個人年金保険 返戻率比較と計算方法

返戻率比較と計算方法

個人年金保険は各会社によって返戻率が異なります。返戻率が異なると老後の資金の受け取り金額に差が出るので、返戻率が悪い保険会社に加入していても老後の資金に十分な資金を得ることはできません。契約の時に保険会社の特徴などを把握していないと毎年一定額の年金を受け取る際に、得しない保険もあるので加入時には返戻率に着目して保険のタイプや会社選びを心がけましょう。

章1:そもそも、返戻率とは?利率との違い

個人年金保険は加入してからの規定などは支払っていてもあまり全体的な規定を把握していない方が多いのが実情です。また加入する保険会社によっては「返戻率」も異なります。そのため受取金額に差が出るため返戻率は高い方が良いと言う事になります。また会社によっては規定なども異なるため保険会社ごとに返戻率が異なります。支払う金額に対してどのくらいの年金が受け取ることが出来るのかがポイントです。利率が良ければ得をすることになりますので返戻率が良い保険会社が良いといえます。この返戻率は簡単に言うと後に貰える金額の割合を意味します。

返戻率は計算してはっきり数値として割り出せます。計算式は簡単です。

返戻率=もらえる年金の総額÷支払った保険料の総額

もらえる年金の総額÷支払った保険料の総額=返戻率になります。例として、20歳の男性が、月額1万円の保険料を毎月継続的に支払っているとして、60歳まで支払うとします。その結果、年額に決められた金額を10年間、コンスタントに受け取ることが出来るようになります。月額1万円×12か月×40年間なので、支払った金額は480万円となります。年額50万円×10年間で計算すると総額は500万円となります。500万円÷480万円ですので、返戻率を割り出すと約1.11=111%と言う事になります。

予定利率が高ければ保険料が安くなり

また保険会社との契約時に予定利率も明確にします。保険会社が契約者との間で契約する運用利回りが利率となり、支払った保険料の事務手数料など、諸経費を引き、将来の年金の支払いとして積み立てられます。そのため予定利率が高ければ保険料が安くなりまた、返戻率が高い保険会社なのです。

外貨建て個人年金のケースでは

特に外貨建て個人年金のケースでは円に両替した時に元本割れするリスクもそうも想定して一時払個人年金での契約では利率が年利2,3,4%と付くのでその分の利益を得ることが出来る数値を利率と呼びます。

利率と呼ばれている数値が意味するのは外貨建て個人年金などにおいては利率は高いほうが加入者には有意義な保険です。返戻率と同様、もらえる金額に差が出ます。利率は、保険会社によって異なり保険への手数料は、高くても低くてもどちらにしろ保険料から割り引かれます。銀行にお金を預ける場合、利息が高い方が貯金しているお金が増えますが、それと同様で利回りが良い方が保険を支払っていても最終的にもらえる金額に影響するので加入者は外貨建て個人年金などを利用して利息が高い保険会社を選んだ方がお得です。

返戻率を計算して割り出す

個人年金保険のシステムは利回りが良い方が支払った保険料の受け取る年金額が上がり、返戻率を計算して割り出すことが可能です。360万円の保険料を支払い400万円の年金を貰うとしたら40万円が収益となります。利回りを計算すると約0.4%となります。30年間支払った金額の利息分(利回り)で、個人年金保険の利回りは0.4%と割り出せるので、この数値が高ければ、お得ども上がると言う事になります。

加入前に計算して保険会社ごとに比較

個人年金保険に加入する前に「返戻率」を意識しないでお任せして加入していても結局もらえる金額の+になる金額が少なくなることもあります。支払っている本人はもっと貰えると思っていたけど、受け取った金額が少ないと感じるのはこの「返戻率」が低い方です。加入前に計算して保険会社ごとに比較することもできますし、また保険会社のキャンペーンを利用してお得な保険プランに加入することも可能です。

返戻率と予定利率は保険会社や保険のプランによって異なります。以前は年齢によっては120%近くになる非常にお得な個人年金のプランも存在しました。しかし。2015年7月の改訂によって、多くの保険会社で、返戻率の低下傾向となり、開始年齢は最高85歳まで遅らせることが可能ですが返戻率は低下しましたが、保険会社のプランによって利率はインフレにより多少上下しますので安定していてお得な保険を選択したいところです。

章2:個人年金種類別の平均的な返戻率比較

返戻率を種類、保険会社ごとに比較するとどこの保険会社が良いのかを把握できます。生命保険会が提案しているプランや種類によって返戻率が設定されていに加入前に確認しておきたい事項です。このことで、将来、年金を受け取るときに貰える年金の増額分が占める割合となり、戻り率が高ければ、将来的にもゆとりが持てる金額差が出ることがあります。そのためしっかり自分で調査をしておきたいところです。種類別に比較するとやはり長く支払っているコースが受け取るときに有利と言えます。

年金の種類は

●外貨建て個人年金保険

●一時払い個人年金保険

●予定利率変動型個人年金保険

などを選択可能で

外貨建て個人年金は外貨建てで年金を積み立てていくことが出来る投資を兼ねたタイプの保険になります。円建ての個人年金と比較しても予定利率が高いのですが、元本割れするリスクもあるので、年金にしては少々ギャンブル性も高いタイプの保険です。、米ドル、豪ドル、ユーロ、円と選択可能で利率が年利3~4%の商品もあります。

一時払い個人年金は、契約時、保険料をまとめて入金する保険、一般的な月払いや年払いよりも予定利率が高いので、支払っていなかった方でも一度の入金で高い返戻率が期待できる対応の保険です。

予定利率変動型個人年金保険

利率変動型個人年金保険は固定型の利率ではなく、予定利率(積立利率)が変動します。一般的な個人年金保険は、利率が一定ですが、予定利率変動型個人年金保険は、将来受け取る年金額が上がることも下がることもあります。また受取金額は支払い始めた時期によっても受け取る金額が大きく異なっていきます。年齢別でどのくらいの差が出ます。

種類や会社ごとにじっくり比較したい保険選び

また、比較する前に予定利率と返戻率が異なることも認識しておきましょう。

戻り率は契約者にとっては受け取る金額に影響するので最も大切なポイントです。基本的には保険会社が予定利率を決定します。しかし戻り率と予定利率は異なる意味を示します。しっかり種類や会社ごとにじっくり比較しておけば個人年金保険も十分に応用していくことが可能です。

予定利率や返戻率はどのように異なるのか

予定利率と保険契約者が支払ってきた保険料を年金として受け取る金額の利回りになります。予定利率が高いのは銀行にお金を預けることに似ています。預金利息が高いお金のお預入になります。60歳以上になったときに受け取る金額が多くなるパーセンテージの事を指します。予定利率に含まれているのは保険会社へ支払う手数料も含まれることになります。そのため予定利率が分かれば、年金として将来受け取ることが出来る金額が高くなります。年金の利益分を計算して割り出すには、保険会社が計算して割り出すために契約者にはどのくらいの手数料を支払っているのかははっきりしません。しかしフィナンシャルプランナーや税理士ならば手数料から受け取る金額も細かく、割り出すことが可能です。毎月に支払い金額などの相談も可能なので契約前に一度相談してみることも有意義です。

個人年金の返戻率、外貨積立では利率にも注目

個人年金の返戻率の計算は素人でもざっくり計算することが出来ます。「割り出し方は受け取ることの可能な年金の総額÷払込保険料の総額」個人年金の返戻率は、無料で資料請求したときに明記しています。まずはお勧めの保険会社を比較して無料で資料請求をしておきましょう。資料に返戻率が明記されていれば計算する必要はなく、今までに収めた保険料の総額を計算し割り出せます。個人年金の返戻率、外貨積立では利率にも注目しましょう円でなくドルやユーロでの積立保険はデメリットとして為替の影響を受けて資金が増えないデメリットもあります。

支払った金額から受け取ることのできる年金総額から割り出すので

例えば今までに支払った金額が600万円のケースで受け取る金額が700万円のケースでは、700÷600で返礼率は112%と割り出すことが可能です。

返戻率が高ければよい保険会社のプラン個人年金保険

最終的には年金として受け取ることが出来る金額が高い保険会社は理にかなっています。そのための保険なので、契約者は自分の将来のために受け取る金額が高いかどうかが一番の注目点です。返戻率を比較し、また保険会社の特徴を把握し、サービスを利用したり、貰える金額が高い個人年金に加入することに集中しましょう。1.15%よりも1.24%の保険会社の方が、良い結果を生み出すため、初めのうちにこの返戻率を比較して良い保険会社を選択するのは必須です。若干0.01くらいの差でも魅力的なサービスを行っている保険会社ならば話は別ですが、0.05%以上の返戻率の差が出るケースでは、率が高い保険会社と契約する方が断然お得になります。

章3:個人年金は返戻率が高い?

まず上記で述べたように返戻率は、保険料として支払った保険料に対して保険金(年金)を受け取ることが出来るため率が高い方が受け取る金額も増えますが、保険料がインフレリスクによって上がることもありますし下がることもあります。外貨建ての保険は利率が増える可能性がありますが下がることもある保険会社のプランもあります。

個人年金は返戻率が高いが保証も付帯可能

保険の利用の仕方は自由なので、教育資金や住宅資金の積立などに利用可能なので、柔軟に利用できるのはメリットですが、本当に受け取れるのかどうか心配な方は年金の受け取り方は、5年、10年、15年など一定期間、確実に受け取れる「確定年金」をおすすめします。保証期間を設けている「保証期間付き終身年金」もあり、柔軟に一時金受け取りも可能となります。しかし保険会社の補償内容によっては年金受取の途中で本人が死亡したケースでも保証期間付き終身保険は残された家族に支払われます。また、保険を支払っていたが年金受取開始前に死亡してしまったケースでも、今まで支払った保険料の金額分「死亡給付金」になり、支払われます。

積み立てた金額は将来的に受け取る金額にも比例

終身保険や個人年金保険の仕組みは、銀行に預ける感覚にも近い積立型の保険なので、自分の実績が後になって自分に返ってくる仕組みになっています。毎月少額でお積み立てた金額は将来的に受け取る金額にも比例していきます。20歳の頃から支払ってきた方は予定利率も上がります。平均的な利率は1.5%や2%でもあくまでも見込まれる利率なので、支払った保険料の全てとは言えません。

返戻率 の計算式は

徐々に積み立てられた金額からも理論一部がひかれた金額の利率です。契約時には契約者でさえ最終的にどれくらいの利益になり、得をするのか分かる目安になるのが返戻率です。返戻率 の計算式は= 年金総額 ÷ 払込保険料総額 × 100で割り出すことが出来ます。返戻率が高い個人年金保険の種類は外貨建て個人年金保険や一時払個人年金保険などでまた、保険料支払う期間が長い保険でも同じことが言えます。

支払い年数が長い商品も返戻率が高い

支払い年数が長い商品も返戻率が高いプランが多く、最終的に受け取る金額も、40年支払っている方と、30年支払っている方とは差が出ます。外貨建て個人年金保険や一時払個人年金保険は返戻率が高い年金保険という事になります。また、同じ保険内容でも払込期間が長い方が返戻率は高くなります。

ある保険会社の一例として

年金支給開始年齢が60歳の家庭の方で年金給付期間が10年の方で総払込保険料が3,600,000円、総受取年金額が4,293,700円の返戻率は119.2%になります。このプランのメリットは60歳を超えてから受け取ることが出来るタイプで、10年間の確定年金となり個人年金としての利用価値を十分に持っているプランです。支払ってからすぐに受け取りができ、60歳からのスタートならば何かと助かります。この時のプランはWEBでの契約や通販で簡単に入加入可能なプランがあり便利です。

返戻率が高めで受け取りが早い機関から可能なプランは人気

加入年齢16歳から37歳まで限定ですが、月額保険料1万円の通販限定プランは月1万から気軽に始める積み立てとして人気があるようです。返戻率が高めで受け取りが早い機関から可能なプランは人気があります。受給開始年齢前には死亡時の払込保険料相当額の死亡給付や、条件を満たした場合の個人年金保険料控除も契約できます。個人年金保険料控除の対象となるかどうかは、保険会社によります。

4章 いつから払うか、いつからもらいたいかを決めるべき

多くの保険プランは加入する時期、支払っている期間によって受け取る金額も大きく差が出ます。参考に年代別で見てみると

年齢

年金受取総額

払込保険料総額

戻り率

20歳

740万円

540万円

137%

25歳

636万円

480万円

132%

30歳

538万円

420万円

128%

35歳

446万円

360万円

124%

40歳

359万円

300万円

119%

20歳で加入すると戻り率も高くなり540万円の金額になります。毎月12か月で分割しても毎月4万8000円の金額を受け取ることが出来て3割以上の金額を年金として受け取ることが出来るようになります。払込期間は65歳まで最も長い期間を支払うことになりますが45年間支払い続けた人は20年間支払い続けた方と比較すると戻り率も断然違います。返戻率を高くしたい方は早めに契約して支払い続けていく必要があります。若いうちに加入しておいた方が倍近くお得になります。支払う機関にインフレ、デフレになることも想定して支払い続けていきますが、安定して払い続けていける保険会社で、更にキャンペーンなどを行っている保険会社もあるので契約前にはしっかり確認してお得に契約しましょう。

短期間でどのように返戻率を高く設定できるのか?

保険会社選びが大切なのか?もしくは保険の種類を選択するべきなのか?どちらも可能です。一般的に一時払個人年金や外貨建て個人年金は返戻率が高く、30歳から年金を支払う予定の方でも返戻率を高く契約が可能です。

保険商品でも、条件や率が異なります

支払い期間が短い方でも120%以上の返戻率で契約することが可能です。期間がそれほど長くなくて返戻率が高いプランもあります。個人年金保険に加入していても「返戻率」が低いと支払っていても貰える金額が低くなるので返戻率が高くなるように初めのまとまったお金を準備しておけば、短い期間でも、納得できる金額を将来的に受け取ることが出来るようになり、個人年金保険を契約する前には会社ごとに契約条件を確認することが大切です。保険商品でも、条件や率が異なります。

保険商品のサービスやキャンペーンなどの特徴をパンフレット等資料請求

個人年金選びは、返戻率比較からスタートするのが妥当と言う事です。もちろん途中で商品を変更することも可能ですが条件は契約前に確認することが必須なのです。配当はつくのかどうかも商品によって異なります。年金額は固定か変動かも非常に重要なポイントになります。個人年金保険選びにおいては初心者でも比較すればどれがお得なのかよくわかります。まずは無料で資料請求をして保険商品のサービスやキャンペーンなどの特徴をパンフレットなどで確認してみましょう。会社で提案している独自のサービスなどは計約前に要注目です。

章5:まとめ

将来受け取れる年金額を増やしたい方は保険のプランや会社を選択することが重要です。保険会社によっては返戻率が高いプランを提供している保険もあり、60歳以上になって受け取れる年金額が多い個人年金商品はこのように分かれています。一時払年金保険、変額年金保険、外貨建て年金保険となっていて、返戻率が高いのが一時払年金保険となりますが、この保険は初めのうちにまとまったお金を入金することになります。しかしながら、返戻率は1.20%を超えるような保険となり、一般的に契約する保険よりも有意義です。

パーセンテージが異なれば、受け取る金額はさらに差が出る

何も工夫しないで30年くらの期間支払う保険プランの代替の平均的な返戻率は1.11%前後となり、祖支払った総額が700万円でも、将来的に受け取る金額が800万円ほどになります。この時1.24%の返戻り率ならば、受け取る金額は840万円となり40万円も得をすることになります。パーセンテージが0.1%違うだけで、受け取る金額はさらに差が出ると言う事になります。将来的に考えれば返戻率に着目するのは必須と言う事です。また支払う期間が長い方が得なのが一般的なのです。しかし個人年金保険は変額年金保険はありますが、インフレリスクについても検討しておく必要があります。大きな注意点でもあり年金額が減る可能性も認識しておく必要があります。

低解約返戻金型保険はなども選択可能

国から年金がもらえるかそうか不安な方には、個人年金保険商品がお勧めできますが、保険会社によっても対応から、サービス、返戻率が異なるのです。また商品も細かく分かれていて低解約返戻金型保険は保険料払込期間の途中で解約しないようならば返戻率が上がったり、更に利用しやすい保険などもあるのです。老後の貯蓄として個人年金でも死亡保障が含まれている保険などもあり保険同士の組み合わせなども可能です。

無料保険相談はいかがですか?

「記事を読んでも、よく分からない」「実際に、保険のプロに聞いてみたい」そんな時は、保険サミットの無料保険相談サービスをどうぞ。 弊社の紹介する保険のプロが、こちらから最寄りのカフェまで伺います。 もちろん、その場で契約を迫られるような事はありません。是非、お気軽にお申込みください。