がん保険-掛け捨てと積み立て貯蓄のメリット、デメリット

がん保険、貯蓄か掛け捨ての比較

この記事の内容をざっくり言うと

  • がん保険には掛け捨てと積み立て貯蓄が存在し、それぞれメリットデメリットを踏まえて活用することが好ましい
  • 保険料が高いが返戻金が存在する積み立て貯蓄型、保険料が安く加入しやすいが給付金以外にお金がかえってこない掛け捨て型。それぞれの特性と自身が何歳まで保障を受けたいのかをしっかりと検討する必要がある。

 

掛け捨てと積み立て貯蓄型

保険は支払った保険料が返還されない掛け捨て型保険、また手厚い保険内容で保険料が戻ってくる積み立て型・貯蓄型に分かれます。

掛け捨て型の保険は、そのまま支払っている保険料は保険金や給付金が下りない限り保険料が戻りません。

支払ったお金はがんにかかっていないようならば毎月支払っている保険料は戻らない保険ですが、掛け捨て型の特徴として満期の際や解約返戻金もないのですが、保険料が安く掛け捨て型は加入しやすいのが特徴です。

生命保険でも、定期保険も掛け捨て型の保険になります。また逓減定期保険などのプランも掛け捨て型になります。

積み立て型・貯蓄型の保険とは

積み立て型・貯蓄型の保険の特徴は掛け捨て型と異なりその多くが一定の満期保険金もあり、また解約返戻金も保険に含まれています。保険を利用していない際には支払っていたお金の一部が返金されます。

支払った保険以上のお金が返金されるプランもあり資産運用としてもお金を積み立てることが可能です。

終身型の保険でも加入でき、定期型の保険でも積み立て型・貯蓄型を用意している保険会社も多いのですが、具体的な割合は保険会社によって異なるので加入前に確認しておきましょう。

掛け捨てと比較した場合の積立貯蓄のメリット・デメリットも気になりますよね。

がん保険は掛け捨て型と貯蓄型を選択することができますが、

掛け捨て型は少ない保険料の支払いでよいので毎月の支払いにおける負担が少ないのがメリット

掛け捨て型は「掛け捨て」は保険料を支払っていても、保険金が返金されないのはデメリット

といえます。

さらに掛け捨て型は満期金も受け取ることはできないのもデメリットと言えます。

掛け捨て型はデメリットが目立ちますが、がんを罹患した際のみに保険金を受け取ることができ、しかし、近年のがん保険の商品はその多くが掛け捨て型で保険料が安く負担が少ない、また安心が買えるからそれでよいと考える加入者が多くなっています。

掛け捨て型と貯蓄型の大きな違いは掛け捨て型は支払った保険料が戻らない事、しかし掛け捨て型は貯蓄型と比較すると保険料が安いという言葉でまとめられます。

貯蓄型は 解約しても保険料が返ってくる貯蓄型もあるので無駄にお金を払いたくない方にはお勧めのプランです。保険料が高いため毎月の保険料が高いが、後々、損をしない保険が貯蓄型です。

支払う料金を無駄にしたくない方は貯蓄型が向いているでしょう。

貯蓄型の保険は 終身保険です。終身保険は解約払戻金をためていく仕組みなので気づいた時には支払ったお金を徐々に貯蓄していくような保険です。

最近は掛け捨て型ならば、だれでも加入できるように安く加入できるプランを提供している保険会社も増えてきました。SBI損保のがん保険、定期保険は30代の男性でもリーズナブルな600円と価格も安い定期保険もあり保険の対応によっては保険料がグンと安くなる保険も増えてきました。そのため少ない資金で保険に加入できても治療費を全額補償、また放射線治療を無制限に保障している、入院通院においてお金を支給している保険会社など、保障内容は様々です。一時金100万円がついた保険商品もあります。

保障+貯蓄の料金となりますので、保険料が高くなります。またポイントとして押さえておきたいのが解約返戻金は「貯蓄」部分に身しか返金されないので、保証分は頬兼会社に支払うことになります。貯蓄型の保険中には、掛け捨て型と比べると10 倍以上も保険料が高いプランなどもあるようです。資産をがん保険で運用しようと思ってもそれなりの長期での期間支払い続ける必要もあります。また保険料的に比較しても掛け捨て型は安い保険料で加入できる分、若者向けの保険と言えます。貯蓄型は余裕がある中年層以上の加入者が多いようです。

がん保険の保障はいつまでにすべきか

まず、加入する前に保障期間について把握しておきましょう。

がん保険に契約してから3か月間は待機期間といって、契約が完了しても、保障を受けることはできません。保障期間内になってはじめて契約通りに保障されることになります。「免責期間」や「不填補期間」も同じようににがんになっても保険金は下りないのです。

次に何歳までがん保険が必要なのかを検討する必要があります。

安心を買うために加入するわけですが、多くの方が年金をもらい始める年齢である65歳くらいまでの間が一番不安を感じると言われています。65歳を超えるような高齢となると高齢者医療制度が充実していたり、子供も自立していることが多く、貯蓄もある程度はたまっているのでがん保険に入る必要性は少しずつ減ってきます。

またがん保険の特徴としてガン保険は年齢が上がるほど掛け金が高くなります。

保険期間は多くの加入者が定年に定めて支払いをする加入者が多く(60歳満了や65歳満了の期間が多い、またご夫婦のケースでは妻が65歳になる年まで保険から給付を受けられるようにしたり、がん保険の保障期間は、今は、定年後10年くらい保障できるようにしたり、支払う期間によっても異なります。

掛け捨て型の保険ならば、毎度の支払い金額もかなり安い保険プランなどもあるので保険次第でもあります。ただし仮に保険期間を延長し65歳よりも高年齢なプランの場合には保険料は上がる傾向にあります。

保険期間が終身の保険もあれば、15年と期間が決まっている保険もあり、また放射線治療、骨髄移植術の保障なども付帯している保険もあり保険に含まれるサービスは各保険会社によって異なるのでどれを選んだら良いか悩みますが、上記した通り一般的には65歳くらいまでが一つの目安となります。
しかし、ご家庭ごとに必要な保障は異なるため保険期間はいつまでにすべきか?は加入者の収入、経済的な面次第で判断をするべきでしょう。

まとめ

がん保険は保険料が返還されない掛け捨て型、また保険料が戻ってくる積み立て型・貯蓄型のどちらかを選択することができます。

・掛け捨ての保険は給付金が下りない限り保険料は戻らないかわりに支払いが安く、加入がしやすい。

・貯蓄型は毎月の保険料が高くなるが将来的に支払った保険料が戻ってくる。

これらの特徴と「何歳まで加入するのか」を踏まえたうえでご自身の生活の中でどれだけの額をがん保険料として支払いをしていくかをしっかりと考えたうえで加入を検討してください。

 

保険商品をうまく活用するためには、保険のプロに相談するのが最も確実な近道であるといえます。 当サイトでは大企業に在籍する保険相談員による無料保険相談を承っています。 ご希望のエリアのカフェに伺う事も可能なので 興味のあるかたは下記フォームからお申込みください♪

無料保険相談はいかがですか?

「記事を読んでも、よく分からない」「実際に、保険のプロに聞いてみたい」そんな時は、保険サミットの無料保険相談サービスをどうぞ。 弊社の紹介する保険のプロが、こちらから最寄りのカフェまで伺います。 もちろん、その場で契約を迫られるような事はありません。是非、お気軽にお申込みください。