がん保険を検討する前に~がんの種類と死亡率~

がん保険を考える前にがんの発症率、死亡率を知ろう

この記事の内容をざっくり言うと・・・

  • がん保険を検討する前にがんについての一般的なデータ(どのがんになる人が多い、どのがんで死亡する人が多いなど)を説明しています。

がん保険を検討する前に改めてがんとは

「がん」は近年人間の体のメカニズムにおけるもっとも大きな脅威となっている病気です。新薬の治療薬の開発も進んでいて、早期発見によっては治療することが可能ですが「癌」にかかればそれなりに治療にも費用が掛かり、また種類によっては厄介な病気です。

「癌」の別名は医学上上皮細胞由来の「悪性腫瘍」とも呼ばれていて病気にかかる人の多くが遺伝や家族でがんにかかったことがあるケースが多くみられます。そのためがんにかかりやすいかどうかも遺伝やDNA調査によって調査することができます。また厚生労働省の調査でもがんの種類と死亡率などを公表しているのでがん保険に加入する前に参考に目を通しておいても良いでしょう。

医学的にがんを説明すると上皮細胞とはまずどのような細胞なのか?上皮細胞は各臓器の表面を構成する細胞を呼びます。そのため皮膚の表面を覆う細胞のことを指します。またがんは骨や筋肉に腫瘍ができることもあり血液のがんと呼ばれる「白血病」も含まれます。がんは全身の様々な部位に発症します。部位ごとに臓器が持つ特徴も異なるため、症状の出方も様々です。以下は、各臓器で見られるがんの症状の主な特徴になります。

主ながんの種類

肺がん

症状は慢性的な咳で、日本人男性のかかりやすいがんのトップです。

胃がん

胸やけ、胃の痛みなどの症状、こちらも日本人男性がかかりやすい病気の一つと言われています。

肝(臓)がん

右上腹部痛など症状がでます。圧迫感や黄疸も感じるようになります。

食道がん

初期は無症状なので発見が遅れることもある、こちらも日本人男性、女性に多いがんの一つ進行すると食べ物が食べづらくなる。

大腸がん

血便がでて、下痢や便が細くなってしまう、早期は無症状なため発見が遅れることがある。女性に多いがんの一つ

その他にも胆道がん、腎(腎細胞)がん、膀胱がん、子宮がん、卵巣がん、乳がん、前立腺がん、精巣がん、皮膚がん、白血病、骨腫瘍・骨肉腫、軟部腫瘍、喉頭がんなど、様々な部位にがんは発症します。

発症が多いがんのランキング

では、かかりやすいがんも気になります。

種類によって症状、対処の仕方も異なり、保険のプランによって内容も異なります。がん保険に加入していると様々ながんに対してすぐに対処でき、また保険会社の中には加入者が医療相談センターを利用することができるサービスを提供している会社もあります。

かかりやすいがんの保険に加入したり、遺伝で家系がかかったことがあるがんなど自分がかかる恐れのあるがんの種類を調査することも可能ですが、近年のがん発症で多い種類のランキングを確認してみましょう。

部位別患者数 年齢調整罹患率(人口10万人に対して)
部位 発症した人数
21.3000人 胃(78.8) 乳房(67.0)
前立腺 18.3000人 大腸(63.3) 大腸(36.0)
乳房 17.9000人 肺(61.6) 胃(28.5)
結腸 15.000人 前立腺(43.5) 子宮(22.8)
肺・気管 13.1000人 肝・胆管(29.8) 肺(21.0)
直腸 7.8000人 食道(17.2) 肝・胆管(10.6)
6.6000人 膵臓(15.2) 甲状腺(10.1)
膀胱 6.4000人 膀胱(12.4) 卵巣(10.0)
子宮 5.7000人 腎・尿路(12.2) 膵臓(9.2)
悪性リンパ腫 5.3000人
3.0000人

データ元 厚生労働省

男性と女性を比較するとかかりやすいがんの種類も異なります。

男性は胃がん、大腸がん、肺がんの発症率がランキング3に入り女性は乳房がん、大腸がん、胃がんが多いのが実情です。

がんは転移の可能性もあるのでどちらにしても早期の対処がなによりですが、部位によっては病気の進行のスピードも異なります。初期状態にがんを発見することができれば、保険で対応しておけば治癒しますし、死亡率もかなり低くなります。

しかし中には症状が出ないので発見が遅れるケースなどもあるので定期的にがん検診を受けることをお勧めします。かかりやすいかどうかは遺伝やDNA調査なども行うことが可能で、身内でがんに罹ったことがある人が多いご家庭、または今後、かかる恐れがある確率のあるがんを調査することも可能です。

死亡率で多いがんのランキング

国立がん研究センターがん情報サービスで男女別で がんにかかりやすいがんの種類、部位を確認、死亡率を確認することができます。死亡率が高い男性は肺がん、胃がん、大腸がんの3つに別れるようです。また、国立がん研究センターがん情報サービスが提供しているデータを参照してみても肺がん、胃がん、大腸がんによる死亡者の数が多く、肺がん死亡者が多くみられる要因は国内の喫煙者の数に比例しているためといえます。

地域によってもかかるがんの発症率が異なるため、国立センターではがんは地域ごとにがんの発症率などを調査しています。死亡率ランキングも各都道府県や地域よって異なり、またがんの死亡率が高い県、低い県と別れ、例えば肺がんの死亡率が高い県は青森県で理由は喫煙者の数が多いという結論も医学的に調査されています。死亡率も高い肺がんが多い地域は青森県だけでなく北海道、近畿以西で多く男性に多いのが特徴的です。また、女性の死亡率1位は大腸がんが多く、国や地域によってかかりやすいがんやまた死亡率も異なるようです。外国でもがん保険の加入者は増えています。早期に対処するならば保険に加入しておいたほうがよいでしょう。

まとめ

男性と女性別でかかりやすいがんの種類も大きく異なり死亡率も異なります。

男性は胃がん、大腸がん、肺がん、女性は乳房がん、大腸がん、胃がんに罹りやすく、がんの種類によっても進行の速さも異なりますので加入している保険がどれだけ便利かまた対応力があるのかによって将来的にサポートしてくれるでしょう。

がんは種類によって発見が遅れることもあるので早期の対処がなによりですが、問題は治療における費用です。がん保険に加入したことがない方でも低料金で加入可能な保険も多く、定期的にがん検診を受けたい方にも保険に加入したほうがお得です。

がんにかかる人の多くが遺伝的に家族ががんかかりやすいケースが多い方はがん保険に加入しておいたほうが安心です。かかりやすいかどうかは遺伝やDNA調査なども行うことができます。

近年、国内のがんの罹患数も増えています。早期発見によっては治療することが可能ですが「癌」にかかれば、その分の治療に罹る費用をすべて保険で賄うことができます。

近年がん患者の数は増えているが治療によって治る方も多いので、しっかり将来的に保険に加入して健康管理をしておけば、万が一の時にも安心です。また、がんの種類に合わせて保険の種類も各保険会社が様々なプランを提案しています。自分の健康状態や収入に合わせたがん保険に加入することが出来ます。

保険商品をうまく活用するためには、保険のプロに相談するのが最も確実な近道であるといえます。 特にがん保険は人気があったり加入率が高いからといって安心とは言えず、個人の事情や最新のがん治療の状況に基づいた判断をする必要があるので専門家への相談はかかせません。
当サイトでは大企業に在籍する保険相談員による無料保険相談を承っています。 ご希望のエリアのカフェに伺う事も可能なので 興味のあるかたは下記フォームからお申込みください♪

無料保険相談はいかがですか?

「記事を読んでも、よく分からない」「実際に、保険のプロに聞いてみたい」そんな時は、保険サミットの無料保険相談サービスをどうぞ。 弊社の紹介する保険のプロが、こちらから最寄りのカフェまで伺います。 もちろん、その場で契約を迫られるような事はありません。是非、お気軽にお申込みください。