定額?変額?個人年金保険の利率はどう考えればいいの?

個人年金保険は定額・変額でどのような違いがあるのか

ざっくり言うと・・・

  • 定額年金、変額年金はどちらが良い、悪いではなくそれぞれの違いを理解した上で自分に適した個人年金保険に加入することが大切。
  • 老後の生活設計のための貯蓄だと考えている人にとっては定額年金がおすすめ
  • 経済的な余裕があるので個人年金保険に加入をしようと考えている人には変額年金がおすすめ

老後の生活資金を確保するためには公的年金だけでは不安があり、個人年金保険加入することにより少しでも安心したいとお考えのかたは多いかと思います。

これまでもお話してきた通り、個人年金保険の検討に当たっては返戻率も非常に重要なポイントとなってきますが、契約時に将来の受取額が約束されているものと、保険会社によるお金の運用の結果将来受取る額が決定するものがあります。

上記はそれぞれ「定額年金」「変額年金」と呼ばれるものですが
本章では個人年金保険におけるこれらの違いについて具体的にお話をしていきます。

定額年金と変額年金の違いとは?

個人年金保険における定額年金と変額年金の違い

個人年金保険には定額年金と変額年金の2つの種類があり、それぞれの違いを理解した上で加入するべきです。もちろん、定額年金と変額年金にはメリット・デメリットがあるので自分のライフスタイルに合わせた選択が大切となります。

定額年金について

定額年金とは運用期間中は保険会社が運用の責任を持ち、運用の結果とは関係なく契約時に将来の受取金額が決定します。

※定額年金の中にも契約当初の予定利率が一定の期間ごとに見直されるタイプもあります。しかし、その場合でも年金額は最低保証があります。

また、定額年金は契約時に一括して保険料を支払う一時払いと毎月保険料を払うタイプ、年に一度保険料を払うタイプなど支払い方法も様々です。

現在の定額年金の主流は毎月保険料を払っていくタイプとなっており、もし年金受け取り前の運用期間中の段階で被保険者が死亡した場合には死亡給付金が支払われます。

この死亡給付金これまで支払った相当額が払い戻されるのが一般的です。

変額年金について

変額年金とは運用期間中は保険会社が運用して、その運用実績に応じて将来の受取金額が変動します。

つまり、変額年金の場合は将来の年金額が金利や為替などの変動に左右されることになります。

そのため、運用次第では払い込んだ保険料よりも多くの年金や一時金を受け取れる可能性がある一方、定額年金のように受け取れる年金額の最低保証がないので払い込んだ保険料よりも下回る可能性もあります。

変額年金は保険料を契約時に一括して支払う一時払いが主流です。

もし、年金受け取り前の運用期間中に被保険者が死亡した場合には死亡給付金が支払われることになっています。

この死亡給付金は運用成績に関係なく所定の条件のもとで死亡時点において払い込んだ保険料相当額を最低保証するタイプが多くなっています。

上記してきたような違いが定額年金と変額年金の違いですが、定額年金と変額年金の違いはメリットとデメリットの違いとも言い換えることができます。

どちらが良い、悪いではなくそれぞれの違いを理解した上で自分に適した個人年金保険に加入することが大切です。

そこで次はより具体的に定額年金と変額年金の比較や特徴を紹介していきます。

定額と変額の比較&特徴

定額?変額?具体的に比較をしていきます

上記の通り、個人年金保険を選択するときに定額年金と変額年金の比較と特徴を知り、自身のライフスタイルに合わせた個人年金保険を選ぶことが大切です。

運用利率

まずは定額年金と変額年金の運用利率を比較していきます。

定額年金の場合は運用利率は常に一定となります。(一定期間ごとに予定利率を見直されるタイプもあります。)

その一方で、変額年金は受取額が運用の結果によって変動します。

定額年金は運用利率が決まっているので将来の受取金額が確定しており、老後の生活設計や見通しが立てやすいメリットがあります。

変額年金は運用利率が変動するため受取金額も変動し計画を立てるのが難しいです。

しかし、運用によっては定額年金よりも多くの受取金額となる可能性もあります。安定しているのが定額年金なら、変額年金は投資信託に近いイメージとなります。

元本保証

元本保証についても定額年金と変動年金で違いがあります。

定額年金は受取金額が決まっており最低保証があるので元本割れを起こす心配はありません。
※ただし、定額年金の場合でも途中解約すると元本割れするリスクがあるので注意してください。

一方、変額年金は受取金額の最低保証はなく運用の結果によっては元本割れしてしまうというリスクがあります。

運用とリスク負担

運用方法についても定額年金と変動年金では大きな違いがあります。

定額年金は保険会社が一般勘定にて運用し、保険会社が運用の責任を持つことで将来の受取金額が確定します。そのため定額年金のリスク負担は保険会社にあります。

しかし、変動年金では株式や債券などの特別勘定にて運用されることになり、保険契約者が管理することになるのです。

そのため、変額年金の場合は保険契約者が特別勘定で運用を管理しているため、リスク負担も自己責任となります。

インフレ対応について

インフレに対応の側面においても定額年金と変動年金で違いがあります。

インフレへの対応が難しいのが定額年金であり、インフレへの対応が可能であるのが変動年金です。このインフレへのリスクについては次章で具体的な事例を交えて詳しく紹介します。

インフレリスクとの関係性

個人年金保険におけるリスクの考え方とは

個人年金保険においてインフレというリスクは避けては通れない道であり、インフレリスクも考えて個人年金保険を選ぶ必要があります。

まずは、インフレとはどのようなものであり、なぜ個人年金保険に影響を及ぼすのかを説明していきます。

インフレとは物価上昇のことであり、インフレの状態になるとお金の価値が下がっていきます。

インフレになる要因には下記の2点があげられます。

  • 好景気によりモノがよく売れることにより、需要が供給を上回りモノの値段が上がる
  • 賃金や原料の高騰によりモノの値段が上がる

このような状態になると現在支払っているお金の価値と年金として受け取るお金の価値が変わってしまいます。

つまり、額面的には同じだとしてもお金としての価値は大きく下がっている可能性があるのです。

例えば・・・

500万円の保険料を一括で払い込み、30年後60万円の年金を10年間で年金総額600万円を受け取れる個人年金保険に加入したとします。

このときの運用利回りは120%であり額面的には増えておりメリットがある保険だと思えます。

しかし、30年後の年金受取のときにはインフレによって現在よりも物価が1.5倍になっていたと仮定してみてください。

インフレ率が150%ということは、現在の500万円の商品・サービスを手に入れるために30年後には750万円が必要ということです。

今回の例では500万円の保険料の運用で600万円となるが、インフレによってお金の価値が下がっているので結果として損をしていることになります。

とくにインフレによるリスクを回避できないのが定額年金です。

定額年金のメリットとして、保険の契約のときに将来の受取金額が確定している点があげられますが、物価が大幅に上昇したときには受取金額が実質的に目減りしてしまい、インフレリスクに対処できないのです。

日本では1970年から2000年までの30年間に物価が平均で3倍(インフレ率300%)ほどになっているデータがあります。

(もちろん、当時は日本経済が高度成長期にあり、今後の日本の状況とはことなりますが・・・)

現在の日本では政府と日本銀行が年2%のインフレ目標を掲げている状態であるので、個人年金保険の検討の際にはインフレリスクも考慮に入れて契約を検討する必要があるのです。

一方で、インフレリスクを回避するためには変額年金は有効な手段であるといえます。

変額年金は株式や債券などの投資信託にとって運用するためインフレに強く、物価上昇が起きたとしても対応することができます。

そのため、変額年金はインフレリスクを軽減することができる個人年金保険なのです。

日本の将来がインフレになるのか、デフレになっていくのかは予想しかできません。そのため、インフレになったときのリスクやデフレになったときのリスクも考えて個人年金保険を検討するべきです。

結局どちらにするべきなのか?

定額か変額、結局どっちがいいのか

ここまでは個人年金保険の定額年金と変動年金の違いや特徴などを紹介してきましたが、定額年金と変動年金のどちらの個人年金保険にするのかは用途によって決めるべきだと思います。

個人年金保険をどのように捉えているのかによって定額年金と変動年金の選択は変わってきます。

個人年金保険を老後の生活設計のための貯蓄だと考えている人にとっては定額年金がおすすめです。

定額年金ならば受取金額も契約のときに確定しているので、見通しが立てやすく安心です。定額年金はできるだけ、リスクを背負いたくない人に向いている個人年金保険なのです。

一方で経済的な余裕があるので個人年金保険に加入をしようと考えている人には変額年金がおすすめです。

変額年金には運用が自己責任であり元本割れのリスクがあるので、資金的に余裕があり、多少のリスクに対処できる状態であることが好ましいと思います。

個人年金保険を死亡保障がついた投資信託というイメージで捉えている人にはおすすめができる商品であると言えるでしょう。

(定額年金と変額年金のメリットとデメリットのバランスをとるために複数の個人年金保険を利用するという選択肢もあります。)

個人年金保険選択の際に注意すべき点

定額年金と変動年金のどちらを選ぶにしても支払った保険料を運用して年金の原資にして保険会社が運用をしています。

保険会社が破たんすると加入者に大きな影響を及ぼす点には注意が必要です。保険会社の経営状況にも注意を払って、個人年金保険の選択を進めてください。

また、途中解約すると元本割れのリスクが高くなっているため、基本的には長期間にわたって加入することになります。

そのため、月々の支払い額はそこまで家計で大きなものとならないにしても契約の際には自分が納得するまで検討して、保険会社やファイナンシャルプランナーなどに相談して個人年金保険に加入することをおすすめします。

※当サイトで経営基盤に安心感のある大手企業に在籍している保険相談員との無料相談を提供しております。
貴方の最寄り駅に伺い保険の相談に乗る事も可能ですので、興味があるかたは下記申込フォームよりご連絡を頂ければ幸いです。

まとめ

個人年金保険には定額年金と変動年金があり、2つは異なった性質をもった個人年金保険です。

もちろん、定額年金と変動年金のそれぞれにメリット・デメリットがありますので、自分に適している個人年金保険の加入を検討するようにしてください。

あらためておさらいとして下記に特徴をまとめておきます。

■定額年金
保険料金の運用を保険会社が責任を持つことで、運用の結果に関係なく将来の受取金額が確定するという特徴があり、老後の生活設計や見通しが立てやすい商品です。その一方で、インフレによる物価上昇に対して対応が難しいというデメリットもあります。

■変動年金
保険料金の運用が自己責任になり、運営の結果によって受取金額が違い、大きくプラスになることもある反面、元本割れのリスクがあります。また、インフレによる物価上昇に対応できるというメリットもあります。

このように定額年金と変動年金それぞれにメリット・デメリットがありますので、個人年金保険の加入を検討する際には、定額年金と変動年金のメリット・デメリットを比較して、より自分のスタイル、目的に適している個人年金保険を選ぶのが好ましいといえます。

個人年金保険は長期間にわたって加入することになりますが、途中解約すると元本割れになるリスクがありますので、個人年金保険を加入することを検討している方は保険会社やファイナンシャルプランナーなどに相談したうえでの加入をおすすめいたします。

無料保険相談はいかがですか?

「記事を読んでも、よく分からない」「実際に、保険のプロに聞いてみたい」そんな時は、保険サミットの無料保険相談サービスをどうぞ。 弊社の紹介する保険のプロが、こちらから最寄りのカフェまで伺います。 もちろん、その場で契約を迫られるような事はありません。是非、お気軽にお申込みください。