子どもには海外で教育を受けさせたい!でも学費や生活費はいくらかかるの?

ざっくり言うと・・・
海外の方とのコミュニケーションの重要性が高まるいまだから こそ、「学費が高いのでは」というイメージにとらわれず どのくらいのお金がかかるのかを知る事が大切

準備に必要となるもの <パスポート>
有効期限5年:13000円、有効期限10年:16000円
<学生ビザ>
アメリカ:160USドル、カナダ:150カナダドル、オーストラリア:550豪ドル
ニュージーランド:日本国籍保有の場合無料
<海外留学生保険>
補償内容により異なるが、年間20~30万円ほど
アメリカ
学費 コミュニティカレッジ:年間学費5000ドル
州立:年間学費2~3万ドル
私立:年間学費3万ドル以上
滞在費(ホームステイ相場) 週80~300ドル
生活費(食費、光熱費) 月500~700ドル
カナダ
学費 州立:年間学費65万~165万ドル
※約90の大学があるが大半が州立大学
滞在費(ホームステイ相場) 月5万円~9万円(食事つきの大学寮は5万~12万ほど)
生活費(食費、光熱費) 月3万円
イギリス
学費 国立:年間学費約120万円
※100の大学があるがバッキンガム大学を除きすべて国立大学
※4年制ではなく、3年制となっており、学費水準は日本よりも実質安い
滞在費(ホームステイ相場) 月5万円~8万円
※地域による物価差が激しく、ロンドン中心部では高い
生活費(食費、光熱費) 月5万円
オーストラリア
学費 年間学費:100万~150万
※41の大学があるが、3校を除きすべて国立大学
※イギリスと同様に3年制
※日本にはない資格や学位があり、その取得には35万~200万必要
滞在費(ホームステイ相場) 月7万~10万程度
郊外では4万程度で見つかるケースも
生活費(食費、光熱費) 月3万円だが、物価はやや上昇傾向
オーストラリアは海外留学生健康保険の加入が義務であり年間3~4万必要

年々グローバル化が進んでいると言われている昨今、英語を始めとした語学力の習得はもちろん、早いうちから海外の文化に触れ、海外の方々とコミュニケーションする能力を鍛えておくことが重要視されるようになってきました。

文部科学省のホームページにてOECDの発表する「日本人の海外留学状況」を確認すると、2004年の82,945人をピークに減少傾向にはあるものの、現在も50,000人強が海外の大学で学んでいることがわかります。

これからの時代を見据え、我が子には海外で教育を受けさせてあげたいというご家庭も多いと思いますが、調べる前に「やっぱり海外留学となると高いのでは・・」とイメージだけで敬遠してしまっているとしたら、非常にもったいないことです。

今回は、そんな「海外での教育」にあたりどのぐらいのお金がかかるのかについて、お伝えしていきます。

海外留学っていくらぐらいかかるの?


海外留学といっても、短期の語学留学から大学や大学院進学までいくつかのパターンがあり、また国によっても必要な金額は大きく異なります。

それらをパターン別に見ていく前に、まずは海外渡航に必要な金額について見てみましょう。

海外渡航に必要な準備とは

パスポート

まずはパスポートの申請費用が必要です。パスポートの発行費用は、

  • 有効期限5年:11,000円+都道府県収入印紙2,000円
  • 有効期限10年:14,000円+都道府県収入印紙2,000円
  • (ただし、10年の方は20歳以上の方のみ申請可)

となっています。20歳以上であれば10年の有効期限のものがおトクですが、高校生や大学生からの留学を検討されている場合は、5年のみ申請が可能です。

学生ビザ

海外で就学するための学生ビザについては、年度や時期によっても変化がありますが、2017年4月現在の金額をお伝えします。

  • 【アメリカ】 160USドル
  • 【カナダ】  150カナダドル
  • 【オーストラリア】 550豪ドル
  • 【ニュージーランド】日本国籍保有の場合 無料

このように見ていくと、お隣同士であるオーストラリアとニュージーランドでも随分学生ビザにかかる金額が異なるということがわかりますね。

海外留学生保険

海外留学の場合、その期間は半年から1年以上にも渡ります。日本はかなり恵まれた健康保険制度があるため、普段あまり意識する必要はありませんが、海外で医療機関にかかると非常に高額な医療費を負担することになります。そういった医療費用をカバーしてくれる保険も加入しておいた方がいいでしょう。

保険料は補償内容によっても違いますが、およそ1年間で20〜30万程度必要になります。

短期の語学留学にかかる費用

例えば夏休みを利用した短期のものや、海外の大学への入学前に語学を学ぶために通う語学学校についての費用をお伝えします。

1〜2週間といった短期留学であれば、授業料と滞在費含めて20〜30万円ぐらいとなりますが、大学入学のための準備としては以下の3ヶ月(12週間)や半年(24週間)のコースを受講するのが一般的になります。

アメリカやイギリスの場合は3ヶ月の授業料で100万円を超えるぐらいになってきますので、その後に大学進学を考えている場合は、この費用も織り込んでおく必要があります。


語学学校 アメリカ カナダ イギリス オーストラリア ニュージーランド
12週間 65万~115万円 55万~85万円 75万~125万円 60万~80万円 55万~75万円
24週間 160万~235万円 105万~165万円 125万~230万円 120万~150万円 110万~140万円

※[2015年の留学ジャーナルからの出発者による統計]より。往復の航空運賃・食費を除く。

大学・大学院進学にかかる費用

例えばアメリカの大学に進学する場合、主に2つのルートが人気となっています。

1つ目は、大学進学としてイメージしやすい「4年制大学」への進学。もう一つは「公立2年制大学(コミュニティカレッジ)」に進学し、4年制大学に3年次から編入するというルートです。

アメリカの大学は日本の大学と比較し、授業料が高額であること、また4年制大学への入学は求められる英語力も高いため、最近では直接4年制大学に進学するよりも、まずはコミュニティカレッジに進学し、単位を取得してから4年制大学に編入する方が、現在は人気があるルートのようです。

ちなみに、アメリカの4年制大学の学費は、授業料のみで、州立大学の場合で年間2〜3万ドル、私立大学で年間3万ドル以上となり、アイビーリーグとして知られるハーバード大学等の名門大学は5万ドルを超えてきます。

以下は、大学および大学院の1年間の授業料+滞在費の金額の目安です。

選択する学校によっては、ここにプラス数百万円必要ということになります。

語学学校 アメリカ カナダ イギリス オーストラリア ニュージーランド
大学留学 445万円 255万円 355万円 340万円 295万円
大学院留学 375万円 200万円 355万円 345万円 325万円

※[2015年の留学ジャーナルからの出発者による統計]より。往復の航空運賃・食費を除く。

主な留学先別 必要費用まとめ


アメリカ

学費

上でもご紹介した通り、アメリカの場合はコミュニティカレッジとよばれる公立の2年制大学の場合で年間約5,000ドルと、日本の国公立大学より割安になっています。

一方で4年制大学は州立で2〜3万ドル、私立大学も3万ドル以上となってきます。

4,000校以上の大学がありますので、その特色と同様、学費にも大きな開きがありますが、相対的に学費単体で考えると日本よりもかなり割高なようです。

滞在費

ホームステイの相場としては、週80〜300ドルのようです。ただしニューヨーク等の都心部になると、平均も1,000ドル前後と高くなっていますので、留学先を選ぶ際は学校だけでなくその立地も気にしておいた方が良さそうです。

生活費

食費や光熱費としては月500〜700ドルが平均のようですが、滞在先が都心部の場合はそれだけ物価も高くなるので、プラスアルファを見ておいた方がいいでしょう。

カナダ

学費

カナダには約90の大学があり、その大半が州立大学です。学費は大学のある州や選考内容によっても差がありますが、およそ年間65万〜160万円程度となります。

ここに教材費他でプラス年間10〜30万円が上乗せされるのが一般的です。

なお、カナダの大学では外国人はカナダ人よりもやや高めな設定となっているようで、大学によってはこの金額に多少プラスされることもあるようです。

滞在費

ホームステイは月5万円〜9万円が平均のようです。また大学寮(1人部屋で食事付)の場合は月5〜12万円となりますので、学校によってはこちらも選択肢に入ってくるのではないでしょうか。

生活費

食費や光熱費は3万円ぐらいあれば生活は可能です。上記の大学寮であれば食費は含まれますので、この生活費を抑えることができます。

イギリス

学費

イギリスには約100の大学があり、バッキンガム大学1校を除きすべて国立大学となっています。2009年からは学費の年間上限額9,000ポンドを上限としており、現在では3/4の大学がその上限で学資を設定しています。1ポンド=130円とすると、約120万円となり、費用的には日本の私立大学と同じぐらいの費用となります。

一方で、イギリスの大学は4年制ではなく3年制となっており、学費でみると日本の大学と比較しても安くなり、アメリカの有名私立大学と比較すると1/4程度の学費で世界最高水準の教育を受けることができることが魅力です。

滞在費

ホームステイは月5万円〜8万円が平均のようです。ただし、イギリスは地域によっても物価が大きく異なり、ロンドン中心部の場合は世界的に見ても非常に物価が高い街のため、その場合は相応の費用が必要になってきます。

生活費

生活費は月5万円ぐらいが平均のようですが、滞在費と同様で、ロンドン市内は非常に物価が高いため、5万円では結構ギリギリの金額になりそうです・

オーストラリア

学費

オーストラリアには41の大学があり、3校を除きすべて国立大学です。イギリスと同様3年制となっており、年間の学費は100〜150万円が平均となります。

またCertificate(サーティフィケイト)やDiploma(ディプロマ)といった日本にはない資格や学位があり、その取得には35万〜200万程度の費用が必要になります。

滞在費

オーストラリアは物価安なイメージがありますが、ホームステイは月7万〜10万円程度と他の国と比較してもやや割高な傾向にあります。シェアハウスに移動した場合は、郊外では月4万円程度から見つけることができます。

生活費

生活費は月3万円程度を見ておくといいかと思いますが、以前に比べてやや物価は上昇傾向にあります。またオーストラリアの場合は、海外留学生健康保険(OSHC)への加入が義務付けられており、年間3〜4万円必要となります。

まとめ


今回は、海外に留学する際の費用について見てきました。やはり海外の大学を目指す場合はそれなりの金額になることがわかります。

特にアメリカの一流大学になると、4年間の学費だけで約2,000万円となり、生活費も含めると合計3,000万円は必要になってきます。

とはいえ、学費や生活費の安さばかりを見て留学先を選んでしまうと、あまり環境が整っていない場合もあります。是非『教育費っていくらぐらい必要?教育費概算について』のお金の貯め方も参考にしていただきつつ、海外留学を決めたら、計画的に必要資金を貯めるようにしてくださいね。

無料保険相談はいかがですか?

「記事を読んでも、よく分からない」「実際に、保険のプロに聞いてみたい」そんな時は、保険サミットの無料保険相談サービスをどうぞ。 弊社の紹介する保険のプロが、こちらから最寄りのカフェまで伺います。 もちろん、その場で契約を迫られるような事はありません。是非、お気軽にお申込みください。