女性向けがん保険とは?普通のがん保険との違いと必要性について

女性向けのがん保険について

この記事の内容をざっくり言うと・・・

  • 女性特有のがんに対応するがん保険として、女性向けのがん保険が存在する
  • 保険金受取の条件が各保険において異なるので、自身の対応したいリスクに応じた検討が好ましい

はじめに女性向けがん保険について

女性向けがん保険は女性に多く罹患するがんを手厚くサポートしている保険で、三大疾病による入院をサポートしていたり、入院を重点保障していたり一般のがん保険に比べると保険のサービス内容が充実している女性向け保険も増えてきました。

基本的な特約内容はガン治療保障で所定の手術・放射線治療・抗がん剤治療の際にガン治療給付金を受けることがで可能で入院、通院した際の費用をサポートします。各保険会社の女性用のがん保険の内容は診断一時金、入院費用から、手術の代金まですべてカバーしている保険もあり、女性特有のがんに罹患してからの病院でかかる経費をすべてカバーしている保険もあります。通院治療の料金も含めて女性特有のがんに十分に備えることができます。

女性保険でも様々な医療保険があり、がん保険は特に手厚く保障がしっかりしている方が人気があるようです。女性に多いがんへのしっかりした保障を受けることができ、子宮がんや、乳がんなど、女性のためのお得な保険は女性特有の病気にも広くカバーしていて、信頼の保障が付帯されている保険、また保険料も一般の保険よりも安い保険などもあります。そのため一般のがん保険に比べると 女性向けがん保険を選択するときにはがん保険を選ぶ際に女性ががんにかかりやすい状況での保障が手厚い保険の方が有意義です。

通常の保険と女性用がん保険との違い

一般の保険と女性向けがん保険を比較すると、異なるのは保険に付帯されている内容です。まず、女性向けがん保険の大きなメリットは女性に多く発症するがんへの保障が充実している点でしょう。家族が遺伝でがんにかかったことがある方で特に女性の場合には例として(母親ががんにかかってしまった経緯がある方)女性に多く発症する乳がんや子宮頸がん、卵巣がん、子宮がんなども同じく女性用がん保険は一般の保険よりも保障、付帯している内容が異なります。

保険商品や付帯されているサービスによって各保険の内容は異なりますが、

一般のがん保険と異なる点をピックアップしてみました。

例1

女性専用のがん保険は、入院給付金が一般のがん保険に比べても多くもらえる(保険内容、会社によって異なる)

例2

1.女性特有で多いがん保険の治療において、乳がんによる乳房切除手術や、卵巣がんのために卵巣全摘出手術をした後にも保険金を受け取れる

2.一般の手術給付金だけでなく、女性用がん保険は更なる給付金を受け取ることができる

3.がんが再発してしまった時、または乳房再建術の際には、さらに追加して給付金を受け取ることが可能、

4.保険会社によって、その他にも女性用がん保険はボーナスがもらえる

がん保険加入する前に女性用のがん保管の含まれている内容を確認しましょう。女性がん保険に含まれているサービス内容は保険会社によって異なります。女性用がん保険加入する前には保険会社のサービス内容を比較して自分に合う保険会社を選択しがんを発症してからの対応や保障内容を確認することが大切です。

女性に一番多いがんが乳房がんですが、その他にも子宮がんなども発症する率が増えています。女性に多いがんで乳がんのように女性向けがん保険で豊富に内容をカバーしている保険もあり、このような点は一般のがん保険との大きな違いになります。女性のがんは早期がんで治療が可能ながんばかりです。そのため保険に加入したい女性は男性ト同じくらい多く、今後もj著性の加入者の数は伸びていくものと予測されています。

また、その他にも保険会社によっては 祝い金特約が付帯している女性向けがん保険もあります。女性特有のがん保障だけでなく意外なシーンで特約を利用できるケースもあります。 加入して満足度の高いプランが人気があるようです。がん保険加入するだけで安心 がんを発症してからもすぐに保険を利用できて対応力のある保険会社、またお得な保険で、自分の体、体質に合った保険内容を選択しましょう。

女性用がん保険のメリット、デメット

女性向けがん保険のメリット

女性用がん保険は医療保険はプランによって様々な保障をしていますが、女性用がん、またはその他の病気にも対応している医療保険があり、便利に応用できる保険もあります。

基本的には女性が心配な病気による入院を重点保障し、女性用のがんだけでなく増加傾向の婦人病をサポートしている内容が規約に含まれている女性用がん保険は一般のがん保険に比べてサポートが充実しています。

その他にもかかりやすい女性用のがんを十分にサポートしている医療保険もあるので女性用のがん保険は一般のがん保険に比べるとメリットもあり非常に幅広く利用できる保険内容で充実しています。

医療保険の加入前に体質や、かかりやすい病気などを事前に踏まえてどの女性向けの医療保険が自分に合うのかを調査しておけば女性用がん保険でもメリットのある保険に加入することができます。

女性用がん保険のデメリット

女性用がん保険のメリットは個人によっては豊富ですが、一般的ながんの保障よりも保障内容が多いため料金を比較すると保険料が高い傾向がああります。その点はデメリットといえるでしょう。しかし、その他の医療保険も保障内容と保険料は、比例するように高くなるようです。最近は、自分で特約、オプションで選択して保障を付帯することができる保険も多く、女性に多いがんを発症する部位、またはかかりやすい病気に保障をオプションで付加することも可能です。

女性用のがん保険に含まれる女性特定疾病は

● 乳房・女性器を特定している

●卵巣がんによる機能障害

● がんの後遺症による関節通リウマチ

●妊娠、分娩の際のがんの後遺症による影響

乳がん、子宮がん、卵巣がんなどによっての機能障害においての保障をオプションで付けると自分の体質に合った充実の保障内容になるでしょう。

女性用がん保険の種類とおすすめ商品

フェミニーヌ(損保ジャパン日本興亜ひまわり生命)

35歳女性 月払保険料 8,117円

女性限定医療保険で病気で入院した際のサポートが手厚くボーナスが受けとれるため加入するとお得な保険商品です。

楽天生命レディ

35歳女性 月払保険料1,580円

女性特有の病気等を手厚く保障していて日帰り入院にも一時金を保障していて保険料も安く注目の女性向け保険商品です。

Aflac

35歳女性 月払保険料4,315円

短期の入院も、入院前後の通院も保障!手術・放射線治療・抗がん剤治療はお金のかかる医療費なので、その際にサポートする保険です。

まとめ

女性向けの保険は女性用に充実した保険内容で女性特有のがんをしっかり保障している保険は内容も充実していて医療保険があります。

女性向け保険なので、男性がかかりにくいがんや、女性の多いがんにおける相談窓口なども設けている保険会社もあります。人気の女性保険は女性専用の特約が盛り込まれていてさらに安心できる保障が付帯している保険で女性特有のがんについての内容が盛り込まれた保険が人気があります。

入院を重点保障し、通院の度に保険を受け取れたり一般のがん保険と異なり、三大疾病による入院もサポートしています。

保険商品をうまく活用するためには、保険のプロに相談するのが最も確実な近道であるといえます。 特にがん保険は人気があったり加入率が高いからといって安心とは言えず、個人の事情や最新のがん治療の状況に基づいた判断をする必要があるので専門家への相談はかかせません。
当サイトでは大企業に在籍する保険相談員による無料保険相談を承っています。 ご希望のエリアのカフェに伺う事も可能なので 興味のあるかたは下記フォームからお申込みください♪

無料保険相談はいかがですか?

「記事を読んでも、よく分からない」「実際に、保険のプロに聞いてみたい」そんな時は、保険サミットの無料保険相談サービスをどうぞ。 弊社の紹介する保険のプロが、こちらから最寄りのカフェまで伺います。 もちろん、その場で契約を迫られるような事はありません。是非、お気軽にお申込みください。