。

幸いにも、このページをご覧いただいている皆様は、まだまだお子さまも小さい時期かと思われます。子育て費用のピークまでにはかなりの時間があるはずです。是非今後子育て費用を考える際の参考にしていただければと思います。

子育て費用っていくらかかるの?

子育て費用とは?

子育て費用というと、多くの方がいわゆる「教育費」をイメージされるようですが、ここでいう子育て費用は「養育費」と同義語です。世間で、夫婦の離婚の際に問題になる「養育費」は、決してお子さまの教育費のみではありませんよね。

お子さまが成人されるまでに必要とされる額を考慮した金額を指すと思います。そこには食費や衣服代、おもちゃや文具、レジャー費用などなど、様々な「生活費」が必要になりますし、ご家庭によっては保育園代やベビーシッター代も必要になるでしょう。

つまり、子育て費用とは、

 子育て費用 = 生活費 + 習い事費 + 教育費

のことを指します。まさに、お子さまが独り立ちされるまでにかかる全ての費用のことを指します。

財団法人「こども未来財団」の『子育て家庭の経済状況に関する調査結果』によると、子育て費用の総額は、平均で2,370万円かかると試算されています。

「え?そんなにかかるの?」と思われる方も多いと思いますが、一般的に幼稚園から大学まで国公立に進学しても、教育費は1,000万円かかると言われていますので、その倍ちょっとと考えると、確かに妥当(むしろ少し少ない)な金額と言えるのではないでしょうか。


大学卒業までにいくらかかる?(万円)

養育費 学費 習い事等 生活費等 費用残
0歳 54 0 0 54 2,370
0~3歳 199 36 0 163 2,316
4~5歳 164 66 4 94 2,117
小1 61 13 3 45 1,953
小2 61 13 3 45 1,892
小3 60 12 3 45 1,831
小4 62 10 8 44 1,771
小5 63 10 9 44 1,709
小6 62 9 9 44 1,646
中学1 99 22 20 57 1,584
中学2 97 21 19 57 1,485
中学3 97 21 19 57 1,388
高校1 125 48 11 66 1,291
高校2 124 48 11 65 1,166
高校3 123 47 11 65 1,042
大学1 230 131 99 919
大学2 230 131 99 689
大学3 230 131 99 459
大学4 230 131 99 229
合計 2,370 900 130 1,340

※年代ごとの金額を在籍年数で均等割りしています。
※2006.7.2朝日新聞31面より

もっとかかるとの調査結果も・・・

続いては少し古いデータですが、2005年にAIU保険が発表した『AIUの現代子育て経済考2005』によると、出産から大学を卒業する22歳までの22年間でかかる「教育費を除いた、生活費」として1,640万円かかると試算されています。


<出産から22年間の養育費>
出産・育児費用 約91万円
子どもの食費 約671万円
子どもの衣料費 約141万円
子どもの保険医療・理美容費 約193万円
子どものおこづかい額 約451万円
子どもの私的所有物代 約93万円
合計 約1,640万円

(出所)AIU保険「AIUの現代子育て経済考2005」

もちろん、年頃のお嬢さんがいらっしゃるご家庭で衣料費がもっとかかる、参考書に限らず読書に関しては、好きなだけ本を買い与えてあげたいなど、項目の増減はあるかと思いますが、おおよそこれぐらいの金額がかかってくるということがわかります。

【ご参考】0〜6歳時にかかる子育て費用

なお、0歳〜6歳までの期間ではありますが、内閣府が『インターネットによる子育て費用に関する調査』(2010年4月)というデータを発表しています。

この一覧は上記のAIU保険の調査よりも期間は限定されますが、項目をより具体的にしたものなので、よりイメージは湧きやすいかと思います。

こうやって見ていくと、0歳時から100万円前後の子育て費用が必要だということがわかります。

<1人当たりの年間子育て費用>

衣類
服飾
雑貨
食費 生活用品 医療費 保育費 学校外
教育費
活動費
お祝い
行事
子どものための預貯金保険 旅行費 その他 合計
0歳 88,513 111,126 222,491 12,608 51,453 10,975 159,354 221,193 53,375 159 931,246
1歳 69,750 155,376 159,364 14,467 111,019 19,505 28,314 223,007 96,944 294 878,040
2歳 65,521 196,849 130,609 10,932 162,302 30,614 29,514 195,540 120,494 341 942,715
3歳 62,049 212,782 89,397 11,524 268,245 43,682 42,734 188,535 120,921 710 1,040,577
4歳 67,001 226,583 83,872 13,356 363,769 73,863 43,506 185,604 138,173 1,389 1,197,116
5歳 56,586 228,124 76,646 13,075 340,924 94,174 38,383 166,412 143,106 2,095 1,159,523
6歳 70,294 256,263 78,552 13,104 336,364 109,142 36,382 161,251 151,268 2,623 1,215,243

(出所)内閣府「インターネットによる子育て費用に関する調査(2014年4月28日)」

子育て費用を考えるコツ

このように、子育てに多くの費用がかかります。しかしお子さまの幼少期や小学生まではその中でも比較的お金がかからない時期であるため、教育費含めた子育て費用の準備をすすめるチャンスの時期である一方、将来に対しての危機感を持ちにくい時期でもあります。

「今そんなにお金がかからないから大丈夫だろう」とか、「実際にお金がかかる時期はまだ先だから、それまでに準備をすれば大丈夫!」という時期は意外にも早くやってくるものです。一番上の表からもわかる通り、お子さまが中学生や高校生になると必要な学費が増えてくるだけでなく、部活動が始まれば、その費用や遠征費などでお金が10万円単位で出ていくことも決して珍しくありません。

そのため、お子さまが小さくお金が貯められる時期から、将来に向けてシミュレーションをしておく必要があります。

厳密に計算をする必要はないですが、おおよその現状を考えることはとても大切になってきますので、その方法についてご紹介いたします。

子育て費用シミュレーション方法(簡易版)

では改めて冒頭の22歳までにかかる子育て費用合計の表をご覧ください。

この表から、0〜22歳までにかかる費用を2,370万円と想定します。

以下、考え方のポイントを2つご紹介いたします。


大学卒業までにいくらかかる?(万円)

養育費 学費 習い事等 生活費等 費用残
0歳 54 0 0 54 2,370
0~3歳 199 36 0 163 2,316
4~5歳 164 66 4 94 2,117
小1 61 13 3 45 1,953
小2 61 13 3 45 1,892
小3 60 12 3 45 1,831
小4 62 10 8 44 1,771
小5 63 10 9 44 1,709
小6 62 9 9 44 1,646
中学1 99 22 20 57 1,584
中学2 97 21 19 57 1,485
中学3 97 21 19 57 1,388
高校1 125 48 11 66 1,291
高校2 124 48 11 65 1,166
高校3 123 47 11 65 1,042
大学1 230 131 99 919
大学2 230 131 99 689
大学3 230 131 99 459
大学4 230 131 99 229
合計 2,370 900 130 1,340

※年代ごとの金額を在籍年数で均等割りしています。
※2006.7.2朝日新聞31面より

ポイント1:「費用残」という意識を持つ

皆様はこれまで何かしらローンを組まれたことはありますか?例えばクルマや、時計などをローンで購入した場合、ハガキや通知にてローンの返済計画の表が送られてくると思います。その表には「月々の返済額」と合わせて、「残額」という項目があるかと思います。今月この金額を返済すれば、残りはいくらなのかという表です。

お子さまの子育て費用も、このように正しいコストとして認識することが非常に重要です。2,370万円という費用は「人生で一番高い買い物」と言われる家を購入するぐらいの費用になります。それを22年間という非常に長い期間に分けて支出していく点も、住宅ローンと近い考え方になります。

子育て費用を住宅ローンと一緒にするなというお声もあるでしょうが、どちらも支払いや支出を滞らせるわけにはいかない点も同じです。

子育て費用はあくまで負債(かかってしまう費用)と考えるのではなく、コスト(これからかかる費用)として捉える上で、ローンの返済表のような「残りの年数と残額はいくらか」という意識で見ていただくと、計画が立てやすくなります。

ポイント2:実際に計算し、貯蓄可能額を算出してみる

ポイント1を踏まえ重要なのが、実際にその残高をどの時点で準備するのかを、折々計算してみるということです。

では、以下を例に計算してみましょう。

【例】 夫:30歳 妻:28歳 お子さま:0歳
    夫の年収は550万円、妻は専業主婦で収入は0円
    将来の見通しも不明で、年収が上がることは期待できないため、お子さまが
    大学を卒業するまで年収は変わらないと仮定

上記を例に考えていきます。
まず、年収ですが総額を手取りに直します。総額550万円の場合手取りは約450万円として計算します。
その上で、貯蓄額は、収入 – 支出 = 貯蓄可能額 で算出できます。
そのため、家賃や水道光熱費、食費や衣料費等をおおまかに計算してください。
仮にその費用が年間300万円かかるとします。そこに上記の表から、お子さまの養育費54万円を加えると、支出合計は354万円になります。
つまり、貯蓄可能額は 450万円 – 354万円 = 96万円 ということになります。
月あたり8万円の貯蓄ができるということになります。

一方お子さまが高校1年生になった場合を考えてみたいと思います。
かかる費用の合計を300万円のままだとして、高校1年生でかかる費用125万円を加えると、支出合計は425万円となります。
つまり、貯蓄可能額は、450万円 – 425万円 = 25万円となります。
月あたりに直すと約2万円となります。

が、実際0歳の頃とは住む家も光熱費等の支出も変わっているでしょうから、この額はもっと少なくなっていると思われます。
必要な額に対して、こういった計算をおおよそでいいので年ごとに実施し、常に見直すことで、どの時点でどれくらいお金を貯められるのか、またどの時点では難しいのかということがわかります。

まとめ

ここまで子育て費用について見てきました。今回ご紹介した内容をまとめると、以下の通りです。

  • 子育て費用=生活費+習い事費+教育費のことを指し、0歳から22歳までにおおよそ2,300万円以上のお金がかかる。
  • 調査結果によっては、教育費を除いても同時期に1,640万円かかるという試算も出ており、教育費と同様にしっかりと認識しておく必要がある。
  • 子育て費用は「正しいコスト」と認識し、22歳までにかかる費用残額と、貯金ができる時期をおおよそでも把握しておくことが重要。
  • 子育て費用は、一見非常に多額のお金がかかるように思えますが、しっかりと把握しておくことで、その対処法はいかようにでも考えていくことが可能です。一番良くないことが「いつか何とかしよう」という将来に先延ばししてしまうことです。

是非上記の内容を、将来的な見通しを見据えた上で、今何をすべきかを考える参考にしていただければと思います。

無料保険相談はいかがですか?

「記事を読んでも、よく分からない」「実際に、保険のプロに聞いてみたい」そんな時は、保険サミットの無料保険相談サービスをどうぞ。 弊社の紹介する保険のプロが、こちらから最寄りのカフェまで伺います。 もちろん、その場で契約を迫られるような事はありません。是非、お気軽にお申込みください。