がん保険のみの加入でいいの?医療保険との併用、使い分けをどう考える?

がん保険と医療保険はどう使い分ける?

この記事の内容をざっくり言うと・・・

  • がんの保障が目的ならば医療保険にがんの特約をつけるような方法ではなく、がん保険に加入した方が確実である
  • がん保険と医療保険を併用するときは保障内容が重複しないように注意するほか、発病時の申請漏れが発生しないように気を付けたほうがよい
  • がん保険は時代に即した変化が大きな商品なので、診断一時金などシンプルで陳腐化しないものを選択し加入することが好ましい

がん保険のみの加入でいいの?医療保険との使い分けとは?

 

がん保険と医療保険を併用して契約しているかたは多いのではないでしょうか。

病気のなかでも悪性度が高いがんという病気に備えたいなら、がん保険に入るのが最良の選択かと思われますが、医療保険をすでに契約・加入済みの場合、どんながん保険を選ぶべきか迷うところでしょう。

一方で、医療保険に未加入の方は単体のがん保険のみならず、がんも含めた全ての病気やケガも保障する医療保険に必要性を感じているかと思います。

今回の記事では医療保険とがん保険はどちらを優先させるべきなのか、既に医療保険を契約しているなどの事情がある場合、がん保険を組み合わせて使うことができるのかどうか、こういった疑問を解決するコツを紹介していきます。

医療保険とがん保険はどちらを優先させるべき?

まずは、医療保険とがん保険について改めて確認し、がん治療との関連を見ながらどちらを優先するか考えてみましょう。

公的な国民健康保険や民間の健康保険組合の社会保険は、最低限の保障が受けられる医療保険として存在していますが、生命保険会社などが提供している医療保険は、こういった健康保険でカバーしきれない分を保障する目的で設けられています。

この記事でいう医療保険は生命保険会社などが提供している医療保険のことを指していて、原則として病気やケガで治療目的で入院した場合の費用を保障するものです。

がんが見つかった後、真っ先に医師から手術入院が推奨されるかと思いますが、がんでの入院は通常の医療保険の入院給付金の用意があれば十分といえます。

医療保険の保障対象となる病気やケガの範囲は幅広く、がんの治療に対してもある程度は備えることができるといえます。

多くの医療保険は基本契約となる主契約とオプション契約となる特約で組み立てられていて、基本的な医療保障に加えるかたちで、自分が欲しい保障を特約で付加するのが一般的です。
(東京海上などのごく一部の会社では貯蓄型の扱いもあったりします)

医療保険にはいわゆる「がん特約」があり、がんになった場合の保障をつけることもできます。

また、生命保険会社が販売する医療保険は実際にかかった医療費の保障と所得保障の機能を持っていて、高額な医療費に対する保障と万一のときの生活保障を受けたいというニーズに応えています。

医療保険によってはがん特約でこういった保障をつけたり、がんと診断された後に保険料を免除する特約を設けているものもあります。

ここまで見ると、万能な保障が受けられる医療保険を優先してもよいと思えてきますが、

がん保険というのは、がんという特定の疾病に備えるための保険商品として必要性を感じるような内容になっています。

がん保険の保証内容は基本的に医療保険と類似していますが、がんという疾病に限定されており、がんでの入院や所定の手術を受けると給付金が受け取れるといったものになります。

ただし、がんの特性として他の病気に比べ重篤で進行も速く、命に関わる症状が見られるのが過半で、治療が長期にわたったり医療費が極めて高額になるケースが大半を占めています。

そのため、がんと診断された場合にまとまった一時金が受け取れたり、入院給付金の支払い日数は無制限の扱いとしている保険があるなど、がんになった場合に通常の医療保険にくらべても手厚い保証があるのが特徴です。

がんは早期発見であっても手術がほぼ必須で、進行したがんなら身体的な負担もさることながら、治療費や通院にかかる負担も膨大になるでしょう。

意外かもしれませんが、近年のがん治療は入院治療が短縮化され、通院治療が標準的な治療となっています。

そのため、がん保険を契約する場合、通院治療での給付金がどうなっているか事前に確認しておくべきです。

ここまで簡単に医療保険とがん保険の特性を見てきましたが、この2つの保険はどちらを優先すべきなのでしょうか?

実は、保険や金融商品のアドバイスを行うプロ、ファイナンシャルプランナーのなかでも意見が分かれています。

がん治療の保障が欲しくてどちらを加入するべきかどうかを迷う場合には、がん保険を契約することをおすすめします。

一方で、医療保険はがんでの入院のときなど、がん特約をつけなくても医療保険の基本的な保障である程度カバーできる、という声もありますが、がん治療のメインとなる通院治療に対しては保障が手薄となっています。

最近のがん治療は大半が外来(通院)治療で行われており、がんに対しては通院治療(放射線・抗がん剤)に特化している一般的ながん保険で備えるのがいいと考えられます。

とはいえ、医療保険のオプションとしてがん特約をつけることができるということを先ほど紹介しました。

医療保険にがん特約のオプション料が加算されるだけなので、2つの保険を契約するより保険料が安く抑えられるのではと考えがちですが、保障内容が同じ保険の場合、基本的に保険料には大きな差はありません。(ただし、生保会社間の料金差はあります)

しかし、あくまで医療保険が主契約となるので、主契約の内容を変更した場合にがん特約の保障が消えたり、がんは通常の疾患に比べ治療費が高額なのにもかかわらず、主契約の金額を超える保障がつけられないという給付金額の制限があることには注意が必要です。

また、がん保険にはがんと診断された場合にまとまった金額が受け取れる一時金制度があるのも特徴です。
(診断一時金といいます)

がんになった場合、がんと診断されるまでの検査代、手術代や入院費(差額ベッド代)などの医療費のほか、ウィッグ、当面の生活費などかなりの金額的な負担を強いられます。

医療保険は特約で保険料の支払い義務免除がありますが、こういった一時金の支払いはなく、医療以外の生活上必要な費用まではまかなえません。

ここまで、がん保険と医療保険を比較してきましたが、結局はがんになったときの保障が欲しいならば、医療保険にがんの保障を付帯させるよりも、がんに特化したがん保険に加入する事が好ましいといえます。

なお、医療保険の場合は健康状態によっては契約が難しかったり、保険料が高額に設定されてしまうこともありますが、がん保険の場合はがん関連の既往歴がなければ契約しやすく、少々年齢が高めでも加入しやすいので、がんに備えるならがん保険のほうが適しています。

医療保険とがん保険、両方入るとしたらどんな組み合わせがいい?

がんにはがん保険が最適とはいえ、がん保険だけではその他の病気やケガの保障が受けられないので、現実的ではないと考える方も多いことでしょう。

医療保険とがん保険に両方入ることで、あらゆる治療に備えておこうというのは自然な選択だと思います。

また、2つの保険を同時に契約しようとすると保障が重複するところがあり、その分の保険料が無駄になってしまいます。

しかし、がん保険には医療保険でカバーできない保障が確実に存在するので、がん治療の保障を求めるならがん保険を加入・契約しなくてはなりません。

がん保険を医療保険と併用しながら、賢く使い分けして医療保障をより充実させるということはできるのでしょうか?

医療保障を主とし、がん保険を従とするなら、従となるがん保険側に無駄な保障がついていないか、あったとしても取り外せる保険を探さないと保険料が割高になってしまいます。

そのように両者のすみ分けは難しいところではありますが、保険料の無駄なく保障を重複させずに両者を併用することもしっかりと検討することで充分に可能です。

効率的な組み合わせを知るために、まずは医療保険と組み合わせるがん保険を3大保障の診断一時金と通院保障、入院保障の面から考察していきます。

がん保険の診断一時金については、実際にかかった治療費に直接関係するものでないので、欲しい保障としての優先度が低い方も多いかもしれません。

診断一時金は使途を問わないものなので、多くの方は入院や通院治療で収入減となった時の補填だろうと考える人が多いと思います。

しかし、診断一時金は手術前のセカンドオピニオン費用や入院時の差額ベッド代、自分に合った抗がん剤が保険適用外の場合は全額自己負担で治療するときに使うこともできるのです。

特に、保険適用外の抗がん剤を経済的な理由で諦めなくてよいというのはかなり大きいです。

ほかにも、通院のための交通費(タクシー代)であったり、ウィッグや帽子など身だしなみを整えるものを揃えたりとなにかと物が必要になります。

特に収入の補填としたい方は、診断一時金が比較的高額(300万円以上)の保険にされるとよいのではないでしょうか。

続いて、がん治療に備えて保険を契約したいという方には通院費の保障は絶対に必須の条件といえます。

がんの手術費用は確かに高額なのですが、手術後(一部症例では手術前)の抗がん剤の治療は数ヵ月から1年程度の長期の通院加療となり、がん治療では標準とされている放射線治療も1ヶ月程度かかることがあるため、合算すると手術費と同程度かそれより高額になることが予想されます。

特に、放射線治療は抗がん剤に比べ1回の費用は少なく済みますが、毎日行われるため短期間にまとまった出費を強いられることになります。

大手の生命保険会社のがん保険のなかには通院費の保障のないものもあります。

また、症例によっては手術前に抗がん剤治療を行うこともあるので、手術後の通院治療しか保障されないがん保険は治療の選択肢を狭めたり、身体や金銭的に大きな負担をかけてしまう可能性もあります。

「がん保険」という名に惑わされず、内容を吟味して選ぶようにしましょう。

結局どうすればよいのか?

最後に、医療保険と組み合わせるがん保険は、医療保険で保障される入院給付金がない保険にするのがよいと当サイトでは考えております。

がんでの入院に関しては、医療保険の入院給付金と健康保険の高額療養費制度を使えば十分まかなえるので、がん保険のほうに入院保障がついていなくてもよいのです。

つまり、がん治療に関してはがん保険、その他の病気やケガは医療保険という使い分けをするのではなく、がんの入院治療費を医療保険の入院保障で代用し、入院以外のがん特有の保障はがん保険でまかなうことで、保障の重複を防いで無駄に保険料負担を増やさず、2つの保険のいいところ取りをするのが賢い組み合わせとなります。

ただ、がん保険には入院保障が標準でついているものが大半を占めており、もともとついている入院保障を取り外すことが無理な保険ばかりとなっています。

昔ならがん治療といえば入院治療が標準だったので、統計上こういった商品設計になっているのは致し方ないのかもしれません。

ただし、数は少ないながら診断一時金がメインで通院保障をオプション(特約)とするがん保険があり、わずかながら診断一時金と通院治療費に特化したがん保険もあります。

大手の生命保険会社ではこういったがん保険取り扱いがないようなので、インターネットを駆使したり、がん保険に詳しいファイナンシャルプランナーを探して検討する必要があります。
(サイトの下部からも大手企業在籍の詳しい保険相談員をご紹介可能です)

医療保険とがん保険に両方入っている場合の注意点とは?

医療保険とがん保険の2つの保険を同時に契約している場合、いくつか注意する点が出てきます。

ひとつは複数の保険に加入しているため、その分手続きが複雑になるという点です。

医療保険は大手の生保会社で取り扱いのないところは皆無ですが、がん保険となると医療保険と組み合わせて使うのに相性のいい保険(診断一時金と通院保障のあるがん保険)を大手で募集しているところはありません。(他社のがん保険の取次ぎを除く)

つまり、医療保険とがん保険を組み合わせて使うなら、同じ生命保険会社ではなく2つの会社との契約になり、契約もさることながら、いざというときの給付の手続きも保険会社ごとに行う必要があるということです。

ここで予想される問題点は、がんで困難な状況にある本人に代わって家族が給付金の手続きをするときに、家族が契約を把握しておらずに請求漏れを起こす可能性があるということです。

がんと診断されると、本人は身体的にも心理的にも余裕がなくなり、家族に頼る必要性が出てきます。

いざというときのために、がん保険について家族と話し合っておきましょう。

続いて、医療技術の進歩により、現在ベストと思われる保障の保険に入っていたとしても、いざ保障を受ける段階になって適用されない恐れがあるということです。

今あるがん保険に入院保障が手厚いものが多いのは、がん治療が昔は入院治療が中心だった名残です。

現在は入院治療よりも通院治療に重きをおかれ、日数も金額も通院治療のほうが大きくなっています。

保険の保障内容の陳腐化に関しては、保険契約時に古い基準の保障内容になっていないか注意すること、また、保障内容が細かく限定されていないかをチェックすることである程度避けられます。

古い基準の保障内容となっていないかどうかを確認する際には「入院保障が必要以上に手厚くないか」を確認しましょう。

そして、細かい条件が多くついたがん保険は注意すべきです。

現代医療の進歩に伴い、治療実態が現実に合わなくなり保障が意味をなさなくなる恐れがあります。

例えば、具体的な治療法(例えばホルモン剤治療)が入っている特約は、医療の進歩とともに不要になる可能性が完全にないとはいいきれません。

がん保険だけでなく医療保険も10年から数十年単位の超長期で契約される方が多いと思います。

しかし、契約してから医療技術の進歩により保障内容が陳腐化したからと、保険を現代医療の実態に即したものにアップデート(新たに契約する)のは控えたほうがいいでしょう。

新しい保障内容がついたとしても基礎的な保障内容は以前入っていた保険も備えているはずです。

医療保障を提供する保険の保険料は原則年齢により決定するので、ベースとなる保障内容が同じなのに新しい要素を追い求め定期的に契約を別のものに変えていると、年齢が上がるたびに契約を変えることになり、契約のたびに高い保険料負担を強いられていき結果的には損になります。

また、新しい保険であっても、年齢や健康状況によっては加入できるとも限りません。

日本人の寿命は年々伸びており、医療保障のある保険は長期で契約するのが前提となっています。

長く使える保険を契約したいなら、支払い条件がシンプルな内容の保障に絞って選ぶのがいいでしょう。

その最たるものはがん保険の診断一時金です。

がん保険に関しては診断一時金に特化した保険があるくらいですが、進歩が著しいがん治療に関しては長期的な視野に立った場合、こういったシンプルな保険が最良の保険となる可能性があります。

また、医療の進歩により通院治療が進んでいますが、退院後〇日間や入院前〇日間といった制限があると、現在や今後の医療の実態と乖離してしまっては無意味です。

入院保障に関しては病名のみ(~で入院)のシンプルな条件となることが多いので、医療保険はこれをメインに選択するという戦略をとってもいいのではないでしょうか。

いずれにしても、医療費を保障する各種の保険は長期の契約が前提となるので、新規の要素(保障内容)に振り回されずに長い目で保障内容を見定めるのが肝心です。

まとめ

医療保険は全ての病気やケガの治療費を保障しますが、がん保険でないとカバーできない保障が存在します。

そのため、万一がんになった場合の保障を考えたら、医療保険とがん保険を完全に使い分けするというより、併用して備えるのがベストであるといえます。

2つの保険を併用する場合、医療保険と保障が重複する入院保障のないがん保険を契約するのがいいでしょう。

さらに、旧型の入院保障が手厚いがん保険より、数は少ないですが、現在のがん治療のメインとなる通院保障や、がんと診断された後の診断一時金が主な保障内容となるがん保険を契約したほうが時代に即しています。

ただ、がん保険の加入にあたっては長期での契約が前提のため、個別の治療内容に限定しない保険が推奨されます。(医療技術の進歩により、特定の治療に特化した保険は実態にそぐわなくなり、無駄になるということもあるので)

医療保障のある保険は数十年単位の長期の契約が前提となるので、将来に変更される可能性の高い保障内容の保険より、長年にわたって陳腐化する恐れが少ないシンプルな保障の保険を契約する方が、保険料の無駄がなく有意義な保険にすることができるといえます。

がん保険と医療保険の重複を避けるには、ファイナンシャルプランナーなどのプロに相談するのが最も確実な近道であるといえます。
特にがん保険は人気があったり加入率が高いからといって安心とは言えず、個人の事情や最新のがん治療の状況に基づいた判断をする必要があるので専門家への相談はかかせません。 当サイトでは大企業に在籍する保険相談員による無料保険相談を承っています。 ご希望のエリアのカフェに伺う事も可能なので 興味のあるかたは下記フォームからお申込みください♪

無料保険相談はいかがですか?

「記事を読んでも、よく分からない」「実際に、保険のプロに聞いてみたい」そんな時は、保険サミットの無料保険相談サービスをどうぞ。 弊社の紹介する保険のプロが、こちらから最寄りのカフェまで伺います。 もちろん、その場で契約を迫られるような事はありません。是非、お気軽にお申込みください。