女性向け!医療保険のおすすめの選び方【口コミ付】

ライフステージごとに女性の医療保険を考える

この記事の内容をざっくり言うと・・・

  • 女性は性別特有の病気のリスクやライフステージによる保障の重要性が男性よりも異なるため、
    将来を見据えたうえで現在必要な保障を考えることが重要

「ある日突然私が倒れたら・・・」そんなもしもについてシミュレーションしたことはありますか?もしもあなたが倒れたら、病気に対する不安のみならず、生活、仕事、家事に育児・・・さまざまな心配が家族全員に生まれます。

特に女性は「私は元気だから」と自分の健康状態を過信しがち。でもいつなにが起こるかわからないのは、みんな同じです。自分にとって、家族にとって、不安を最小限に抑えるためにも「医療保険」をよく理解しておきましょう。

医療保険は女性にとってなぜ必要なのか?

医療保険とは、怪我や入院の際の保障をしてくれる保険です。一般的な生命保険に加入されている方であれば、「特約」と言う形で入金給付金や手術給付金がつけられている場合がほとんどです。

逆に言えば、生命保険に加入していない方は、怪我や病気で通院や入院をした場合に十分な保障が無い場合が多いのです。

実は女性にとって、この医療保険が大変重要で、その理由は男性に比べて女性特有の病気が多いからです。もちろん健康保険でカバーされるものも多いですが、例えば乳がんなどで乳房を切除しないとならなくなった場合に、よりよい乳房再建手術を受けることもできます。

終身医療保険と定期医療保険

医療保険にはいくつか種類がありますが、以下の二つに大きく分けられます。

・終身医療保険

・定期医療保険

「終身医療保険」は、同じ掛け金を払い続けることで一生涯同じ保障を受けられる保険であり、「定期医療保険」は、一定期間のみ保障が受けられる保険で、そのあとに期間を延長したい場合はそのときの状況によって掛け金が上がります。加入するタイミングが高齢になればなるほど保険料は高くなりますし、そもそも保険に入ること自体が難しくなります。そのため、保険を選ぶ際にはこうした観点を踏まえて選ぶようにしましょう。

なお、女性の場合は、女性特有の疾病を手厚く保障できる女性向け医療保険もあります。子宮がんや乳がんは、決して珍しい病気ではありません。「自分は大丈夫」などといったような安易な判断は禁物です。

掛け捨てと貯蓄型

医療保険には「掛け捨て」と「貯蓄型」の二種類があります。

掛け捨て保険のメリットは、同じ保障内容に対しての掛け金が、貯蓄型に比べてかなり安いことです。解約返戻金等の戻りが一切無いため、毎月の負担が抑えられ、純粋に万一のときの保障となります。

一方で、貯蓄型保険は、契約年数に応じて解約時にお金が戻る保険です。また、2年ごとや3年ごとに一時金としてボーナスがもらえるものもあります。このため、保障のみの掛け捨てタイプより掛け金が高くなります。

支払った保険料を無駄にしたくないかたや、税金の控除額を増やしたいかたには貯蓄型が適しているといえるでしょう。

独身女性・既婚女性で医療保険の選び方は変わる?

結婚していても、結婚していなくても、病気になったときの大変さは変わらないのですが、保障の内容については、「何が必要であり」「不要であるか」を検討しておくことが大切です。

独身女性の場合の医療保険の選び方

例えば、経済的に独立している独身女性が急に怪我や病気で倒れた場合は、仕事を休んでいる間の身の回りのことも考えなくてはなりません。健康保険に入っていれば傷病手当も出ますし、高額療養費もあるので、家賃などの最低限の必要事項には対応できるかもしれませんが、それでも突発的な事柄に対しては、思いがけない出費も生じます。

治療費のみならず、ペットを飼っていれば、ペットホテル代も必要になってくるかもしれません。社会保険ではなく国民健康保険の加入者にいたっては、傷病手当金などの保障はありません。いざと言うときに自分が不安にならないで済むしっかりとした保障を自分で確保しておくことが重要です。

既婚女性の場合の医療保険の選び方

一方で既婚女性の場合は、留守の間のことは配偶者や子どもに頼めることも多いと思います。ただ、普段から家事を上手にシェアしておけば大きな問題も無いですが、料理も洗濯も掃除も自分。そんな女性が倒れた場合に家の中はごった返します。

食事は外食かテイクアウト、お惣菜がメインになると食費もかさみます。食費以外でも予定外の出費は増えるはずです。そうなるとやはり、療養費などは保障でしっかりと対応できるように備えておくことが望ましいでしょう。

年代別(20代、30代、40代)のおすすめの医療保険の選び方は?

保険に対する意識は、年代によっても大きく異なり、若い方ほど、保険に対する意識が薄い傾向にあります。それは歳を取るごとに病気しやすくなるということを考えたら当然のことです。ただ、医療保険に加入するしないに関わらず、事前に検討しておくことは重要です。そこで、年代別にどのような観点で保険を選ぶべきなのか、ご紹介していきます。

20代女性の場合

20代の女性は、いざというときの備えに対する意識が低いのですが、保険をかけることで税金控除があったり、貯蓄型であれば将来的な貯蓄になったりのメリットがあります。また、何よりも、若いうちに保険に加入することで毎月に掛け金もグッと安くなるため、負担も少なくて済みます。このため、保障内容をかなり充実させやすくなります。

30代女性の場合

30代になると、ホルモンバランスが変わってきて、身体の不調を感じてくる方も増えてきます。そうなると、保障に対する必要性を感じ始めてくることでしょう。しかし、実際に自分が不調になってしまってからだと、目的の保障を得られる保険に加入できないという事態にもなりかねません。30代であればまだ、保険料金もそこまで高くはなりませんので、自分と向き合い、本当に必要な保障を選びましょう。

40代女性

40代に入ると、さらに身体の不調を感じやすくなってきます。もちろん、定期的にがん検診に通うなどの自己管理も必須になってきます。ただし、この年代になるとお子さんがいる場合も多く、お金もかかります。そのような場合には、割り切って掛け捨ての保険を検討してみましょう。掛け捨てのメリットは、安い保険料でいざというときの保障が受けられることです。

ここまでライフステージごとの医療保険の必要性についてみてきました。
既婚・未婚、年代という観点に加えてお子様が生まれた際にお子様と医療保険をどのように考えるかどうかをしっかりと認識しておくことも重要な事の一つであるといえます。
お子様と医療保険については下記の記事を参考にして頂ければ幸いです。

子供を医療保険に入れるメリット・デメリット【口コミ付】

医療保険に加入した女性の口コミをご紹介

ここまで女性に関する医療保険について一般論をお話をしてきましたが、ここからは実際に医療保険に加入している女性の口コミを見ていきましょう。

結婚を機に、妊娠を望んでいたので加入しました。妊娠は何が起こるかわからないと思っていたので、女性特有のものがついたコースにしました。実際に出産の際、緊急帝王切開になりました。思っていたよりもかなりのお金がおり、最終的にとてもプラスになり助かりました。(20代女性・既婚・子供あり)

私は女性特有の病気やがんに手厚い医療保険に加入しました。特に家族や親族にがんになった人がいて、遺伝が不安に思う人にはオススメです。そうでなくても女性特有の病気にかかるリスクは誰しもにあるので、普通の生命保険に入るよりも更に安心感があると思います。今の保険プランは月々の保険料もお手頃で一生涯保障してくれるプランなので、家計を圧迫することもないと思います。なので、将来のためにまだ若い女性こそ入った方が良いと思います。(20代女性・既婚・子供なし)

結婚すると女性よりも男性の方が保険の内容を手厚くする傾向にあると思いますが、女性も何があるかわからないです。特に母親が入院すると家庭は大変になるので、女性でもきちんと保険に入るべきだと思います。私の加入している保険は、入院、手術給付はもちろん、健康保険の範囲外である先進医療も保障してもらえ、保障内容が手厚いです。また保険料も加入時のまま変わることがなく、生涯に渡って保障してもらえるのでとても安心できます。(30代女性・既婚・子供あり)

専業主婦で収入もない中での保険選びを色々と悩みました。収入がないので死亡保険金はなしにしました。その分掛け金も抑えられるので。その代わりに女性特有の病気での手術や入院などの保障を充実させました。終身保険で65歳で払い込み終了で老後の病気や入院でも安心して暮らせるとおもいます。(40代女性・既婚・子供あり)

最近周りで病気にかかる人や亡くなる方が多かったので、いつ自分も同じようになるかわからないので医療保険に加入しておこうと思いました。私が加入した医療保険は1つ入っていると総合的に対応してくれる保険です。女性特有の制度もあるので、帝王切開などにも幅広く対応してくれます。まだ20代で若いから保険のことはあまり考えないのが普通だとは思いますが、いつ何があるかは誰もわかりません。私は結婚もしていますので、病気にかかった時に保険に加入していないと医療費などパートナーの負担になると思います。少しでもパートナーの負担を減らす為にも自分のためというより相手のためを考えて入った方がいいと思います。(20代女性・既婚・子供なし)

子供をこれから産むに当たって、怪我した時や病気なった時の保障が欲しかったため、医療保険に加入しました。医療保険には絶対に加入した方がいいと思います。今若い方でも癌になったりと言った病気も増えていますし、子供がいるならなおさら、もしもの時のことを考えて入っておかないと、収入が無くなってなおかつ、病院代を払うとなるとかなりキツイと思うからです。そうなったら子供にも迷惑がかかりますしね。歳いってから入るより、若い時に入っておけば、保険料も安く抑えられると思います。何事も入っておけば万が一の時にも安心だと思います。(20代女性・既婚・子供あり)

年代、結婚有無、子供有無など様々なパターンで異なる意見が出てきていることがわかりますね。
ご自身のライフプランを鑑みたうえで、しっかりと自身にあったものに加入する必要性が高いことがわかるかと思います。

まとめ

女性は何かと自分のことを後回しにする傾向にあり、保険も然りです。何かあったときに、「医療費がかかるから」と治療を後回しにしてしまう人が多いのも現状です。そして、それによって取り返しのつかないほど病気が進行してしまう場合もあるのです。

掛け捨て・貯蓄型に関わらず、保険に対して「お金のムダ」と言う思い込みを捨て、自分と家族のためによりよい保障を手に入れ、いざと言うときに「生きる」選択ができるように備えておきましょう。

実際に体調を崩すなどの場面がないと保険を真剣に加入する機会はおろか、学習する機会もないかと思います。
当サイトでは、保険加入を真剣に考えている人はもちろん、まだ加入する気はないがまずはどのようなものがあるのかを認識したいかた向けに大手企業に在籍する保険相談員への相談を【無料で】提供しております。
興味のあるかたは下記フォームから申込をお待ちしております♪

無料保険相談はいかがですか?

「記事を読んでも、よく分からない」「実際に、保険のプロに聞いてみたい」そんな時は、保険サミットの無料保険相談サービスをどうぞ。 弊社の紹介する保険のプロが、こちらから最寄りのカフェまで伺います。 もちろん、その場で契約を迫られるような事はありません。是非、お気軽にお申込みください。