がん保険の実際の加入率はどれくらい?世の中は必要性をどう感じているの?

がん保険、世の中ではどのくらいの必要性を感じられているのか

この記事の内容をざっくり言うと・・・

  • がん保険の加入率について、様々な切り口から見ていきます。

がん保険の必要性と加入率について

がん保険の加入率の話に入っていく前に、がん保険の一般的な内容についておさらいします。

世界的にがんの死亡者数が増加しているため、がん保険の必要性は年々高まってきています。
(日本人の3分の1以上がかかりやすい体質であるといわれています)

がん保険と一口に言っても、サービスや料金、内容はそれぞれ異なり、支払いの安い掛け捨て型、貯蓄が出来る代わりに支払いが高い積み立て貯蓄型と様々な種類があります。また、がん保険に付随してくる保障も様々なものがあり生活を安心したものにするために検討をしたいところです。

がん保険は一般的な生命保険などで補えない内容なので、遺伝などでがんを心配されるかたは是非早めの検討をして頂ければと思います。

本章ではがん保険の実際の加入率を生命保険の加入率とも比較していきたいと思います。

世帯別の加入率

がん保険の加入率が気になる方は、まずは世帯年収加入率に注目してみましょう。

世帯の年収加入率は収入次第で格差が生まれますが、

日本国内の世帯年収加入率は「生命保険文化センター」が発表している通り、がん保険に加入している人に関しての全国の実態調査で世帯のがん保険(がん特約)加入率は約6割と発表されました。加入率は以外にも多いといえます。

半数以上の方が加入しているので、やはりがんについての備えはあった方が良いと考えている方が多いと言えますね。

また、低所所得者でもがん保険は出来れば加入しておきたいという方が多く、
経済的な余裕が出たら加入したいと検討している中年世代を含めると、かなり多くの方ががん保険に注目していることが分かります。

世帯年収が低めの人はがん保険に加入する余裕がないだけで、加入したい方を加味するとニーズはさらに多いのが実態です。

医療保険選びのポイントとして、保障内容をどうするのかから考えるのも手ではありますが、

収入次第で人それぞれ毎月無理なく支払っていける保険料は異なるので家計のバランスで支払い可能な保険料をベースにして考えるのも一つの方法です。

自分の収入や家族構成なども考えて、医療保険にかけられるお金がいくらなか割り出しましょう。また、死亡保険や個人年金保険、等医療保険との組み合わせなども意識しながらがん保険を組むと有意義かと思います。

住居種類別の加入率

がん保険の加入率は住居種類別でも比較することが可能です。

「国立がんセンター」では一軒家、アパートマンション、賃貸アパート、マンションで生活をしている人を対象にした調査も行われていて、がん特約加入率 調査では民間の生命保険会社を含めてJA全労済のがん保険・がん特約商品の加入率を調査すると37.3%、住居種類別でみるとマイホーム保持者の加入率が最も高いようです。

 

年齢別の加入率

世界的にも死亡者数が年々増えていますが、年齢別の加入率も気になるところです。みなさん一体いくつからがん保険に加入しているのでしょうか?中には若いころからがんに対する保険の必要性があると検討している方も少なくなく年齢別でどれくらいの数の人が、がん保険に加入中かを確認してみました。まず、一般の生命保険会社やJA、全労済のがん保険・がん特約の加入率は37.3%ですが、年齢別で生命保険加入率とがん保険の加入率を比較すると、

<生命保険の加入率>

20歳代では50%程度

30歳代では70%程度

40代から60代までも80%程度

<がん保険の加入率>

20歳代では生命保険加入者の約4割の人ががん保険に加入しています。

●30歳代では生命保険加入者の約4割の人ががん保険に加入しています。

●40代から60代までは生命保険加入者の約4割の人ががん保険に加入しています。

加入率は世帯加入率や年齢別加入率を比較すると40代から50代にかけて加入している方が多くなっていると言えます。

生命保険会社、郵便局、JA(農協)、生協での生命保険によってコースや商品も様々なので、自分のコンディションにあった保険を探すのが有意義かと思います。

ライフステージ別の加入率

人それぞれ置かれている状況が異なりますので、適切な保険も変わってきます。また、医療保険は医療保険だけで考えるものではなく、生命保険やその他の保険も含め全体で考えなければなりません。

医療保障だけ充実させて死亡保障が足りていないようでは、良い保険とは言えません。毎月支払っていける保険料には限りがありますので、保険全体でバランスを取って加入、見直しを考える必要があります。その中で、重要になってくるのが、その人の「ライフステージ」です。

就職したばかりの独身サラリーマンと、結婚して子供が二人いる自営業者とでは、求める保障が全く変わってきます。その人の職業や年収などによっても変わってきますが、このページではライフステージ別の保険について考えてみたいと思います。

ライフステージ別の保険を比較すると、保障にもらえる金額、医療保障でもらえる金額に着目して選択しましょう。結婚してからの保険、子供が生まれたら加入したい保険、マイホームを購入したら加入したい保険、老後に加入したい保険などがあり、補償内容や金額も、ライフステージ別で異なります。

★データを挿入する必要あり

まとめ

医療費相場についても比較しておくと自分に合ったお得な保険を探せますね、毎回の支払いが安い掛け捨て型の保険もあり、保険料が高い積み立て型に比べると加入しやすく、ライフステージ別の保険を比較すると、保障にもらえる金額、医療保障も異なるために自分にあった保険を探しましょう。

保険商品をうまく活用するためには、保険のプロに相談するのが最も確実な近道であるといえます。 当サイトでは大企業に在籍する保険相談員による無料保険相談を承っています。 ご希望のエリアのカフェに伺う事も可能なので 興味のあるかたは下記フォームからお申込みください♪

無料保険相談はいかがですか?

「記事を読んでも、よく分からない」「実際に、保険のプロに聞いてみたい」そんな時は、保険サミットの無料保険相談サービスをどうぞ。 弊社の紹介する保険のプロが、こちらから最寄りのカフェまで伺います。 もちろん、その場で契約を迫られるような事はありません。是非、お気軽にお申込みください。