口コミから見る、赤ちゃん向け医療保険の必要性・メリットとは?

赤ちゃんに医療保険は必要?実際の口コミはどうなの?

この記事の内容をざっくり言うと・・・

  • 赤ちゃん向けの医療保険の必要性や実際の口コミを書いている記事です

赤ちゃんが産まれることは非常に喜ばしいことですよね。特に子育てが初めてというパパ・ママにとっての子育ては期待と不安が同じくらい大きいのではないでしょうか。今回は「産まれた赤ちゃんを医療保険に加入させた方がいいの?」と悩むパパママ向けに、赤ちゃんに対する医療保険の特徴や、実際に子供を加入させている親の口コミを交えてご紹介していきます。

 赤ちゃんはいつから医療保険に入れる?

赤ちゃんが加入できる医療保険は最近では多くなってきました。その多くが、生まれてすぐの数か月の時点で加入をすることができます。そのため、どうせ加入するのであればできるだけ早く加入したほうが良いとも言われています。

子供が加入できる医療保険のタイプ

赤ちゃんが加入することができる医療保険のタイプとしては、大きく分けて2つのタイプがあります。

・年齢制限があるものの掛金の安い医療保険

・本人が希望すればずっと継続することができる医療保険

年齢制限がある場合、多くは18歳までの保険であることが多いです。特に共済関係がこれにあたると言えるでしょう。々の掛金が安いけれども、入院給付金や手術共済金などの保障やケガの通院も手厚かったり、死亡や後遺症が残った時の保険金も高かったりするケースが多いです。

一方で、終身タイプの医療保険に加入すると、保険料が安いままで生涯加入し続けることができます。また、万が一18歳までに大きな病気になってしまったとしても、すでに加入しているので、部位不担保などのリスクを負う必要がなくなります。

赤ちゃんが医療保険に加入する必要は?

そもそも、赤ちゃんのうちに医療保険に加入する必要があるのか?と疑問に思う方もいるでしょう。なぜなら赤ちゃんや幼児のうちは、国や地方自治体による乳幼児医療助成制度などが存在するからです。実際のところ、この仕組みによって、医療費を大きく抑えることができたり、無料にできる自治体もあります。

医療保険の必要性の有無については、お住いのエリアの制度がどれだけ充実しているかをまず調べた上で判断するのがいいかもしれませんね。

赤ちゃんが医療保険に加入するメリット

赤ちゃんの時に医療保険に加入しておくメリットとしては、万が一のときにも安心という点です。保険適用外の手術などが必要になった時に、医療保険であればカバーできるケースがあります。そういった万が一の時に備えることができるのが医療保険です。

また生涯型の医療保険の場合、若くして加入すればするほど月々の負担は安くなります。生涯支払う保険料の総額は、安くなるわけではありませんが、子供が独り立ちした後以降の保険料を安く抑えてあげることができます。

医療保険に加入させた親の生の口コミをご紹介

赤ちゃんのうちに医療保険に加入した親御さんの口コミについてご紹介します。「子供の万が一のために加入している」というケースが多いようです。

 息子を3歳の時に加入させたパパ

人間である以上、いつ、どんな時に病気や怪我をするか分かりません。ですので、小さい子だからとかは関係なく何かが起きてしまう前に、元気な内に医療保険には加入させるのが1番だと思います。それから子供の頃から保険に加入しておくと、自分の子供が成人してから保険に加入する必要がなく、ずっと安い保険料で掛けていけると聞いたので、子供の内から加入させるのが1番いいと思います。

息子を0歳の時に加入させたママ

子供はケガや病気で入院することがよくあると思います。ほとんどが補助されますが、それで賄えない病気や付き添う家族の負担金は実費があるので、少しでもその時に役立つようにと医療保険に加入しています。私は、子供のためにというのももちろんですが、日々の積み立てが苦手なのでいざという時に保険があると安心だと感じるために加入しています。それぞれご家庭での考え方に沿って加入は考えられたら良いかと思います。

娘を0歳の時に加入させたママ

小さい時はよく入院をすると周りの友人から聞いていたし、あとあと病気が発覚したら保険に加入できない場合があったりするのでなるべく早めに加入しました。

娘を1歳の時に加入させたママ

やはり子供には怪我などがつきものだと思っているのでお守りのつもりで病気や怪我に備えたいと思い、加入しました。

息子を1歳の時に加入させたママ

うちの子は男の子なのでこれから活発に動くことになると思うし、危なっかしいと思い、なんとなく保険に入ろうと思いました。

 娘を1歳の時に加入させたママ

もし何かあった時に一括でお支払いすることになった時に経済的に大変だと思い保険加入を考えて、保険に入ることにしました。子供も人間なのでいつなん時なにがあるか分からないし、いざという時に、保険に入っていればお金に困ることもない。小さいうちから払っていた方が保険料も安く済むし、子供が将来病気にかかっても、安心して治療も受けることもできるし、その時に高いお金を払うこともなく生活に支障なく治療を受けることができるということ。特に女の子は結婚してから高い医療保険を払うのは大変。だから今のうちから入るのはいい事だと思います。

まとめ

赤ちゃんの医療保険は、生後15日から数ヶ月して特に異常がなければ加入できるものが多いです。万が一のことが起きた時の対策として、赤ちゃんが大人になった時に負担がかからないようにする備えとして、医療保険の加入を検討してみてはいかがでしょうか?

保険の加入に絶対的な正解はありません。ご自身の家庭の状況や考え、どのようなリスクに備えて安心感を得たいかどうかを考えることが最も重要であるといえます。
医療保険に限らず、生命保険、がん保険等についても同様です。
当サイトでは大手企業に在籍するライフプランニングのプロの相談を無料で提供しております。
保険の加入についてざっくらばらんに相談してみたいかたは下記フォームよりご相談申込をお待ちしております。

 

無料保険相談はいかがですか?

「記事を読んでも、よく分からない」「実際に、保険のプロに聞いてみたい」そんな時は、保険サミットの無料保険相談サービスをどうぞ。 弊社の紹介する保険のプロが、こちらから最寄りのカフェまで伺います。 もちろん、その場で契約を迫られるような事はありません。是非、お気軽にお申込みください。