30代夫婦はどう決める!?個人年金保険のシチュエーション別シミュレーション

30代夫婦は個人年金保険の加入をどう考えるか

ざっくり言うと・・・

  • お金のかかるライフイベントの増えてくる30代は老後への備えも大切であるが、今必要となるお金をしっかりと見極めたうえで目的をしっかりと定めて個人年金保険の加入を検討するのが好ましい
  • 夫婦の現在の貯金、ライフスタイル、仕事の見立てなどもある程度先が見えてきている時期なので
    夫婦でしっかりと対話し決定することで失敗を防ぐ

本章では結婚している30代のかたを対象に夫婦として家族として個人年金保険を利用してどのように
資産形成をしていくのかを事例を交えて説明いたします。

独身会社員で個人年金保険を考えているかたはこちらの記事へ

20代夫婦で個人年金保険を考えているかたはこちらの記事へ

30代夫婦はどう決める!?個人年金保険のシチュエーション別シミュレーション

30代の夫婦は、20代よりシビアに生活を考えている場合が多いと思います。もしくはそろそろきちんとしないと、という危機感を抱いているかも知れませんね。そこで今回は、個人年金保険を使った「30代の夫婦単位」の貯蓄についての考え方と、シチュエーション別のシミュレーションをご紹介します。年齢別・年収別になっていますので、保険料の検討にお役立てください。

夫婦での個人年金保険の加入時にシミュレーションが必要な理由

30代の夫婦と言うことは、結婚してもう長いのでしょうか。もしくは結婚したてで、しっかりと家計を回そうと考えているのでしょうか。どちらにしても、結婚したパートナーは、言わば「運命共同体」。独身時代のように自分で勝手にいろいろ決めることはできません。これは貯蓄ということにおいても同様です。家計を同じくしている以上、ふたりの計画がかみ合っていないと損をしてしまう可能性があるからです。

また20代と違い、子どもの将来や老後のことを後回しにするわけにはいきません。しっかりと貯蓄ができる期間は意外と短いのです。その現実を見た上で個人年金保険の加入を検討しましょう。

しかし老後の安心のためと言っても、無理をした貯蓄では家計が圧迫されてしまい、急な出費に対応できません。30代ともなると両親の介護や冠婚葬祭なども増えていくため、貯金はあるが手元で使えるまとまったお金が無いということでは困るからです。

だからこそ個人年金保険への加入を考えるときには、しっかりとしたシミュレーションが必要なのです。

シミュレーション前に知っておくべきこと

それでは、詳しいシミュレーションに入る前に確認しておくべきことをご説明します。老後のための貯蓄と聞くと漠然とした不安から「とにかく多く」と思いがちですが、いったん家計の状況を整理してみることをおすすめします。

30代夫婦の確認ポイントは2つです。

①夫婦お互いの「家計としての」貯金の総額

30代になって結婚した場合、独身時代の貯金がそれぞれにあることも多いでしょう。これは個人が頑張って貯めたものなので、家計に合算するかは本人次第です。

そのためまずは「家計としてのふたりの貯金」の総額がいくらあるのかを確認しましょう。そして子どもの有無、マイホームの計画などのライフプランを話し合い、老後に残るお金がどれくらいあるのかの認識を同じくしておきましょう。

ここがずれていると、「せっせと貯めたい」方と「無計画に使う」方に分かれてしまい、金銭感覚の不一致で離婚問題に発展することだってあり得ます。

またその際に「両親の遺産」「会社の退職金」をあてにした計画を組むこともあるでしょう。しかし、まだあなたの名義になっていない遺産や、もらってもいない退職金を人生の計画にはめ込むことはおすすめしません。

ここしばらくで相続関係の法律はどんどん変化していますし、「争族」と言って家族間での思わぬ争いに発展することも十分にあり得ます。また終身雇用の時代も終わりかけています。安心しきって会社に身を預けていると、急に投げ出されて路頭に迷うかも知れません。

だからこそまずはふたりで使える貯金額を洗い出し、自分たちでできる最善の貯蓄をしておくことが大切なのです。

②年金定期便

30代ともなると、今後の働き方のスタイルも見えてきますよね。このまま同じ会社で働くか、子どもが成人したら自分は何歳か、そしてその後も働くのか。そのようなビジョンが見えてきたら、公的年金でいくら受け取れるのかを確認しておきましょう。

まずは毎年誕生日月に届く年金定期便を確認しましょう。よく分からないからと開封せずにスルーしているかも知れませんが、個人年金保険に加入する前に自分たち夫婦が公的年金でいくらもらえるかは知っておくべき基本情報です。

また収入がある方に万が一のことがあった場合に受け取れる遺族年金の額なども確認しておくことをおすすめします。今から働き盛りを迎える30代、もしものことがあれば家族に与えるダメージはとても大きいです。この遺族年金のシミュレーションは生命保険会社でもしてもらうことが可能です。個人年金保険の資料と共に確認しておきましょう。

30代夫婦のための年齢・年収別シミュレーション

先ほどの2点が確認できたら、実際のシミュレーションに入ります。

老後に必要な金額は3000万円と言われています。大きな金額だなと思えるでしょうが、家計に入る年収で割ってみてください。そうそう何年も暮らせる金額ではないことに気が付くでしょう。

しか個人年金保険だけで3000万円を貯めるのはなかなか難しいこと。そこでこの記事では30代夫婦の年齢と年収別のモデルケースに照らし合わせ、1000万円+αを貯めることを目処にして解説をしています。また、個人年金保険に初めて加入する夫婦を想定しています。

注※個人年金保険の金利は数年ごとに変化します。2017年現在の一般的な積立率は103%から108%あたりです。この記事では積立率を105%として計算しています。

共働き・子どもなし夫婦

32歳Aさん(会社員・年収400万円)・30歳Bさん(会社員・年収400万円)の夫婦の場合

同い年でお互いに大手企業に勤務するAさん・Bさん夫婦。収入もほぼ同じくらいで、お互いに家計に入れる生活費と貯金額を決め、あとはそれぞれが貯蓄や自分で使うお金として管理をしています。

子どもも欲しいと思っているため、Bさんは会社の産休・育休制度についてとその後のキャリアについてを考え中です。またAさんは転勤の可能性が高いため、マイホームについては保留をしています。

まだまだライフイベントがたくさんありそうな夫婦ですが、これからどこにお金が必要になるのかはっきりしません。そのため個人年金保険に大きな金額を入れてしまうのはやや危険とも言えます。

そこでまずAさんが家計に入れている50000円の貯蓄のうち、20000円をAさん名義の個人年金保険に。そしてBさんの場合は、自分で残している貯蓄から10000円をBさん名義で加入してはいかがでしょうか。

Bさんが今後子育てで収入が無くなっても、月に10000円ならそれまでの自分の貯金で支払いができそうです。

【シミュレーション例】Aさん32歳男性 65歳払込終了・受取期間10年 積立率105%

月々の保険料20000円

払込総額 約792万円

受取額  約831万円

【シミュレーション例】Bさん30歳女性 65歳払込終了・受取期間10年 積立率105%

月々の保険料10000円

払込総額 約420万円

受取額  約441万円

この2本をお互いに払い続けることができたら、定年後には世帯に約1200万円が貯まっていることになります。ふたりが会社員であるなら老後は厚生年金も受け取れるため、心強い金額だと言えるでしょう。

36歳Cさん(会社員・年収500万円)・33歳Dさん(派遣・年収200万円)の夫婦の場合

結婚したての3歳差夫婦のCさんとDさん。奥さんであるDさんはCさんと結婚するために地元を離れ見知らぬ土地に住み始めました。そして派遣の仕事を見つけて働き始めています。

このケースでは、Dさんが新しく個人年金保険に加入することにはまだリスクもあります。収入が安定するかどうか、また馴染みのない土地で子どもができたらどうするか。両親に頼れない状況なので、いろいろとお金もかかってくるでしょう。

しかしやはりきちんとお金を貯めたいなと思うなら、Cさんで個人年金保険に加入します。ただし無理は禁物です。タップリ貯めるのはふたりの生活パターンがもう少し決まってからでも大丈夫なので、まずはCさんの収入から無理のない範囲で加入します。

また、子どもが欲しいなら「何歳くらいまでに」など話し合いをしておくことも大切です。「そのうち」「できたら」と言っていては、せっかくお金を貯めることができる30代を計画的に使うことができません。まずは夫婦で話し合いをしてみましょう。

【シミュレーション例】36歳 65歳払込終了・受取期間10年 積立率105%

月々の保険料20000円

払込総額 約696万円

受取額  約730万円

目標の1000万円には届きませんが、まずは老後よりも家族の「今」の方を優先してください。新婚時代は一度しかありませんよ。

共働き・子どもあり夫婦

35歳Eさん(会社員・年収550万円)・35歳Fさん(会社員・年収260万円)夫婦の場合

子どもが2人いるEさんFさん夫婦。6歳と4歳の男の子のため、家の中はいつも賑やかです。Fさんは仕事に復帰し、夫婦で育児と家事を両立させています。

この夫婦には失敗がありました。それは学資保険に加入していなかったこと。しかし男の子にかかる学費が予想以上だということに気が付き、何とか今から効率的に貯蓄ができないかと考えて個人年金保険にたどり着きました。

個人年金保険の貯蓄率は、学資保険に劣ることが多いです。しかし銀行の定期預金よりはずっとましなのと、途中解約がしにくいため「学費のため」と計画的に貯めることができるというメリットがあります。

しかし長男の大学入学は12年後です。個人年金保険の受取は55歳からの設定のため、大学費用としては間に合いません。

そのため「子どもの学費は今の銀行預金をすべて回すつもりで」「老後の分は個人年金保険で貯めるつもりで」という目的別の貯蓄をすることをおすすめします。

学費と老後資産が同じ口座に入っていると金額管理ができなくなり、何かあったときについつい使ってしまいます。それを避けるためにも「目的」を決めることが大切です。

【シミュレーション例】35歳 65歳払込終了・受取期間10年 積立率105%

月々の保険料27000円

払込総額 約972万円

受取額  約1020万円

この場合はEさんでしっかり個人年金保険に加入し、Fさんの収入は学費用口座にどんどん入れていきます。貯蓄額の「見える化」をはかることで家計はうまく回りますよ。

37歳Gさん(会社員・年収700万円)・32歳Hさん(パート・年収200万円)の場合

商社マンとしてバリバリ働いているGさん夫婦には、6歳の女の子がいます。子どは1人でいいかなと話し合いが済んでおり、その代わり子どもには好きなことをして育って欲しいと思っています。

マイホームも購入しています。毎月のローンの支払額は約12万円。また子どもには水泳とピアノも習わせており、何かと出費がかさんでいます。

このようにある程度の収入がある夫婦の場合、あまり将来への危機感が無く貯蓄ができにくいというパターンも多く見受けられます。しかしHさんもパートで収入があるため、そこを上手く使って少しでも貯蓄を増やすようにしておきます。

生活費・住宅ローンは、Gさんから出ています。またGさんの収入から毎月60000円が貯蓄に回されていたと仮定します。このうち30000円を個人年金保険に回します。残り30000円は今まで通り銀行の口座へ。

そして今まではHさん自身のおこずかいに回っていたパート収入は、子どもの習い事に回しましょう。せっかく世帯収入が高いので、今後もそれを維持するため少しのガマンと工夫は必要です。

【シミュレーション例】37歳 60歳払込終了・受取期間10年 積立率105%(年払い)

月々の保険料 約30000万円

払込総額   約1008万円

受取額    約1058万円

37歳にもなると、65歳の定年まで28年しかありません。老後の生活水準を維持するためにも、せっかくの収入を無駄にしないようにしてください。

自営業・会社経営者の場合

36歳Iさん(会社経営・年収650万円)・35歳Jさん(会社役員・年収250万円)の場合

36歳のIさんは4年前に勤めていた通信販売会社から独立、そのノウハウと実家の農家をうまく使って、オーガニック食品のネット販売会社を立ち上げました。またJさんは独身時代はSEをしていたため、エンジニア兼専務として夫の会社を手伝っています。

2歳の男の子にも恵まれ、事業も順調。しかしこの夫婦にとって不安なのはやはり老後です。今は従業員へのお給料と自分たちの生活費には困っていませんが、企業勤めとは違い何かあっても自分たちで対処しなくてはなりません。

このような場合は、まず個人年金保険の前にリスクヘッジのための保険の見直しが必要です。事業保険や賠償保険など、トラブルが起きた際に対応できるようになっているか。また従業員への保障はあるか。もしかしたら働けなくなったときのための収入保障保険や、子どものための生命保険が必要かも知れません。

また公的年金でいくら受け取れるかも知っておきましょう。もしかしたら個人年金保険の前に、国の「付加年金保険」などの方がメリットがある可能性もあります。

そこを見直し、残った金額から可能な分で個人年金保険に加入します。

また会社をやっていると保険料が法人の経費になるかが気になる所ですが、ここは個人で加入することをおすすめします。メリットデメリットについては会計士・税理士と相談してください。またFP資格を持っている保険営業ならしっかりと教えてくれるはずです。

そして注意したいのが、年金の受け取り年です。経営者の場合は特に定年はありません。自分がいつまで働くかは自分で決められます。今回の夫婦は「ずっと仕事を発展させていきたい」と思っているのと、預貯金も多少あるため年金の受け取り設定を70歳にしました。

【シミュレーション例】36歳 70歳払込終了・受取期間10年 積立率105%

月々の保険料 25000円

払込総額   約1020万円

受取額    約1071万円

またもしこの事業がうまく行き、公的年金を受け取る年になっても高収入がある場合は、公的年金が受け取れないもしくは削減されるようになっています。そこは法人税や会社経費、事業プランや役員報酬とのバランスになります。気になったらまずは税理士に相談しましょう。

片方が専業主婦(主夫)の夫婦

35歳Kさん(会社員・年収450万円)・30歳Lさん(専業主婦)の場合

最後は、パートナーのどちらかが専業主婦(主夫)の場合です。

気を付けて欲しいのは、収入が無い人は基本的に個人年金保険には加入できないということです。それでも加入したい場合は保険会社に問い合わせを。いくつかの条件をクリアすることで加入できる可能性もあります。

また、収入が無い人は税金を支払っていませんから、年末調整(確定申告)をすることもありません。つまり個人年金保険加入の大きなメリットのひとつである「保険料控除」を受けることができないということです。

これらを総合判断すると、やはり会社員として収入があるKさんが契約者になり加入しておく方が家計全体にメリットがありそうです。もしくは、Lさんが独身時代に貯めた貯金をふたりの個人年金保険に少し回すという手もありますね。

どちらにしても、夫婦のための個人年金保険であるなら1円でも多く貯めたいところ。そこで今回は、契約者(保険料を支払う人)をKさん、被保険者をLさんにして加入をしてみましょう。

年齢差が5歳あると、結果的に貯まる金額も変わってきます。1歳でも若い方が貯蓄率は上がるのです。

【シミュレーション例】30歳 65歳払込終了・受取期間10年 積立率105%

月々の保険料 24000円

払込総額   約1008万円

受取額    約1058万円

これは1000万円貯める計算での加入金額ですが、もしKさんが事故や病気で仕事ができなくなってしまっては保険料の支払いができなくなってしまいます。そのリスクも考えた上で、加入金額を決めるようにしてください。

またパートナーに収入が無い場合、もしKさんが亡くなってしまった場合の生活費なども考えておかなくてはなりません。個人年金保険に加入するタイミングで、遺族年金がいくら出るかなどのシミュレーションも保険会社から取り寄せてみることをおすすめします。

まとめ

いかがでしたか?30代に入るといろいろと将来の不安が見えてくることと思います。しかし一度冷静に考え、夫婦で計画的な貯蓄をしておくことがとても大切になります。人生後半戦に入ったときに焦ることにならないよう、個人年金保険をうまく活用しましょう。

当サイトでは大手企業在籍の保険相談員への相談を【無料】で提供しております。 ご自宅付近のカフェへ伺うこともできますので興味のあるかたは下記フォームよりお問い合わせください。 ※夫婦でご相談に乗ることも可能です。

無料保険相談はいかがですか?

「記事を読んでも、よく分からない」「実際に、保険のプロに聞いてみたい」そんな時は、保険サミットの無料保険相談サービスをどうぞ。 弊社の紹介する保険のプロが、こちらから最寄りのカフェまで伺います。 もちろん、その場で契約を迫られるような事はありません。是非、お気軽にお申込みください。