男女別でがんの罹患数とその原因はどのように違う?

この記事の内容をざっくり言うと・・・

  • 男女別でかかりやすいがんの種類が異なるため、そこに合わせる形でがん保険もラインナップが用意されている
  • 自身の性別、生活習慣をもとに自身に最適ながん保険の加入を検討する必要がある

がん保険を考える前に。がんについて

国立がんセンターの調査によると2014年にがんで死亡した人は368,103例(男性218,397例、女性149,706例)という調査結果が出ています。

そして2015年のがん罹患(りかん)数は前年度よりも1割増しの98万例、がんで死亡する患者数は同じく4000人増となり37万人となり死亡する患者も羅患数も年々増してきています。

がんの種類も様々です。

かかりやすいがん、治りやすいがんなどもあり男女別にがんの罹患数も異なります。

部位別がん罹患率なども厚労省の調査によってデータ化されていますが、がんは発症する部位によって治りやすい、転移しやすい場所なども異なります。

また、かかりやすいがん、厄介ながんと医学的にもがんの種類によって対処法も異なります。

男女別がんの罹患数を見ると男性者は前立腺ガンになる傾向が高く、女性のトップは乳がんと子宮がんになる傾向が高くなっています。

※女性用のがん保険は女性専用で充実した保険プランを用意している保険会社もあり、女性に多い乳がんや子宮がんを手厚くサポートしている保険もあります。詳しくは下記の記事を参考にしてみてください。

 女性向けがん保険とは?普通のがん保険との違いと必要性について

上記のように、がんによる患者の数が年間に一割も増えている現状から、男女でがん保険に加入を希望する方も年々ふえてきています。

男女別で陥りやすいがんと死亡率について

年々がんになる方が増えて来ている現状はご理解頂いたかと思いますが、男女別で陥りやすいがんと死亡率、がんの部位別統計 はどのようになっているのでしょうか?

男性は胃がん、大腸がん、肺がんの発症率高く、女性は乳房がん、大腸がん、胃がんが多くなっています。

しかし死亡率は異なるよります。男性の死亡率で一番高いのが肺がんです。(男性はタバコの喫煙率なども大きく影響しています)

また、肺がんだけでなく発見しても治療が難しい部位なども発症率が上がっています。

女性の場合には乳がんが一番多いが早期の対処次第で改善するといった特徴もあります。

がんは転移の可能性もあるのでどちらにしても早期の対処がなによりですが、部位によっては病気の進行のスピードも異なります。

初期状態にがんを発見することができれば、保険で対応しておけば治癒しますし、死亡率もかなり低くなります。

しかし中には症状が出ないので発見が遅れるケースなどもあるので早期のがん発見のためにはがん・検診を定期的に受けることをお勧めします。

次に死亡率性比では男性の死亡率が高く50歳以上の各年齢階級では、男性の死亡率は女性の死亡よりも2倍以上高く、特に肺がんなどは死亡率が高いため男性は若くても注意が必要です。

男性はタバコの喫煙率も比例していますが、男性に関しては生活習慣病、社会的なストレスなどが影響していると言われています。

周知の通りがんは最も厄介な現代病の一つと言えます。

がん保険の加入率も男性のほうが女性よりも多いのですが、これは収入的な問題で女性も余裕があれば是非、がん保険に加入したいと検討している方が多いのも実情です。

肺がんの次に男性がかかりやすいのが 胃がんです。これも社会的なストレスなどが関係しているためがんで死亡する男性が増えている要因となります。男性の3位 が大腸がんです。食品にも放射能の濃度が高い食品などを食べないように注意する必要があります。

また、男性に多いのが前立腺がんです。前立腺癌は癌死亡者の約4%となり、、罹患者数は7万8000人と、国内の男性に最も多いがんの一つです。食生活が原因の一つとも言われていて日本だけでなく米国人の男性もがんに罹る方の20%がこの前立腺癌に罹っているようですが、癌の中でも最も進行性が遅いだけ、生存率は高いようです。近年男性に増えているがんで高脂肪な食生活は前立腺癌のリスクにつながるため高いコレステロールが要因でもあります。

男女がんの種類においての性差はある?

がんの性差は大きく分かれ、また男の場合、女の場合でかかりやすい部位も異なります。男女がんの種類においての性差はがんになりやすい部位が大きく異なります。胃の部位においては男女を比較すると男性のほうが2倍以上も高く気管や気管支、肺においても男性のほうが女性よりも2倍以上かかりやすく、男女差はあります。乳がんに関しては女性が40人かかっても男性でかかる人は0人で、甲状腺も女性のほうが多く男性はかかりにくい部位もあります。このようなかかりやすいがんは生活習慣が大きく影響していると考えられます。

がん保険も、喉や食道のがんはアルコール摂取習慣、上部消化管、気管支や肺で性差と死亡率も異なることから今ではがん保険も女性向けのがん保険などもあり罹患者数と死亡者数を比較したときに男女比を見ると年齢・年代 別でも異なります。このことからがん保険も様々なプランがあります。

支払ってく保険料金が返還される保険で低解約返戻金型保険ならば安心して支払い続けれてまた積立貯蓄が可能な低解約返戻金型保険などもあり解約しないならば料金的にもお得な商品もあります。

女性のがん患者の死亡率は「乳がん、胃がん、子宮がん」となっていますが、女性のケースでは早期の発見で治癒することが可能ながんが多いようです

乳がんは特に20~40歳代で発症するケースが急増しています。50歳代の女性ではがんに罹る三分の一以上の人が乳がんです。乳がんは、動物性脂肪のとりすぎで高いコレステロールが原因ともいわれています。野菜・果物不足などもがんに罹りやすい要因となります。また肥満や運動不足などもリスクが高まるようです。できるだけ定期的な運動を毎日継続しながら、食生活を正すことでリスクも解消することが出来ます。女性に多いがんは生活習慣を改善するだけで予防することが出来ると言われています。

その他にも子宮がんも低年齢化が進み特に20代の女性でも罹りやすいがんと認定されています。不正出血やおりものの異常、下腹部痛などの諸症状があり、女性ならではのがんでもあります。ヒトパピローマウイルス(HPV)と呼ばれるウィルスもがんの病原菌です。性交渉によって感染したりするので女性は注意が必要です。子宮頸がんを発症する原因でもあります。最近は女性用に手厚い保証内容のがん保険も多くリリースしているので、加入していれば何かと便利で安心です。

まとめ

男女ともがんに罹りやすいが異なることから女性用の保険なども生まれるほどです。

男性は胃がん、大腸がん、肺がんの発症率高く、性は乳房がん、大腸がん、胃がんが多いことが分かりました。そして男性の死亡率で一番高いのが肺がんです。健康管理をしていても心配な方はがん保険に加入しておくことをおすすめします。がんは転移の可能性もあるのでどちらにしても早期の発見で、保険で対応できるので加入していれば死亡率も低くなります。

保険商品をうまく活用するためには、保険のプロに相談するのが最も確実な近道であるといえます。 特にがん保険は人気があったり加入率が高いからといって安心とは言えず、個人の事情や最新のがん治療の状況に基づいた判断をする必要があるので専門家への相談はかかせません。
当サイトでは大企業に在籍する保険相談員による無料保険相談を承っています。 ご希望のエリアのカフェに伺う事も可能なので 興味のあるかたは下記フォームからお申込みください♪

無料保険相談はいかがですか?

「記事を読んでも、よく分からない」「実際に、保険のプロに聞いてみたい」そんな時は、保険サミットの無料保険相談サービスをどうぞ。 弊社の紹介する保険のプロが、こちらから最寄りのカフェまで伺います。 もちろん、その場で契約を迫られるような事はありません。是非、お気軽にお申込みください。