がん保険人気ランキング あなたに合うのはどれ?人気商品を徹底比較

あなたにあったがん保険は?加入率で選ばない

この記事の内容をざっくり言うと・・・

  • がん保険のラインナップを具体的にご紹介
  • がん保険の必要性は個人差が大きいため、加入率の高さやイメージで選択するのではなく自分のライフスタイルにピッタリ合ったがん保険を選ぶようにしてみましょう。

 

いざがん保険に加入しようと思っても、ネットや店頭には多くの商品が並んでいてどれを選んでいいか分からない…。なるべく一般的な加入率が高い保険で安心したい。貯蓄型や掛け捨て型、どのような形態の商品があるのか。

そう悩んでいる人も多いのではないでしょうか。また、せっかく資料を取り寄せても選ぶことができずに加入を先伸ばしにしてしまった経験はありませんか?

そこで今回は、たくさんあるがん保険の商品の中から人気商品の特徴をご紹介し、どのような人におすすめなのかをランキング形式で解説します。

 

がん保険の基本理解

がん保険とは、がんにかかった際の治療費や入院費の保障に特化した保険です。また一般的な医療保険の入院給付金との違いは、「がんに関する入院である限り、保険期間内は無制限で保障される」ということが大きな特徴です。

一般的な医療保険の入院給付金には約1000日前後の上限があります。しかしがん保険には入院日数の上限はありません。

がんは再発のリスクもあり、長期入院が必要になることも考えられます。そのためもし重いがんにかかった場合、医療保険だけでは十分な保障が受けられない可能性があるのです。

またがんの治療には「放射線治療」「抗がん剤治療」「先進医療」など、普通の病気よりも高額になりがちな治療法が多くあるため、がん保険でいざというときに備えておく必要があるのです。

もしあなたが「医療保険も入っていない」という場合は、まずはベースとなる医療保険から検討し、それに付加する形でがん保険の加入を検討してください。

またもう医療保険に加入している、という人は、すでに加入している医療保険の内容の把握から始めてみましょう。その医療保険にすでにがん保険がセットされているということはありませんか?またもし付加されているとしたら、その内容は古くなりすぎていませんか?

がんの治療はどんどん進化しています。そのためせっかく保険料を支払うのなら、最新の治療をしっかり受けることができるようにしておきましょう。

またおすすめのがん保険と言っても、その商品が必ずしもすべての人にとっておすすめであることにはなりません。加入率が高いからといってそのがん保険があなたに最適な商品であるとは限りません。
なぜなら「がんの治療」は個人差が大きく、必要な保障は人それぞれだからです。

がんにかかってしまった場合、治療だけではなく「入院日数」「収入減少」「生活パターン」などの変化に柔軟に対応しなければなりません。だからこそ個人個人になるべく合った内容のがん保険に加入しておくことがベストと考えられます。

これからご紹介する人気商品は、同じように見えても各社様々な特徴を持っています。ただ単に保険料が安いから・CMで良く見かけるから、加入率が高いからという理由で選んでしまうことのないようにしてください!

ベストながん保険を選んで加入するためにも、あなたががんになったときに何が必要でどんなサポートが欲しいかをイメージしてから選択することをおすすめします。

がん保険の商品ランキング

アフラック「新 生きるためのがん保険Days」

おなじみアフラックの人気がん保険です。アフラックは日本で始めてがん保険の販売を始めた会社としても有名で、以来43年多くのがん患者を支えてきた実績があります。

がんと聞くといまだに「命を落とす病気」というイメージが強く残りますが。最近ではそれ以上に治療をしてその後も人生を送ることができる人も増えています。そのため単に入院と死亡保険金で構成されていた従来のがん保険から一歩先に進んだ、「治療しながら生きる」ことを考えたがん保険が増えています。

「新 生きるためのがん保険Days」はその中でもとてもバランスの良い構成になっており、「診断給付金複数回支払い特約」を付加しておくことで再発や転移をした場合にも一時金を受け取ることができます。

他に特記すべきは、通院給付金の保障範囲がとても広いことです。がんの三大治療のための通院であれば、入院をしてなくても通院は保障されます。実際、治療法の選択肢が拡大していることによりがんによる長期入院は減りつつあります。自宅治療や通勤しながらの治療を選ぶときに、通院給付金が充実しているととても役に立つでしょう。

また、がん専門相談サービス「プレミアサポート」が利用可能なのも安心のポイントです。主治医以外の医師からセカンドオピニオンを取ったり、民間治療との兼ね合いを考えるときには役に立つサービスと言えるでしょう。

【こんな人におすすめ】

・バランス良く手厚い保障のがん保険に加入しておきたい人

・実績のある会社の商品に安心して入っておきたい人

・手術、放射線、抗がん剤の3大治療に備えたい人

・再発や転移など、いったん治った後のことも考えておきたい人

・通院治療など、入院以外で発生する治療費にも備えておきたい人

・がん専門相談サービスを利用したい人

アクサダイレクト生命「アクサダイレクトのがん終身」

とにかく「入りやすさ」「負担ない保険料」にこだわったがん保険です。特に、現状の健康に問題がない方は健康状態の告知だけで加入できることがおすすめのポイント。対面での面倒な手続きが不要で、ダイレクト加入のスムーズさを実感することができます。

保険料が割安なのも選びやすさの理由です。がんは不安だけど、他にも貯蓄や死亡保障などの保険にお金をかけている人の「プラスアルファの上乗せ保険」としては最適なサイズではないでしょうか。

保険期間は終身です。最近ではがん患者の低年齢化が進んでおり、必ずしも年を取った人の病気とは言い切れなくなってきました。がんのリスクは一生涯続くものなので、割安な保険料で一生涯の保障を確保しておきたい人は選択肢に入れてみてください。

保険料が安く入りやすいということで、基本保障は「がん診断給付金」と「がん入院給付金」とシンプルです。ここに必要に応じて各種特約をプラスしていくことが可能となっています。自分に必要な特約を選んでいけるので、保険料の無駄もカットすることができます。

また「女性がん入院特約」もありますので、男性よりもがん罹患率の高く乳がんや子宮がんのリスクを持っている女性にとっては、安心できる保険であると言えるでしょう。

【こんな人におすすめ】

・対面での手続きではなくダイレクト加入がしたい人

・保険料を抑えて加入したい人

・他の保険で死亡保障などの部分の備えが済んでいる人

・シンプルでいいので一生涯の保障が欲しい人

・必要な特約を自分でセットしていきたい人

・女性特有のがんに備えておきたい人

チューリッヒ生命「終身がん治療保険プレミアム」

チューリッヒ生命のこの保険には大きな特徴があります。それは商品名に「治療」と入っているように、徹底的に治療費に特化した内容となっていることです。

一般的ながん保険では主契約に「入院・手術・診断給付金」が設定されています。しかしこの商品の主契約は「放射線治療給付金」と「抗がん剤・ホルモン剤治療給付金」。「診断給付金」「入院・手術・通院給付金」などは特約としてセットする形になっているのです。

入院日数が減り放射線治療や化学療法が多く使われている現在のがん治療において、金銭的な心配をすることなく長期治療に取り組みたいと考える人にとっては検討に値する保険でしょう。

また最近では、がんにかかった人の体と心の痛みを和らげる「緩和ケア」も重視されています。「終身がん治療保険プレミアム」では「がん緩和療養特約」を付加することによって1カ月に10万円までの保障を受けることが可能です。

近頃の人気の傾向ではがんと診断された際に一時金で初期費用を確保するための保険が増えてきていますが、そのような初期費用は準備できているが、長引く抗がん剤治療や放射線治療に費用の心配なく取り組みたいと考える人にはおすすめの保険です。

【こんな人におすすめ】

・入院や手術にこだわらず給付金を受け取りたい人

・放射線治療や抗がん剤などの化学療法でがんを治したい人

・緩和ケアに興味があり、いざというときには利用したい人

・長引く治療の費用を用意しておきたい人

・すでに入院と手術重視の医療保険・がん保険に加入している人

東京海上日動あんしん生命「がん治療支援保険NEO」

とにかくがん治療に関するあらゆる支援が整っている商品です。がん治療はその人の症状や生活状況、医療環境によって違うことから、多角的なサポートを提供するという観点で設計されています。

基本プランには「診断給付金」「入院給付金」「悪性新生物初回診断保険金」「手術給付金」「通院給付金」がセット。さらに充実プランを選ぶことで「先進医療給付金」「抗がん剤治療給付金」も加えることが可能です。

がんのリスクは何となく知っているが、実際にかかったときにどのような治療を受けるのか・また自分がどのように感じるのかのイメージができていない人には、このような手厚い保障内容の商品がおすすめです。

保険期間は10年と終身から選択することが可能です。また終身プランを選んだ場合には「保険料免除特約」を付加することができます。これはがんと診断されたらその後の保険料は免除されるというもの。治療費にお金がかかり収入も減少する可能性が高いがん治療中に継続して保険料を支払わなくてはならないのは大変ですから、終身プランを選んだ際には付加しておくことをおすすめします。

「がん治療支援保険NEO」に加入した人は、東京海上日動あんしん生命の相談サービス「メディカルアシスト」を利用することができます。その中には「がん専用相談窓口」が設置されており、保険や医療制度のことから治療法までを医師やメディカルソーシャルワーカーに相談することが可能です。

【こんな人におすすめ】

・あらゆる角度からがん治療への備えをしておきたい人

・自分に合ったプランを自分でカスタマイズしたい人

・保険期間は10年でもいいので手厚い保障が欲しい人

・保険料払込免除特約に興味がある人

・がん専用相談窓口を利用したい人

オリックス生命「がん保険Believe」

お手頃な保険料と充実の保障が人気のオリックス生命「がん保険Believe」の特徴は、はじめてがんと診断されたときの保障が充実していることです。

一般的な「がん診断給付金」は、がんと診断された際に50~100万円程度の給付金が受け取れるのが基本ですが、この商品にはがんの治療を目的に入院を開始したときにプラスして「がん治療給付金」を50万円受け取ることができます。

がんと聞くととにかく高額な治療費のことを考えてしまいがちですが、実際には治療費だけではなく入院準備などのこまごました雑費がかかります。

「がん保険Believe」ではそのような大きな初期費用にも備えることができるため、治療開始時の不安を軽減したい・がんのリスクに備えたい若い世代にとってもおすすめの商品です。

また入院時には「がん治療給付金」に合わせて「がん入院給付金」も受け取れるため、再発や長引く入院への備えにもなります。とにかく「入院治療」へのサポートが手厚いため、不安なく治療に取り組みたい人にとってはありがたい保険でしょう。

珍しいのは「がん退院一時金」が受け取れること。これはがんで10日以上の継続入院後に退院した際に受け取れる給付金で、退院後に必要となる薬代や交通費、お見舞いのお返しなどのこまごました出費にも対応することができます。

保険期間は終身ですが、払込期間を「終身」と「60歳払済」から選ぶことができるのもポイントです。「60歳払済」とは、その年齢までに保険料を全額支払い終えてしまい、一生涯の保障を持っておける仕組み。仕事をしているうちに保険料の支払いを終え一生涯の保障を持つことができたら、老後も安心ですね。

【こんな人におすすめ】

・はじめてがんにかかったときの不安を解消したい人

・入院時の初期費用が用意できていない人

・単身者など、入院時の費用や身の回りのことに備えないといけない人

・退院時の雑費確保がしたい人

・仕事をしているうちに払込を終了させ一生涯の保障が欲しい人

メットライフ生命「時代が求めたガン保険 ガードエックス」

シンプルさが特徴のがん保険です。とは言え基本の保障は備わっているため、分かりやすく選びやすい商品とも言えるでしょう。

基本プランのメインはがん治療を始めたときに受け取れる100万円の「がん治療給付金」。基本プランだけでは「入院・手術」に関する保障は付いていませんが、この「がん治療給付金」は1年に1回を限度として通算5回まで支払われます。使い道はもちろん自由なので、入院した・手術したという事由にとらわれず自分の選んだ治療に役立てることができます。

また保険料払込免除が初めからセットされているのも特徴です。がんと診断されたら、その後の保険料の支払いは不要です。収入減少・支払いの心配をすることなく治療に遷延することが可能となります。

基本プランには2000万円までのガン先進医療保障もセットされています。これには遠方の医療機関までの交通費や宿泊費に使える「支援給付金(先進医療にかかる技術料相当20%)も受け取れるため、高額な治療を選ぶこともできるため安心です。

一般的な「入院・通院・手術」等のこまごました支払事由はなく、まとめてシンプルにサポートをするという仕組みが整っている保険です。もちろん不足部分は特約として自由にセットすることが可能なので、治療方法を自由に選択したい・自分なりに組み合わせて加入したいという人にとっては良い保険ではないでしょうか。

【こんな人におすすめ】

・シンプルで分かりやすい保険に加入したい人

・入院と手術にとらわれず治療方針を決めたい人

・追加保険料なしで保険料払込免除を付けておきたい人

・追加保険料なしで先進医療に備えておきたい人

・不足している特約を自分で選んでセットしたい人

チューリッヒ生命「3大疾病保険プレミアム」

がん保険に3大疾病の特約を付加することができるのが特徴の商品です。何故わざわざがん以外の保障が重視されているかと言うと、日本人の半数以上の死因は「がん」「心疾患」「脳血管疾患」の3大疾病が占めており、実際にはどれかひとつで死亡するよりもふたつ、または3つの疾患を併発して亡くなることが多いのが現状だからです。

3大疾病の入院はとても長期化します。もし数種類の病気を併発した場合には、治療費も高額になります。

もちろん単純な初期がんにかかり、手術と通院で完治したというケースもあるでしょう。しかし3大疾病は生活習慣にも大きく関わっているため、特に年齢が高くなるとがんだけでは済まない場合も多く出てくるのです。

チューリッヒ生命の「3大疾病保険プレミアム」は、基本のガン保険に様々な3大疾病の特約をセットすることが可能です。例えば一般的ながん保険ではがん治療でしか対応できない「先進医療」も、3大疾病先進医療給付金の特約をセットしておくことで心疾患・脳血管疾患での先進医療も受けることが可能となるのです。

もしあなたがすでに他の生命保険で3大疾病への備えが万全にできているのならば、このがん保険は必要はないでしょう。

しかし医療保険しか加入していない場合など、大きな病気にかかったときの治療費や収入の減少へのリスクヘッジが十分ではないと感じているのならば、検討してみても良い商品でしょう。

【こんな人におすすめ】

・がんだけではなく生活習慣病への不安がある人

・病気での高額な治療費への備えをしておきたい人

・家族の3大疾病の治療費や介護でその大変さを知っている人

・他の生命保険で、大きな病気への備えがまだできていない人

・たくさんの特約から自由に選択したい人

SBI損保「SBI損保のがん保険(自由診療タイプ)」

従来のがん治療は「手術・放射線・抗がん剤」が主流でしたが、近年では様々な治療方法を選択できるようになってきました。しかしがん保険から給付を受ける際には公的保険診療の枠内で申請することしかできませんので、民間治療や自由診療に費用がかかっても完全に自己負担にならざるを得ませんでした。

しかしこの「SBI損保のがん保険(自由診療タイプ)」は、SBI損保の支払い基準を満たせば自由診療も補償されるという画期的な商品です。

また損保会社の商品であるため、一般のがん保険とは違って「実際にかかった治療費が実質補償される」というのも大きな特徴です。大きな治療費が一時金で入ることはありませんが、最終的には治療費を実質無料とすることが可能になる保険商品です。

もうひとつの特徴は、抗がん剤治療による通院治療費が最大1000万円まで補償されるということ。長引く可能性もある抗がん剤治療で、かかった治療費だけ戻ってくるというのは安心につながるのではないでしょうか。

合理的な保険なので人気がありますが、気を付けたいのは保険期間が5年に限られるということ。一生涯の保障が欲しい場合などには不向きかと思われますので、そのメリットとデメリットをしっかり理解して加入を検討してください。

【こんな人におすすめ】

・がんの入院にかかる治療費を実質自己負担なしにしたい人

・公的医療保険の範囲を超えた自由診療に備えたい人

・抗がん剤による通院治療費を気にしたくない人

・5年スパンで保険を考えてもいい人

・とにかくお得な保険料でがん保険に加入したい人

楽天生命「楽天生命ガン診断プラス」

楽天生命から発売されているこの商品の大きな特徴は、がん以外の病気・ケガの入院の備えにもなることです。

この入院保障は入院日数でカウントされず、1泊2日以上の入院に対し一律50000円が給付されるというとてもシンプルな仕組みです。そのためがん保険以前に医療保険にも未加入であるという人におすすめの商品です。

もちろん基本はがん保険であるため、がんの場合は病気やケガの入院よりも手厚い保障が受けられます。例えばがんの場合は日帰り入院であっても「がん治療給付金」の対象になります。また抗がん剤治療のための入院が1日でもあれば給付を受けることができ、安心して治療に専念できるようになっています。

気になる保険料は比較的安め、一生涯上がらない終身タイプです。そのためなるべく保険料が安い20代・30代のうちに加入しておくことで、一生涯変わらない割安な保険料を維持することが可能です。

注意したいのは入院に特化した保険であるため、通院によるがん治療は保障されないという部分です。もし通院や在宅治療で抗がん剤・放射線治療を行うことになった際は給付は受けられませんので、加入時には気を付けましょう。

また医療保険に未加入の人の入院が万が一長期化した場合には、50000円の給付金ではとても間に合わなくなる可能性も出てきます。そのようなリスクがあることも理解し、ベースとなる医療保険の加入も合わせて検討してみてください。

【こんな人におすすめ】

・がん保険以前に医療保険にまだ加入していない人

・今加入している医療保険に少しだけ保障をプラスしたい人

・とにかく入院のリスクに備えておきたい人

・保険料をなるべく抑えておきたい人

・若年層など、割安な保険料で加入し一生涯の保障を持ちたい人

AIG富士生命「新がんベスト・ゴールドα」

この商品には入院・手術の保障はありません。その代わり、一時金やがんにかかった後のサポートが充実しているのが大きな特徴です。

基本保障は「悪性新生物診断給付金」、これは50万円・100万円・200万円・300万円から選択することができ、自分の資金力に合わせてがんに備えておくことが可能となっています。

この給付金の選び方にもポイントがあります。

例えばまだ若く貯蓄などでがんにかかった際の初期費用の準備ができていない場合のことを考えてみましょう。独身の場合は特に、大きな金額を自分で用意できず家族に頼ることが多くなります。とは言え両親から助けてもらえるケースだけではありませんので、自身の状態に合わせた設定が必要となっていきます。

逆に、ある程度の貯金があったり配偶者のサポートが受けられる場合は、初期費用よりも長引く治療のリスクに備える必要が出てくるでしょう。単に保険料と年齢だけで判断せず、いざというときに役に立つ金額を選択することが大切です。

がん診断時に自分で決めた大きな金額を一括で受け取ることで「入院・手術」「通院」「放射線・抗がん剤治療」「在宅治療の費用」「収入の減少」などの様々な出費への配分を自分で決めることができるのは、大きなメリットとも言えるでしょう。またがんと診断されたら保険料の払込は免除されます。

また「がんトータルサポートサービス」が利用できるのもポイントです。

これはがんにかかった後だけではなく、事前の「PET検診」や健康相談などのサポートサービスなどが充実しており、幅広いフォローを受けることが可能となっています。

さらに「女性がん手術給付金」「乳房再建術給付金」を上乗せすることもできます。男性よりもがんのリスクが高い女性にとっては、心強い保障内容とも言えるでしょう。

一時金が中心となったシンプルながん保険ですが、細かい支払事由に左右されることなく給付金を使うことができるのがメリットとなっています。

【こんな人におすすめ】

・入院や手術にとらわれず一時金を自由に使って治療がしたい人

・追加保険料なく保険料払込免除を付けておきたい人

・手厚いトータルサポートセンターを利用したい人

・女性のがんのアフターフォローに興味がある人

・シンプルながん保険でいいと思っている人

アクサダイレクト生命「アクサダイレクトのがん定期」

とにかく保険料が安いため検討時に目を引く商品です。その理由は、がん保険は終身保障が多い中で「10年定期保険」であるということ。

商品内容は「アクサダイレクトのがん終身」と同じです。がんと診断されたら最高200万円の一時金が受け取れて1日10000円の入院給付金も付いていますから、一般のがん保険と同様に治療に専念するだけの保障があると言えます。そのため保険期間が短くなるだけで保険料が大きく変わることに驚く人もいるでしょう。

しかし定期保険には保険料以外にもいくつかのメリット・デメリットがあります。まずメリットですが、こまめな見直しが可能と言うことです。例えばまだ若く、今後のライフスタイルや結婚・家族設計が決まっていない人。また医療保険に加入しているががん保険が必要か分からない、とりあえず加入してみたい人などには、一生涯の保障を選んでしまうよりも10年という短期スパンで加入しておき、その都度見直せるというのは大きなメリットです。

デメリットとしては、10年後に改めてがん保険の新規加入する際には保険料は上がっていることと、もし10年間でがんに限らず大きな病気・ケガをしてしまっていては新規加入が難しくなってしまう可能性があることです。

この両面を理解した上での加入なら、十分な保障を割安に手に入れることができるこの商品はコスパ最高の商品とも言えるでしょう。

【こんな人におすすめ】

・とりあえず安い保険料でがん保険に加入しておきたい人

・直近でライフスタイルが変わる可能性のある人

・10年スパンで保険の見直しを行っていきたい人

・10年でいいので手厚い保障を確保したい人

・がん保険を一定期間の間だけ追加して持っておきたい人

アフラック「生きるためのがん保険 寄りそうDays」

がんは身近な病気でもありますが、医療技術の進歩により必ずしも命を落とすわけではなくなりました。しかし逆に考えると、がんを経験したり抱えたまま人生を送る人が増えるということでもあります。

アフラックの「生きるためのがん保険 寄りそうDays」は、がんを経験した人でも所定の条件を満たすことで加入が可能ながん保険です。

一度がんにかかりその時に入っていたがん保険から給付金を受け取った場合、無制限の入院保障など以外の「診断給付金」などはもう受け取れません。また運悪くがん保険に加入しない状態でがん治療を乗り切った人もいることでしょう。

本来ならがんを経験すると保険への新規加入はとても難しくなります。しかし増加する「がん経験者」に向けた商品がこの「生きるためのがん保険 寄りそうDays」です。

この商品は、前回のがん治療を受けた最後の日から5年以上の経過で加入を検討することができます。また過去に経験したがんの再発・転移にも対応されるため、万が一のことがあっても治療費の心配を減らすことが可能です。

やや特殊な商品ではありますが、これからの時代に増えるであろうがん経験者に向けた必要なサービスです。もしあなたが「加入できる保険が無い」とお困りなら、検討をしてみてはいかがでしょうか。

【こんな人におすすめ】

・一度がんにかかった経験がある人

・再発や転移の不安を抱えている人

・もう保険には加入できないと思っている人

・家族にがん経験者がいる人

まとめ

たくさんあるがん保険。同じように見えても保険会社ごとに様々な特徴があることが分かっていただけたかと思います。「何となく」「すすめられたから」「加入率が高いから」という理由で加入してしまっては、いざというときに役に立たない可能性も出てしまいます。気になる商品があったら数社比較をして、自分のライフスタイルにピッタリ合ったがん保険を選ぶようにしてみましょう。

保険商品をうまく活用するためには、保険のプロに相談するのが最も確実な近道であるといえます。 当サイトでは大企業に在籍する保険相談員による無料保険相談を承っています。 ご希望のエリアのカフェに伺う事も可能なので 興味のあるかたは下記フォームからお申込みください♪

無料保険相談はいかがですか?

「記事を読んでも、よく分からない」「実際に、保険のプロに聞いてみたい」そんな時は、保険サミットの無料保険相談サービスをどうぞ。 弊社の紹介する保険のプロが、こちらから最寄りのカフェまで伺います。 もちろん、その場で契約を迫られるような事はありません。是非、お気軽にお申込みください。