教育費は学費だけじゃない。~お子様の教育費概算について~

ざっくり言うと・・・

お子様の教育費の大半は大学で発生。
大学での教育費(学費+生活費)をお子様が生まれてからの18年間で
貯蓄、学資保険として受取可能な300万円を活用し準備する必要があることを覚えておく。

<教育費例>
すべて国公立でも約1000万円、
すべて私立で理系大学の場合約2400万
さらに大学で下宿をする場合は600万円が別途かかる。

教育費はいくらかかるのか
┗進路によりかわる 幼稚園~大学卒業まで
すべて国公立なら学費は約1000万円
(幼稚園~高校:約504万、国立大学511万)すべて私立で大学が理系の場合なら学費は約2400万円※大学院に進む場合はらさらに上積み
※医学系は大学も6年間となり大学だけで約3000万円の学費となる
┗学費以外の生活費 大学進学の場合、下宿代の費用:準備に75万、月々の生活費13万
※仕送り平均は7万円のため6万円はアルバイトでお子様が賄う初期費用等を加味すると学費とは別に4年間で約600万が必要となる。
どうやって貯めていくか (学費+生活費)-(仕送り可能額×12)

例)学費が私立の平均水準である早稲田大学理工学部の場合
学費+生活費の約1280万円-(月々7万仕送り)×4年間=約1000万が不足
→この1000万をお子様大学入学までの18年間で貯蓄する必要がある
→毎月約33000円の貯蓄が必要
→学資保険を有効に利用するのが効果的

一般的に、お子さまの「教育資金を貯める」というと、大学進学に向けた準備のことを指すご家庭が多いのではないかと思います。実際に幼稚園から大学までの進学の場合、必要となる教育資金のうちの半分が大学の4年間で必要になってくることからも、ここの照準を絞ってお金を貯めていくということが非常に大切です。

一方、地域によっては「まわりのご家庭もみんな中学受験しているから」中学受験をするのが一般的な価値観となっている環境もあるかと思います。もちろん周囲は関係なく、幼稚園から名門私立を目指すというご家庭もおありかと思います。

教育資金は、公立か私立か、文系か理系か、さらにはお子さまにどういう教育を受けさせたいかによって、その費用は何倍にも差が出てくるものです。

将来お子さまから「この学校に入りたい」という希望があった際に、急に慌てることがないよう、将来の目安としてご確認いただければと思います。

教育費っていくらかかるの?


進路によって大きく変わる教育費

冒頭でも申し上げた通り、お子さまの教育費はその進路によって大きく変わってきます。一般的に教育費の目安となる幼稚園から大学まで全て国公立だった場合の教育費が約1,000万円と言われています。

これは、文部科学省「子どもの学習費調査(平成24年度)」にて、幼稚園から高校まで国公立の場合の教育費(学校教育費に塾や参考書代を含んだ費用)で約504万、日本政策金融公庫「教育費負担の実態調査結果(平成26年度)」から、国立大学4年間の教育費総額が511万円と試算されていることからも、現実的に教育費として最低1,000万円は必要だということがわかります。

一方で、幼稚園から大学まで全て私立で、大学は理系の学部の場合は、約2,400万かかるという試算が出ています。ここからさらに大学院に進む、もしくは医学系の学部にす進むという選択肢の場合は、さらに大きな金額となってきます。

(ちなみに、医学系の場合は大学も4年ではなく6年となり、私立の医学系学部に入学した場合は6年間だけで約3,000万円かかると言われています。)


<幼稚園3歳から高等学校第3学年までの15年間の学習費用総額(単位:円)>

区分 幼稚園 小学校 中学校 高校 合計
すべて公立 659,363
(公立)
1,829,736
(公立)
1,351,309
(公立)
1,158,863
(公立)
4,999,271
幼稚園だけ私立 5,801,472
高校だけ私立 6,726,606
幼稚園と高校が私立 1,461,564
(私立)
8,538,499
(私立)
3,887,526
(私立)
2,886,198
(私立)
7,528,807
小学校だけ公立 10,065,024
すべて私立 16,773,787

※学習費とは、学校教育費、給食費、学校外活動費(塾や参考書代など)を合計したものを指す。
(出所)文部科学省「平成24年度 子どもの学習費調査」


<大学生の教育費総額(単位:円)>

区分 国立(4年) 私立短大(2年) 私立文系(4年) 私立理系(4年)
入学費用 83.2 78.2 104.3 109.9
在学費用 428 284.4 588 677.6
合計 511.2 362.6 692.3 787.5

※在学費用とは、授業料、通学費、教科書代などの学校教育費とおけいこごとなどの家庭教育費を合計したものを指す。
(出所)株式会社日本政策金融公庫「教育費負担の実態調査結果(平成26年度)」


<養育費と教育費を合算した主な結果(単位:円)>

幼稚園 小学校 中学校 高校 大学 養育費 教育費
(~高校)
教育費
(大学)
合計
国公立 1,640.0 500.0 511.0 2,651.0
国公立 私立文系 500.0 692.3 2,832.3
国公立 私立理系 500.0 787.5 2,927.5
私立 国公立 580.0 511.0 2,731.0
私立 国公立 私立文系 580.0 692.3 2,912.3
私立 国公立 私立理系 580.0 787.5 3,007.5
私立 国公立 私立 国公立 753.0 511.0 2,904.0
私立 国公立 私立 私立文系 753.0 692.3 3,085.3
私立 国公立 私立 私立理系 753.0 787.5 3,180.5

学費だけでない「教育のための生活費」について

こうやって見ていくと、どのプランを選ぶにしてもかなりの費用がかかってくることがわかりますが、お子さまがどこの大学に進学されるかによっては、これとは別に下宿代等の費用がかかってきます。

お子さまの住む家を探し、引っ越し・家具や家電の購入という初期費用と、月々の仕送りも必要になってきます。

全国大学生協が発表している金額では、一人暮らしのための準備費用として、75万円、月々の生活費として13万円が必要とのことです。

ただし、同調査によると親からの毎月の仕送りの平均額は約7万円と、毎月6万円ほど生活費が不足してしまうため、その分はお子さまがアルバイトでまかなう必要があります。

とはいえ、1年次は必修科目が多かったり、新しい環境でサークル等の活動に出席する機会が多かったりと、なかなかアルバイトの時間を確保しにくいことも考えられます。

これはお子さまが文系・理系のどちらの学部に進むかによっても大きく異なりますが、

1年目は月々13万円、2年目以降は不足分をアルバイトでまかなってもらうため、月々を10万円として計算すると、最初の初期費用も含めて、4年間の生活費として学費とは別に約600万円の費用が必要になってきます。

意外と学費以外のお金がかかりますね…


一人暮らし準備 1年次 2年次以降 4年間合計
必要な生活費 75万円 13万円 10万円 594万円

行かせたい(行きたい)大学が自宅から通学可能圏内の方はこの費用は不要ですが、そうでない場合、この費用も最初から教育費として考慮しておく必要があります。

教育資金のため方について考えてみよう!


実際の大学の学費を例に、教育費について考える

第一章で教育費の概算について見てきましたが、いずれもなんとなく現実感がない数字にも見えてきます。「どうせ、恐怖心を煽って、何かの商品を売りたいんじゃないの?」という印象を受ける方もいらっしゃると思いますので、ここで実際の大学にかかる費用を例に、大学でかかる教育費について見ていきたいと思います。

ここでは、早稲田大学の先進理工学部(理系)を例として取り上げたいと思います。

なぜ、早稲田大学なのかというと、

  • 大学を受験しようと考える人なら誰もが知る著名な大学であるため
  • 実際にここを目指して受験する受験生が非常に多いため
  • 実は日本大学に続き、在籍学生数が日本で2番目に多い大学であるため
  • 東京の私立大学の理系学部の中でも、学費が平均的な範囲の金額であるため
  • という4点の理由からピックアップさせていただくことにしました。

以下、先進理工学部の4年間の学費です。


1年次 2年次 3年次 4年次
入学金 ¥200,000
授業料 ¥1,446,000 ¥1,646,000 ¥1,646,000 ¥1,646,000
実験実習費 ¥60,000 ¥60,000 ¥60,000 ¥60,000
諸会費 ¥3,000 ¥3,000 ¥3,000 ¥3,000
合計 ¥1,709,000 ¥1,709,000 ¥1,709,000 ¥1,709,000

なんと、4年間だけで合計6,876,000円という金額になってきます。

なお、先進理工学部は理系ですので、一定数以上が大学院まで進学されると思いますが、その場合は修士の2年間でプラス2,470,000円が必要になります。

つまり、大学だけでも約700万円かかることに加え、自宅からの通学が難しい場合は、ここに生活費として約600万円が加わることになり、大学の4年間だけで1,300万円の費用がかかるということです。

具体的なケースで見ていくと、多くの方が大学に向けて学資資金を貯めることがいかに重要なのかということがよくわかります。

どうやって貯めていけばいいか?

では、上記から一人暮らしして早稲田大学先進理工学部に4年間通った場合である、

12,816,000円について、そのため方を考えてみましょう。

仕送りについて

まずは事前の準備について考える前に、お子さまが大学生の4年間にいくらのお金の支出が可能かについて見ていきたいと思います。

これは住宅ローンの有無や、他のお子さまの有無によって、また最近はボーナスのない企業もふえてきていますので、一概には言えないですが、仮にボーナスも含めて考えると、月々4万円、ボーナス時に10万円を仕送り代として捻出できるとします。

すると、4年(46ヶ月と仮定)で264万円となります。

ここから、事前に準備しなければいけない金額としては、

 12,816,000円 – 2,640,000円 = 10,176,000円

となります。

学資保険

まだ残り10,000,000円以上ありますので、改めて学資保険や終身保険にて学資資金を準備しておくことが重要だということがわかります。

仮に大学資金として300万円受け取れる学資保険に加入していていれば、

 10,176,000円 – 3,000,000円 = 7,176,000円

残りは毎月の貯蓄で!

学資保険を除いても、残り7,000,000円以上となります。あとは児童手当の合計198万円も考えられますが、上記の学資保険の原資になっているご家庭もあるかと思います。(『児童手当は学資資金の原資と考えよう』をご参照ください

そうなると、残りの金額はお子さまの大学入学までに準備する必要があります。

仮に0歳から18歳まで丸18年間で考えると、

 7,176,000円 ÷ 12ヶ月 ÷ 18年 = 33,222円

を月々貯金していくことになります。年2回ボーナスがあるご家庭で、この金額の半分はボーナス時に捻出すると仮定すると、

 月々分  : 3,588,000円 ÷ 12ヶ月 ÷ 18年 = 16,611円

 ボーナス分: 3,588,000円 ÷ 2回 ÷ 18年 = 99,667円

と、少し現実的な金額になってきます。

とはいえ、これはあくまで大学の費用のみの話になりますので、各ご家庭の教育方針によってはここにさらに私立中学からの学費や、私立高校からの学費等の準備も必要になってきます。

いずれにせよ、なるべくお子さまが小さく、支出が少ない時期から貯金をしたり、強制的に貯蓄ができる学資保険や終身保険の仕組みをうまく使うようにしてくださいね。

まとめ


ここまで教育費用について見てきました。今回ご紹介した内容をまとめると、以下の通りとなります。

  • 文科省等の発表内容から、幼稚園から大学まで全て国公立の場合は約1,000万円、全て私立の場合は約2,400万円の学費が必要。
  • 大学入学にあたって、自宅からの通学が困難な場合、一人暮らしのための仕送りとして、約600万円が必要
  • 実際に東京の一流大学の理系学部の4年間の学費だけで約700万円の費用が必要。中学や高校から私立を考えている場合は、できる限り早くから学資資金の準備が必要!

学資資金を貯める時期は、住宅ローンや他の貯蓄もしていかなければいけない時期とも重なります。そのため、きちんとかかる費用を把握しつつ、なるべく早くからその目標に向けて資金を貯めていく必要があります。金額も大きいので非常に険しい山にも思えますが、一歩一歩の積み重ねが非常に大切です。是非、上記の内容を参考にしていただき、お子さまの進路に必要な金額を把握していただければと思います。


無料保険相談はいかがですか?

「記事を読んでも、よく分からない」「実際に、保険のプロに聞いてみたい」そんな時は、保険サミットの無料保険相談サービスをどうぞ。 弊社の紹介する保険のプロが、こちらから最寄りのカフェまで伺います。 もちろん、その場で契約を迫られるような事はありません。是非、お気軽にお申込みください。