学費不足分は奨学金も検討すべき? 〜奨学金制度概要〜

ざっくり言うと・・・
学資保険で不足する教育費用をまかなうための手段の一つであり、
「返済の必要ないもの」
「無利子で支給されるもの」
「有利子で支給されるもの」
に分かれ、給付元により諸条件が異なる。

支払い形態
┗給付型 返済の必要性無し。給付条件はそれぞれ異なる。

●給付型奨学金一例)
・公益財団法人帝人奨励会:月8〜10万円
・公益財団法人三菱UFJ信託奨学財団:月3万5千円〜
10万円
・公益財団法人東電記念財団:月5万円

┗貸与型 ※返済は卒業後でOK
無利子のものと有利子のものが存在●無利子奨学金一例)
第一種奨学金:国公立or私立、自宅通学or自宅外通学に
より貸与金額は異なる
利用条件は高校成績が3.5以上、
家計収入が一定以下であること●有利子奨学金一例)
第二種奨学金:月額3万、5万、10万、12万から
自身で選択
最大3%の金利(在学中は利子無)
利用条件は高校成績が平均水準以上で
あること、特定分野での能力や学力を
認定されること、学業修了意欲・見込み
があること
給付元 ・国・地方自治体の公的機関の奨学金
・民間企業・団体、大学教育機関の奨学金
が存在する。

各ご家庭の経済状況によっては、「大学に進学したい(させたい)けど、学費を支払う余裕がなくて厳しい」ということもあるでしょう。お子さま本人に学びたい意欲があるのに、家庭の事情でその機会を失ってしまうのは、非常にもったいないことです。

そんな時に学資保険と共に頼りにしたいのが、「奨学金制度」ではないでしょうか。

奨学金をうまく利用することで、総額として大変高額になってくる教育費の負担をかなり軽減することも可能です。しかし奨学金といっても、その種類(給付型か貸与型)や、条件によっては万人が利用できるものではないことも要注意です。

今回は大学入学時に検討したい奨学金制度についてお伝えいたします。

奨学金とは


奨学金制度とは

奨学金制度は、「進学に対する意欲」があり、「学力や能力を有する」が、「家庭の経済的理由により進学が難しい」学生のために、国や民間の団体が学費の一部を給付、もしくは貸与する制度です。

(一部、一定の条件を満たす優秀な学生に給付される奨学金もあります。)

奨学金制度は運営主体として、大きく以下の2つに分けられます。

  • 国や地方自治体の公的な奨学金民間の企業・団体や、大学等教育機関の民間の奨学金
  • 国の奨学金は、奨学金制度で一番有名な「日本学生支援機構」となります。

奨学金制度の特徴

奨学金の一番の特徴は、返済義務のない給付型ではない貸与型は、「必要とする学生本人が借り、学生本人が返済する」ということです。

その返済期間も金額によりますが、20年前後になることも多いのが現状です。

奨学金
借主 学生
返済主 学生
申込期間 決められた期間
申込窓口 在籍している学校
審査 あり
お金の受け取り方 定額が毎月振り込まれる
利息 在学中は無利子
返済開始時期 卒業後から

そのため、利用する時点でご家庭にてしっかりと、お子さまに返済の意思と意識があるのかどうかを確認することが大切です。

奨学金の種類について

奨学金には大きく分けて「給付型」と「貸与型」の2つの種類があります。

給付型

返済の必要がない奨学金を指します。給付型は企業や大学に縁のある方の基金等から給付されるものが多いです。一例を上げると

  • 公益財団法人帝人奨励会: 月8〜10万円
  • 公益財団法人三菱UFJ信託奨学財団: 月3万5千円〜10万円
  • 公益財団法人東電記念財団: 月5万円

など、様々な企業や団体が実施していますが、給与条件はそれぞれ異なります。

貸与型

卒業後に返済義務が発生する奨学金となります。
その中でも無利子のものと有利子のものがあります。

奨学金のメリットとデメリット

奨学金を検討する上で、メリット・デメリットについては十分理解しておく
必要があります。以下返済が必要な貸与型についてのメリット・デメリット
についてお伝えいたします。

奨学金のメリット

メリット1:経済的な理由から進学が難しい家庭でも、進学が可能になる

これは、奨学金のそもそもの存在意義でもありますが、経済的な理由から進学を諦めなければいけないお子さまにも、進学の機会を得ることができます。

メリット2:返済は就職後からでOK

返済は学生本人がしていく必要がありますが、返済のスタートは一般的に社会人になった年の9・10月頃から開始するため、社会や仕事、また月々の収入の状態を自身が把握できるころから始められます。

メリット3:低金利かつ長期間返済が可能

金利の変動はあるものの、最高でも3%程度と低金利で借りることができること、また長期間にわたり毎月負担の少ない金額にて返済していくことが可能です。

メリット4:繰り上げ返済も可能

給与が上がった等により余裕ができれば、繰り上げ返済も可能です。

奨学金のデメリット

デメリット1:万人が利用できるわけではない

奨学金を申請すると、家計や家族構成に加え、利用する学生本人の人物や学力についても審査されます。
学生本人にその意思がないのは論外としても、兄弟が多くその進学が重なって生活を圧迫していたとしても、数字上家計年収が良く見えると審査に落ちてしまうということもあります。そのため、利用したくてもできない場合があることは大きなデメリットとなります。

デメリット2:受け取れる期間が決まっている

奨学金の受け取り可能期間は、「卒業までの最短修業年限」とされています。そのため、途中で1年休学して海外を放浪したとか、留年をしてしまったような場合は卒業まで奨学金の支給を受け取ることができません。

デメリット3:返済期間が長い

繰り上げ返済をしなかった場合、奨学金の返済期間は金額にもよりますが、13〜18年の期間となります。そのため、22歳から返済を始めたとしても完済時には35〜40歳になっています。

奨学金のトップランナー「日本学生支援機構」の奨学金について


この章では、大学生・短大生の約3割が利用している最も有名な奨学金制度である、「日本学生支援機構」の奨学金についてご紹介していきます。

こちらの奨学金は返済義務のある「貸与型」となり、
無利子の第一種奨学金と、有利子の第二種奨学金があります。

第一種奨学金について

概要と金額

第一種奨学金は無利子の貸与型になります。
金額については、進学先と通学形態により以下のように借りられる金額に
違いがあります。


国公立 私立
自宅通学 自宅外通学 自宅通学 自宅外通学
第一種奨学金 30,000円
or
45,000円
30,000円
or
51,000円
30,000円
or
54,000円
30,000円
or
64,000円

利用条件

利用条件は後述の第二種奨学金と比較しても、
非常に厳しい基準となっています。

  • まずは本人の高校の成績が5段階評価で平均3.5以上であること
  • 家計収入が、以下の表の金額を下回ること


世帯人数 給与所得者 給与所得以外
3人 752万円 303万円
4人 846万円 369万円
5人 904万円 418万円

例えば世帯人数が3人の家庭の場合で、世帯主が給与所得者の場合、年間所得が752万円以上あると第一種奨学金を受けることはできません。

第二種奨学金について

概要と金額

第二種奨学金は有利子の貸与型になります。金額は第一種とは異なり、月額3万、5万、10万、12万から自身で選択します。また、有利子であることから最大3%の金利が付加されます。この金利は在学中はつかず、返済時から加算されるという仕組みになっています。

利用条件

利用条件は第一種奨学金と比較し、緩和されていますが、
奨学金を受ける本人が

  • 高校時の成績が平均水準以上であること
  • 特定の分野で、優れた能力や学力を持っていると認定されること
  • 本人に学習意欲があり、学業を最後まで終了できる見込みがあること

という条件を満たしている必要があります。

また家計収入が以下の表の金額を下回る必要があります。


世帯人数 給与所得者 給与所得以外
3人 1,080万円 594万円
4人 1,171万円 685万円
5人 1,313万円 837万円

例えば世帯人数が3人の家庭の場合で、世帯主が給与所得者の場合、
年間所得が1,080万円以上あると第二種奨学金を受けることはできません。

返済金額のシミュレーション

日本学生支援機構のホームページ上のシミュレーターを使用すれば、いくら借りると、どのくらいの期間に渡り、いくらずつ返済していけばいいのかを簡単に計算することができます。

独立行政法人 日本学生支援機構「奨学金貸与・返還シミュレーション」
http://simulation.sas.jasso.go.jp/simulation/index.action

例えば、次の条件で実際に試算してみました。

  • 第二種奨学金を希望
  • 奨学金月額は50,000円
  • 入学時特別増額を希望しない
  • 機関保証制度を利用しない
  • 金利は年1.0%

すると、実際に以下の試算結果が出力されてきます。

入力内容

希望する奨学金 第二種奨学金 学種 大学(学部)
貸与月額(第一種奨学金) 入学時特別増額 希望しない
貸与月額(第二種奨学金) 50,000円 貸与利率 1.00%
入学年度 2017年度 機関保証制度 利用しない
貸与期間 2017年4月~2021年2月(47ヶ月間)

返還例

返還例(第二種奨学金)

貸与総額 貸与利率 返還期間(年)
2,350,000円 1.00% 2021年~2035年8月(14年)
返還方法 返還額 返還回数 返還総額
月賦返還 (通常)15,063円/月
(最終)15,244円/月
168回 2,530,765円
月賦半年賦併用返還 (通常)7,531円/月
(最終)7,661円/月
168回 2,532,214円
(通常)45,244円/半年
(最終)45,288円/半年
28回

これによると、

  • 奨学金貸与総額は2,350,000円
  • 返済期間は14年(168回)
  • 月ごとの返済額は15,063円
  • ボーナス併用返済の場合は、月額7,531円、年2回ボーナス時45,244円

となります。

是非利用前にお子さまと一緒に試算することで、返済に必要な期間と月々の
返済額をきちんと共有しておくことが重要です。

返済を滞納したらどうなるか?

最近、奨学金を借りたものの返済しない方が増えているというニュースを目にする機会が増えてきました。これは、「学費は親が払うべきものなのに、なぜ自分が返済しなければいけないのか」という意識もあるようです。

貸与型である以上、必ず返済義務があり、また返済しないことで本人にとって名実ともに社会的信用を失うことになりますので、利用前に必ずご家庭で、認識の共有を図る必要があります。

延滞した場合

返済を延滞した場合、月々の返済額に対し、年10%の延滞金が発生します。これは延滞期日の翌日から延滞している日数に応じて加算されますので、延滞期間が長くなると、その分大きな金額となってきます。

延滞が続いた場合

長期間延滞が続き、返済の督促に対して全く対応する意思を感じられないと判断した場合は、裁判所の手続きを経て、強制的に給与や預金などを差し押さえられる可能性があります。(日本学生支援機構はあくまで国の機関であるということをお忘れなく!)

また、3ヶ月以上返済が滞納した場合は、その情報が個人信用情報センターに登録されます。ここに事故情報が掲載されてしまうと、5年間は社会的信用力を失います。

この情報に登録されてしまうと、クレジットカードの審査や、クルマのローンを始め、
住宅ローンも組めなくなってしまいますので、くれぐれも遅滞なく返済するようにしてください。

民間の奨学金制度について


ここまで国の機関である「日本学生支援機構」の公的な奨学金について
お伝えしてきましたが、この章では民間の奨学金についてご紹介していきます。

学内奨学金制度

これは学校にもよりますが、最近では大学や大学院・短期大学が独自の基準の学内奨学金制度を用意しているところが増えてきました。

奨学金の内容によっては、経済的な基準ではなく、成績優秀な学生に対してや、特定の学部や年次の学生に対しての奨学金もあります。

例えば早稲田大学を例にあげると、学内奨学金として40種類以上のものがあります。内容としては、商学部・教育学部・社会科学部3年生を対象に年額23万円を支給する「サンゲツ奨学金」のようなものから、徳島県出身の学生に年額40万円を支給する「大塚静江奨学金」など、様々なものがあります。

ご自身に該当するものがないかどうか、各大学のホームページにて確認してみてください。

新聞奨学生制度

在学中に学生本人が朝・夕刊の新聞配達業務を行う代わりに、新聞社が学費の一部もしくは全額を支払ってくれる制度で、返済不要の奨学金です。単なるアルバイトという見方もできますが、中には住み込み可のところもあるため、学費に加えて住居も確保できるというメリットもあります。

あしなが育英会

病気や災害等、自動車事故以外で保護者を亡くしたり、重度の障害で就労が困難な家庭の子どものための奨学金制度です。この奨学金は無利子での貸与型で、卒業後20年で分割返済することになっています。

交通遺児育英会

保護者を交通事故で亡くしたり、交通事故の後遺障害で就労ができない、経済的に困難なご家庭で高校以上の学校に在籍している学生向けの奨学金です。こちらもあしなが育英金と同様、無利息の貸与型となっています。

まとめ


以上、奨学金制度についてお伝えしてきました。奨学金制度には「給付型」と「貸与型」の2種類があります。「給付型」であれば問題ないのですが、「貸与型」は言い換えると借金でもあります。この借りたお金を返さない方が急増しているということが、現在大きな社会問題になっています。

「国がもっと給付型の奨学金を増やすべきだ!」とか、「経済的に困窮していて、借りざるを得なかったが、世の中はそういった世帯に対して冷たい」などという論調で返済しないことを正当化している方も見受けられます。

しかし、借りる時に「返済をする」と約束して借りたはずです。社会情勢がどうであれ、借りたものを返す、約束を守るというのは社会人として当然の義務なのではないでしょうか。

ただし、本人が知ること無く勝手に奨学金を組まされていたという場合は、その限りではありません。奨学金は学生本人が借りて、本人が返済するものですので、奨学金利用の際は必ずご家庭でよく話し合って、認識の共有を図るようにしてください。

無料保険相談はいかがですか?

「記事を読んでも、よく分からない」「実際に、保険のプロに聞いてみたい」そんな時は、保険サミットの無料保険相談サービスをどうぞ。 弊社の紹介する保険のプロが、こちらから最寄りのカフェまで伺います。 もちろん、その場で契約を迫られるような事はありません。是非、お気軽にお申込みください。