がん保険を選ぶときに考えるべきこと

がん保険を考えるとき加入率ではなく何を基準に?

この記事の内容をざっくり言うと・・・

  • がんの治療法は進歩しており、治しかたを選べる時代なのでがん保険の加入も自身の希望する治しかたを軸に考えていく必要がある
  • 入院に対する補助か、一時金(給付金)を重視するかによって大きくは選択が分かれる
  • 最低でも3つ以上の商品を比較して決めるのが好ましい

がん保険加入時に重要視するポイントと流れは?

最近、芸能人のがんのニュースにドキッとすることはありませんか?

日本人の2人に1人がかかるというがん、そのリスクに備えて「がん保険」の加入を検討したいけれど、何を目安に決めていいか分からない人も多いでしょう。そこで今回はがん保険に加入する際に重要視したいポイントを解説します。

がん保険って、医療保険と何が違うの?

がん保険は、文字通り「がん」という病気に特化した保険です。がんの入院や手術に対応しており、治療費や収入減少の支えになってくれます。

しかし普通の医療保険とは何が違うのでしょうか?がん保険への加入検討の前に、ここをしっかりおさらいしておきましょう。

【一般的な医療保険】

・種類を問わず病気やケガの入院・手術に対応している

・入院日数には上限がある(商品によって変化、通算1000日前後が一般的)

・がんにも対応している

【がん保険】

・がんにしか対応していない

・がんの入院・手術に限り、入院日数に上限が無い

例えばあなたが「がん保険」と「医療保険」の両方に加入している場合にがんになったら、初めは両方の保険から給付金が受け取れます。しかし治療が長引き医療保険の対応範囲を超えてしまった場合は、それ以降はがん保険からの給付のみになるということです。

がんには再発や長期入院のリスクがあります。そのため、自分ががんになったら…という不安を解消するなら医療保険にプラスしてがん保険に加入しておくことも、決して無駄ではないのです。

がんの治療法はどんどん進化している

昔は「かかったら死んでしまう」と思われていたがん。しかし最近では生存率も伸びており、必ずしも死に直結する病気とも言えなくなってきました。

その理由は医療技術の進歩です。昔は切るしかなかったがん治療ですが、現在は放射線治療、抗がん剤治療、代替医療など様々な選択肢があり、以前では考えられなかった効果を上げています。

そのため固定概念で「死んでしまう」「切るしかない」と思い込んでいては、治療もうまくいきません。また最近は在宅治療も増えています。治療をしながら仕事に行くこともあります。そのような多様な「治し方」を自由に選択するためにも、自分に合ったがん保険を選ぶことが大切になってきているのです。
(人気がある、加入率が高いなどの理由で選ばないように)

がん保険加入時に重要視するべきポイント

それではたくさんあるがん保険から最適なものを選ぶポイントをお伝えします。

・新しい商品を選ぶ

新規加入の際は、なるべく最近出た商品を選びます。医療は技術だけではなく制度も進化しています。そのため最近の医療保障制度に対応したものを選んでおく必要があります。

保険料が安いからと言って20年も前のがん保険を「お守り」のように持っている人がいますが、もしかしたら「がんになって最新の治療を受けたくても、20年前には存在しなかった治療法なので保険で対応ができなかった」などということもあり得るからです。

・入院重視か、一時金(診断給付金)重視か

最近のがん治療は、入院日数が減る傾向にあります。在宅・通勤をしながら数日に1度放射線治療を受けるという選択肢や、1回だけ重粒子線治療を受けるという例もあるからです。

そのため「入院1日でいくらもらえる」という設定自体にお得さがなくなってきており、それよりは「がんと診断されたら〇〇万円」という、一時金方式のがん保険に人気が集まる傾向も出てきています。

どちらを選ぶかは個人の判断ですが、長引く入院へのリスクヘッジよりもまとまった治療費が欲しいというパターンはもっと増えていくでしょう。

・収入減少への対策は必要か

最近では治療による収入減に対応した商品も出てきています。これはがん治療の進化にともない「死」より「生きる」ということにフォーカスされ始めたからです。

特に家族がいる人や、単身で頼る人がいない場合などは「治しながら生きる」ためにどれくらいの金額が必要かをざっくりイメージしてみると良いでしょう。繰り返しになりますが、がん保険で必要になる保障金は人によって異なります。加入率などで安易に選択すると有効活用できないことになるので注意が必要です。

失敗しない加入の流れ

上記の重要視するポイントを頭に置いて、加入の流れを考えていきましょう。

まず、最低でも3つ以上の商品を比較してみることをおすすめします。各保険会社でアピールするポイントは違ってきますから、違うタイプで比較してみましょう。もし代理店や窓口で紹介してもらうなら「数社比較したい」と自分から申し出ましょう。

気に入った商品があったら、内容の確認をします。給付の条件は自分の希望に合っているか?保険料に無理はないか?などです。

このときに必ず確認するべきなのは「免責期間」です。がん保険には「加入から〇カ月以内にがんにかかっても保証しませんよ」という決まりがあります。

もしあなたに「数カ月以内に人間ドック・がん検診に行く」予定があるのならちょっと注意。例えば今日がん保険に加入、1週間後に保険成立、1か月後の検診でがんが発覚した場合は免責規定にのっとり給付金が出ないということがあるのです。

がん保険への加入を検討しているのなら、「検診で何も見つからなかった直後」であるのがベストです。とは言え健康不安が出てから検診に行かないわけにはいきませんので、がん保険には健康なうちに加入しておきましょう。

まとめ

いかがでしたか?がん保険の基礎知識を加入時に重要視すべきポイントを知っていただけたかと思います。そのうち入ろう、では遅くなってしまいます。ぜひ自分のライフスタイルにマッチしたがん保険を選べるようにしてくださいね。

保険商品をうまく活用するためには、保険のプロに相談するのが最も確実な近道であるといえます。 当サイトでは大企業に在籍する保険相談員による無料保険相談を承っています。 ご希望のエリアのカフェに伺う事も可能なので 興味のあるかたは下記フォームからお申込みください♪

無料保険相談はいかがですか?

「記事を読んでも、よく分からない」「実際に、保険のプロに聞いてみたい」そんな時は、保険サミットの無料保険相談サービスをどうぞ。 弊社の紹介する保険のプロが、こちらから最寄りのカフェまで伺います。 もちろん、その場で契約を迫られるような事はありません。是非、お気軽にお申込みください。