21.医療保険は何歳から加入できる?おすすめの時期は?

医療保険はいつ入るのがおすすめ?

この記事の内容をざっくり言うと・・・

  • 医療保険は子供のときに加入しておくのがオススメ

万が一病気などになった時に加入していると嬉しい医療保険。この記事は医療保険の加入を検討している方に、何歳から加入することができるのか、またおすすめの加入のタイミングについて、ご紹介します。

医療保険は0歳からでも加入可能

個人が加入する保険には様々なものがあります。命を落とした時に遺族が受けることができる生命保険や、がんなどの特定の病気になった時に保険料をもらえる保険もあります。

その中でも、比較的多くの人が恩恵を受けることができるのが医療保険です。入院や長期の治療などによって、かさんでしまった医療費に対して保険料を受けることができます。

この医療保険、実のところ年齢制限というのはほとんどありません。保険の種類や保険会社の保険商品によって違いがあるものの、0歳3か月から加入をすることができる医療保険も存在しています。そのため、生まれた子供のためにできるだけ早く医療保険に加入するという事も可能なのです。

何歳まで加入するのがベストか?

「医療保険への加入は何歳までに加入するほうが良いのかわからない」という人は非常に多いです。もし自身が親であり、子供さんがいる場合、余裕があるのであれば子供のうちに加入したほうが良いでしょう。また、自身がまだ保険に加入していないのであれば、できるだけ若いうちに加入するほうが良いでしょう。

年齢を重ねていくほど、医療保険の保険料が高くなります。若い年代に比べて、払込年数が短くなるものの、月々の負担がかなり大きくなります。また、場合によっては何らかの病気になってしまうこともあるかもしれません。病気によっては、部分不担保設定をされる可能性があります。健康な時に加入していたのであれば、もらえたはずの保険料を受け取ることができなくなるので、そのような病気になる前に加入することをおすすめします。

必ずしも0歳から加入する必要はない

ただ、生まれてすぐ医療保険への加入が必要かというと、必ずしもそうとは言えません。

子どもが小さいうちは、地域自治体の医療助成制度が存在します。医療助成制度により、子供の医療費負担が軽くなったり、負担をする必要がなくなったりします。これらの制度は、お住まいの地域によって違います。年齢制限があったり、全額助成や一部助成があったりなどの違いがあります。一度、市役所などに調べてみるようにしましょう。子どもの病気による想定できる医療費と、負担する医療保険を勘案して、何歳から医療保険に加入するほうが良いのか、検討してみるとよいでしょう。

子供のうちに加入をするメリット

ここでは、子供が小さいうちに医療保険に加入するメリットについてご紹介します。

部位不担保になる可能性が低い

医療保険への加入年齢が若ければ若いほど、病気によって部位不担保になる可能性が低くなります。

トータルコストが安くなる可能性がある

若いうちに医療保険の加入をすると、何十年も保険料を支払っていく必要があります。しかし、月々の支払保険料は、かなり安くなります。また、終身医療保険で70歳まで払い込みが必要であった場合、10歳で加入するのと35歳で加入するのとでは、トータルで50万円近く保険料が変わるケースもあります。長期間の払い込みが必ずしもマイナスにはならないため、一度試算をしてみるとよいでしょう。

まとめ

医療保険は、0歳からでも加入することができる保険です。万が一のリスクに備えて、子供のうちから加入しておいてもいいかもしれません。ただ、自治体の医療助成制度などを勘案して、どのタイミングで加入するほうが良いのか判断するようにしましょう。

保険の加入にあたっては様々な会社がある中で、加入先の検討は手間がかかるものであると言えますが、少なくとも2社以上の保険会社の話を聞き、しっかりと自身のニーズに照らし合わせたうえで加入の判断をするのが最適であると言えます。 当サイトでは大手企業在籍の保険相談員を無料でご紹介しておりますので、貴方の保険検討の一助としてご活用を頂ければ幸いです。ご興味のあるかたはサイト下部のフォームよりお問い合わせをお待ちしております。

無料保険相談はいかがですか?

「記事を読んでも、よく分からない」「実際に、保険のプロに聞いてみたい」そんな時は、保険サミットの無料保険相談サービスをどうぞ。 弊社の紹介する保険のプロが、こちらから最寄りのカフェまで伺います。 もちろん、その場で契約を迫られるような事はありません。是非、お気軽にお申込みください。