小児がん保険~子どものがんに備える必要性は?~

小児がんに備えてがん保険に加入する必要性は?

この記事の内容をざっくり言うと・・・

  • 小児がんになる子供は1万人に1人程度だが、年々増えてきている
  • 子どもの保険は保険料が安く、保障も手厚いため早期治療が鍵となる小児がんに備える手段として保険は非常に有効

近年のこどもと小児がんについて

近年は小児がんにかかる、 子どもも増えています。がん保険に加入することで、若年層も健康面で安心できるため小児がん保険に加入するお子様も増えています。

もしもの時に備えてがん保険に加入しておくことで保護者の方も健康面で何かあったときに対応でき、さらに料金も割安な小児がん保険で奨学金制度もあります。

がん保険は確率的に低いといってもいつかかるかはわかりませんし、小児がんが増えている近年はトラブルに備えておければがんにかかった時にも安心で、十分にサポートしてくれます。

月々の保険料は一般の大人の料金よりも安く、数百円~二千円程度で保険に加入する事ができます。保険料はかなり安く、月々の保険料が1000円前後なので、継続的に支払える保険もあります。

がんは稀に子どもにも発症しますので、遺伝的な側面でがんに対応するためには保険に入って備えることに越したことはありません。

小児がんになる確率は大人よりも低いですが、着目したいのは年間小児がんにかかるお子様の数が増えているということです。

小児がんにかかるのお子様の30%が白血病にかかるという調査結果を厚生労働省が発表していますが、白血病は早期の対処、また充実した病院のサポートを受けない限り完治しません。

今後のことを考えて、子供用の保険に加入しておけば健康面でサポートできる保険のに加入しておけば安心です。がん遺児奨学金制度などのキャンペーンを行っている保険会社もあり、保険会社によっての特典は異なります。

小児がん保険に加入する方には様々な理由があって加入している方がいます

●身内をがんで亡くしているご家族

●兄弟が小児がんにかかった経緯がある時

●悪性ではないが子供のころに腫瘍が見つかったケース

●住んでいる周辺地域で小児がん患者が増えている地域

お子様の場合にはがんは大人よりも早く転移しますのでそのままにしていると大きな脅威になりますが、保険に加入し早期の対応をすることで治癒することもできるので備えておいて損はないでしょう。

小児がんになる確率は?がん保険は加入すべき?

小児がんにかかるケースで気になる点がかかる確率です。

一体どのくらいの割合で小児がんにかかるのでしょうか?

こちらも厚生労働省の調査によって頻度を知ることができます。

15歳未満の小児は一万分の一の確率で小児がんにかかるお子さんがいるという調査が出ています、全国的には年間で2000人当たりの人数となります。

しかし近年日本国内で小児がんにかかる人数は増えているので、将来的には数値も増えていくと考えられます。

このことからお子様もがん保険に入っておいたほうが安心と考える保護者も増えています。小児がんで一番多いのが白血病ですが外科的治療、放射線治療で治療が可能です。

小児がんは年代的に 乳幼児だけでなく小児、思春期を超えた青年期のお子様を対象としています。

小児がんは、毎年2500名以上が発症しているので、保護者の方でも万が一のことを考えてると加入しておいたほうが良いと考える保護者の方も多く、福島で子供に「甲状腺がん」にかかる小児が増えているなど地域によってもがんにかかりやすい地域などもあります。

住んでいる地域によっては万が一のために備えている保護者の方もいます。

更に子供のころに甲状腺腫と診断されているケースでは将来甲状腺がんに発展するという特徴もあるためやはり若年でのがんはそのままにしないですぐに対処をしていきたいところです。

ちなみに年間で世界的に甲状腺ガンにかかる小児の数は100万人に1人から2人の確率ですが、福島近郊では3万8千人中10人で、高い確率で小児がんを発症しています。

原因は様々ですが、やはり遺伝が関係しているケースと環境が関連しているケースが多く、もし見つかったら早期に対応していけば転移しやすいが治りやすいのも特徴的なので保険に加入しておくといざというときのリスクに備えられるでしょう。

小児がんは転移が早いといわれていますが、早期発見で治りやすいため治療においても信頼のおける専門医に任せたいところ。

そのための資金や費用をすべてサポートする保険なので加入していれば非常に頼りになります。

罹る確率は年々増えていますが、反面子どものがんは7~8割は早期の治療によって治癒します。

また保険に加入していなければ小児がんになるとお金がかかってしまいますが、あれば資金がなくても保険ですべてを賄うことができ、また早期の対応が可能となります。

子どもに必要な保険では確率的には低くても発症する前に加入しておけば十分な対応で小児がんを治癒することができます。

小児がんに多い脳腫瘍、神経芽腫(しんけいがしゅ)、リンパ腫などを含めて血液のがんである白血病などに不安な保護者の方は加入しておいてもよいでしょう。

がん保険に加入していれば治療費は特別補助が受けられる?!

経済的にも余裕がない方でも保険に加入しておけば治療費は特別補助を受けることができ、更にがん治療においての対応も早くなります。

(上述の通り小児がんは初期対応の迅速さが命です)

また、治療を継続するために必要な、治療などのフォローも小児がん保険で賄うことが可能です。特別補助を受けることでき、医療費助成がしっかりしている保険会社もあります。

保険によってはがんと診断されてから特別医療費の支給手続きが早い保険会社もあります。

がん保険は他の保険以上に個人個人のニーズが異なる保険なので加入率が高い保険をただ選ぶのではなく、加入前にしっかりと保障内容を確認しておきましょう。お得な保険、保険料金を比較して加入しておきましょう。

がん保険で治療費以外の雑費も賄える?

がんにかかってしまうと様々な経費が必要になります。診察代金、入院代金、交通費、治療にかかる薬代などそのほかの雑費も含めて支払うことが前提です。

医療費以外の雑費も保険の内容によっては保障することが可能です。

細かい金額もすべて請求することができて入院費や治療費だけでなく消耗品や交通費、食事代も補償内容に含まれているプランもあります。

すべてトータルでサポートしているので非常に利用しやすくがんで入院した時には非常に安心で助かるといえます。

万が一の時に病気や怪我などで医療保険・傷害保険を利用するならばサービスや特典が充実している保険を選べば治療費以外の雑費も保険で賄うことが可能だと言うことを頭に入れて最適ながん保険を比較検討してみてください。

まとめ

小児がんが増えてきているこの時代、子供用保険に加入しておくことで、小児がんに備えることが一般的になってきています。

小児がんにおける治療費はかなりの金額になる一方で、小児がんは子供にとっては進行も早いためできるだけ早い対応をとる必要があります。

がん保険に加入していれば入院費、診察料金など何から何まで保険で対応することができます。

外科的治療、放射線治療などの高額になりがちな治療も資金繰りの苦労をせずに、治療を受けることができます。

大切なお子様の万一に備える保険としては値段が高い保険ではないと思います。

特に身内でがんに罹ったことがあるケースでは加入したいと考えている保護者も多く、実際に加入率も高くなっています。

子供用の保険は保険料も安いので、大事なお子様のいざという時に備えるために加入を検討する価値がある保険であるといえます。

保険商品をうまく活用するためには、保険のプロに相談するのが最も確実な近道であるといえます。 特にがん保険は人気があったり加入率が高いからといって安心とは言えず、個人の事情や最新のがん治療の状況に基づいた判断をする必要があるので専門家への相談はかかせません。
当サイトでは大企業に在籍する保険相談員による無料保険相談を承っています。 ご希望のエリアのカフェに伺う事も可能なので 興味のあるかたは下記フォームからお申込みください♪

無料保険相談はいかがですか?

「記事を読んでも、よく分からない」「実際に、保険のプロに聞いてみたい」そんな時は、保険サミットの無料保険相談サービスをどうぞ。 弊社の紹介する保険のプロが、こちらから最寄りのカフェまで伺います。 もちろん、その場で契約を迫られるような事はありません。是非、お気軽にお申込みください。