日本生命の医療保険の特徴と口コミ・評判は?

日本生命の医療保険の特徴と口コミ

この記事の内容をざっくり言うと・・・

  • 日本生命の医療保険の特徴を口コミを交えて書いている記事です。

医療保険は、病やケガした時の手術・入院費用をサポートする保険商品です。医療保険は保険各社により様々な商品が登場し選択の幅も広がっています。この記事では、その保険会社の一つである日本生命の医療保険について説明します。

日本生命の医療保険とは?

日本生命は1889年に創業した生命保険会社です。歴史が長く、保険商品の開発のノウハウ及び保険商品の売り上げなど、輝かしい業績を持っています。

日本生命の医療保険は、保険商品である「みらいのカタチ」という大枠の中で、自分の望む保険商品と組み合わせて契約するという方式をとっています。

「みらいのカタチ」の保険内容は大きく分けて4つあり、

①重い病気や介護等のリスクに対応する保障保険

②医療保険

③死亡保険

④年金保険、養老保険

があります。

これらの保険に加え、計12種類の保険商品を選んで契約することができます。

医療保険は「総合医療保険」「がん医療保険」「特定損傷保険」の3つが「みらいのカタチ」内で自由に組み合わせることのできる保険商品です。他に日本生命はアクサ生命と提携し、持病や既往症のある保険加入希望者を対象にした終身医療保険も提供しています。

日本生命の医療保険の特徴は?

総合医療保険

「総合医療保険」の特徴は、保険期間について有期または終身を選択でき、1回の入院による入院給付金(日額)を支払う日数の上限の内、「62日型」または「124日型」を選べるところにあります。

「入院療養給付金あり型」を選ぶと、1泊2日以上の入院に対して、入院給付日額の5倍の入院療養給付金が支払われます。他、「特定疾病」や「女性特定疾病」の特約を付加した場合に、入院給付金の上乗せ保障ができる場合や、三大疾病等になった場合、一定の条件により保険料の払い込みが免除される「保険料払込免除特約」を付加することもできます。

なお、総合医療保険は単品で契約を結ぶことができます。

がん医療保険

「がん医療保険」は、保険期間について有期または終身を選択でき、がんによる入院日数が無制限で保障されます。公的医療保険制度の対象となる先進医療を含めた手術等を受けると、手術給付金等を受け取ることができます。こちらも「保険料払込免除特約」を付加することができます。

ただし、がん医療保険は他の保険商品と組み合わせて契約する必要があります。

特定損傷保険

最後に「特定損傷保険」は、不慮の事故やスポーツ中の事故で骨折、骨のひび、関節の脱臼、腱の断裂の治療を行った場合に、一時金(5万円または10万円)を受け取ることができる保険です。受け取る一時金の額は加入の時に選びます。一時金の受け取りは10回まで保障されます。こちらも「保険料払込免除特約」を付加することができます。

ただし、がん医療保険と同様に他の保険商品と組み合わせて契約をしなければなりません。

日本生命の医療保険に加入した人の口コミ

保険内容が申し分ないと言える日本生命の医療保険ですが、実際に加入中の方はどのような意見を持っているのでしょうか?今回日本生命の医療保険に加入している方にアンケート調査を実施いたしました。

——

男性20代/既婚(子供あり)/加入中

・日本生命を選んだ理由

結婚を期に生命保険に加入するということで色んな保険会社をまわりました。その中で日本生命は料金と保障、契約更新期間の長さが決め手となり選びました。

・口コミ

私は20歳代後半の男性ですが多くは更新期間が10年という中で、日本生命のこのプランでは更新期間が20年と他社の倍の期間もうけてくれているので安心しています。さらにその期間の間、料金も変わらないので家計への負担もすくなくすんでいるのでありがたいです。また保険の払い始めを早い段階で始めたのでひと月当たりの支払い額もそこまで高くなく、契約終了後の再契約も普通よりは割安で再びはじめられることもおススメです。

女性20代/既婚(子供あり)/加入中

・日本生命を選んだ理由

定期や終身と選べて、入院する時の日額も1,000円単位で金額を選ぶ事ができるからです。それに一泊二日の入院でも1週間分保険金がおりるからです。

・口コミ

定期型と終身型と選べるのと、一泊二日の入院でも1週間分の保険金がおりるので少しの入院でも医療費の負担がかなり少なくなると思います。それに、14,000円まで健康診断等の証明がなくても1,000円刻みで入院日額が選べるところがいいと思います。女性特定疾病に加入しておけば、出産の時に帝王切開等の手術をうけたりすると入院日額が倍でるので女性の方にはとても優しい保険だと思います。保険料は外資のものと比べると割高ですが、安心できる保険だからわたしはおすすめします。

女性20代/既婚(子供なし)/加入中

・日本生命を選んだ理由

以前加入していた保険ではカバーできなかった日帰りの手術などにも対応していて、また料金が抑えられたためこの保険を選びました。

・口コミ

以前加入していた保険は死亡保険が1,000万円以上もついていましたが、主婦の私にとっては多すぎる気がしていました。またその分保険料も高いとも感じていました。この保険では、自分が一番不安だったガンの保障が手厚く、保証内容もしっかりしています。また日帰りの手術などでも給付金を受け取る事ができるのも魅力です。私自身、できものを取る日帰り手術で25,000円の給付金を受け取る事ができました。主婦の方や学生の方など、必要な保障を備えたい方にオススメの保険です。

女性20代/既婚(子供なし)/加入中

・日本生命を選んだ理由

結婚してから生命保険に加入していなく、私の家系がガン家系なのもあり、ニッセイの職員さんと相談して選びました。

・口コミ

私は他に生命保険に加入していなくて、いつも入ろう入ろうと思っていたんですが、ずっと引き伸ばしていました。他の安い生命保険会社さんも検討したのですが、やっぱり日本生命さんの方が安心だろうと思い決めました。ガンなど、重い病気にかかった場合、ニッセイさんに連絡をしたら、ニッセイさんの方で病院を探して予約までしてもらえるというのにも加入しました。まだ20代ですが、なにがあるかわからないし、安心だなと思いました。

女性20代/既婚(子供なし)/加入中

・日本生命を選んだ理由

知り合いに働いている方がいたので、何も知らない所のよりは知り合いがいる方が安心出来るかなと思ったからです。

・口コミ

私が加入した医療保険は1つ入っていると総合的に対応してくれる保険です。女性特有の制度もあるので、帝王切開などにも幅広く対応してくれます。まだ20代で若いから保険のことはあまり考えないのが普通だとは思いますが。いつ何があるかは誰もわかりません。特に結婚もしていますので、病気にかかった時に保険に加入していないと医療費などパートナーの負担に絶対なると思います。少しでもパートナーの負担を減らす為にも自分のためというより相手のためを考えて入った方がいいと思います。

女性20代/既婚(子供あり)/加入中

・日本生命を選んだ理由

出産することになったのでもしも手術になったときにお金がおりるようにしたかった。

・口コミ

保険料が高すぎます。今は共済など安いものがあるので若いうちはそちらを利用するのがいいと思います。掛け捨てのものをかけているのでそれももったいないと最近は感じます。掛け捨てだからこそ何かあった時にしっかりとした保障がつきますが、若いうちはほとんど何も無いので。と言いながら何かあったら困るのでずっとこのままの状態になっています。出産で入院した時は60万ほど出たので、この時はとても有難かったです。入っててよかったとは思いましたが、お金儲けのために入ってる訳では無いので、自分の生活に見合ったものが一番だと思います。

女性30代/既婚(子供あり)/加入中

・日本生命を選んだ理由

大手企業なので、倒産の心配も低く、女性特有の病気(子宮頸がんなど)の保障もあり、しっかりしているかなぁと思ったので。

・口コミ

大手企業なので、倒産の心配などは低く安心ですが、保険料が高く感じます。また、営業の方も自宅に来るたびに何か持ってきてくださるので、保険に入らなくてはと思ってしまいます。コープ共済や県民共済など、同じような保障内容で、もっと安いところもあるので、そちらのほうがいいのでは・・・と思います。日本生命のものは、けがの通院では保険はおりませんが、コープ共済ではけがの通院でもおりるので、そういったほうが使い勝手がいいような気がします。

日本生命の医療保険は、①契約更新期間が長く、契約終了後の再契約も割安で、②1000円刻みで入院日額が出ること、③手術給付金も充実していて、④保険加入後のサポートも安心して受けられ、⑤女性特有の制度もあり幅広く対応してくれる点が、評価がされている傾向にありました。

その一方で、保険料の高さについてネガティブな意見を持っている方もいらっしゃいました。若いうちは、健康な方であるなら重い病気にかかることはまずありません。また、同じような保障内容でも、もっと安い共済があるという指摘もありました。

まとめ

この記事では日本生命の医療保険に関して口コミを含めて紹介してきました。この記事で紹介した情報を踏まえた上で、ご自分の健康状態や、家庭の状況、経済状態、将来の予測等を見据え、よりご自分の希望・状況に沿った保険会社および保険商品を選択するようにしましょう。

保険の加入にあたっては様々な会社がある中で、加入先の検討は手間がかかるものであると言えますが、少なくとも2社以上の保険会社の話を聞き、しっかりと自身のニーズに照らし合わせたうえで加入の判断をするのが最適であると言えます。 当サイトでは大手企業在籍の保険相談員を無料でご紹介しておりますので、貴方の保険検討の一助としてご活用を頂ければ幸いです。ご興味のあるかたはサイト下部のフォームよりお問い合わせをお待ちしております。

無料保険相談はいかがですか?

「記事を読んでも、よく分からない」「実際に、保険のプロに聞いてみたい」そんな時は、保険サミットの無料保険相談サービスをどうぞ。 弊社の紹介する保険のプロが、こちらから最寄りのカフェまで伺います。 もちろん、その場で契約を迫られるような事はありません。是非、お気軽にお申込みください。