死亡保険とは?どんな目的があり、どう活用するの?

死亡保険とは?必要性は?

この記事の内容をざっくり言うと・・・・・

  • 死亡保険は生命保険の一種であり、保険料は安いけれども支払ったお金が帰ってこない定期保険、保険料は高くなるけれども将来支払った金額の一部または全額、またはそれ以上が帰ってくる(貯蓄性がある)終身保険、養老保険が存在する。
  • 終身保険は死亡するまで保障が続くので自身の老後というよりは家族のためにお金を残す目的で使われ、養老保険は一定の年齢になった時に老後の生活のためお金として満期金が帰ってくる(保障はそのタイミングで終了)ため自身の老後のために使われることが多い保険です。

死亡保険って何??概要について~目的と種類、必要性~

保険のこと、知りたくても保険会社も保険の種類もあり過ぎて、よくわからない。

結局、理解していないまま保険屋さんの言うままに契約してしまった・・・

そんな経験をお持ちの方、多いのではないでしょうか。

また、そうなるのが怖くて保険屋さんのアポを断り続け、

話を一度も聞けてない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

保険という分野は難しく複雑なイメージが強く、なかなか自分で勉強する気になりにくいのですが、

生きて行くなかで、活用するメリットは大きいのです。

簡単にでも、保険の大枠を理解することは大切です。

保険にもさまざまな種類がありますが、ここでは「生命保険」の中でも死亡保険について

「死亡保険とは」というところと、その種類について、また、必要・不要なケースについて

ご紹介します。

生命保険の分類とその中で死亡保険はどのようなもの?

https://static.pexels.com/photos/566450/pexels-photo-566450.jpeg

生命保険は、大きく以下の3つに分類することができます。

「死亡保険」…被保険者が死亡した場合に受取人に対して保険金が支払われる保険

「生存保険」…被保険者が保険期間の満期を迎えるまで生存した場合に保険金が支払われるもの。

保険期間中に被保険者が亡くなった場合、死亡保険金を受け取ることができるが、死亡保険ほどの保障を受けることができない。

「生死混合保険」…生存保険と死亡保険の両方の性質を兼ね備えた保険。

上記に記したように、「死亡保険」とは被保険者に万が一のことがあり、死亡した場合に、

残された受取人が保険金を受け取れる仕組みのものを言います。

一般的な生命保険のイメージは死亡保険のことを言っていると思ってもよいでしょう。

この死亡保険は、加入してから適用されるまでにかなりの時間を要しますが、

発生した際の効果は計り知れないものとなります。

一般的なメリットは一家の稼ぎ柱が万が一、亡くなった時に、残された家族が路頭に迷わず生活していけるよう、

自己の葬儀代、遺族の生活費、子供の学費、などを担保することと言えます。

公的年金制度から遺族年金がもらえるケースや、被保険者の勤め先から退職金が支給される場合もありますが、

条件等に当てはまらないこともあるため、これらが支給されるかもしれない被保険者はよく条件を確認しておくと良いでしょう。

支給されたとしても額としてはそんなに大きくなりませんので、やはり遺族の「生活」を考えると、死亡保険のメリットは大きいといえます。

もちろん、生命保険だって、万一の時に役に立たないのでは意味のないものになってしまうので、自分にとって何が良いのかを知っておくことが大切です。

それでは次に種類をみていきましょう。

死亡保険の代表的な3種類

https://www.pexels.com/photo/arts-arts-and-crafts-bloom-blooming-529927/

死亡保険は大きく「定期保険」「終身保険」「養老保険」の3種類にわかれます。

それぞれの特徴を簡単にまとめると次の表のようになります。

死亡保険の種類・比較表

種類 保険料 貯蓄性 保険金 その他特徴
定期保険 安価 なし(掛捨て) 契約期間内のみ 必要保障額の備え
終身保険 やや高価 有り 必ずもらえる 解約返戻金は多用途に使える
養老保険 一番高価 高い 必契約期間内のみ
満期保険金も有り
解約返戻金・満期保険金は多用途に使える

ざっくりと比較すると表のようになりますが、一つ一つを詳しく見ていきましょう。

定期保険

定期保険は、契約した一定期間のみ、死亡時・高度障害時に保険金が支払われる、

満期時の満期保険金のない、掛け捨てタイプの保険になります。

支払い額が安価であり、解約しやすいタイプのため見直しがしやすいメリットがあります。

定期タイプにも大きく3タイプに分けることができます。

・契約時から満期時まで保障額が変わらない「平準定期保険」

・加入後に段階的に保障額が減る「逓減定期保険」

・加入後に段階的に保障額が増える「逓増定期保険」

一般的なのは平準定期保険と逓減定期保険です。

逓減定期保険については、保障額が減っていくものですので、保険料も抑えやすくなっています。

ただ、そこだけをみて逓減定期保険に決めるのは危険です。

現日本社会にて残された遺族がお金を必要とする期間とは、子供が大学を卒業するまでと考えるのが一般的と思います。

それを考えると、保障額が一番必要なのは契約満期直前の数年とも考えられ、かつ社会保障制度の遺族基礎年金の支給対象が18歳までのことを考えると逓減が必ずしも良いとは限りません。

保障金額や保障期間については時系列で必要な金額を試算し、慎重に設定することをお勧めします。

終身保険

終身保険とは、一生涯の保障を得られる保険です。

保障が一生続くため満期保険金はなく、その代わり解約時は解約返戻金があるため、貯蓄性があるとも言えます。

解約しなければ死亡時に必ず保障金がもらえるので、保険料は高額になります。

終身保険で遺族の生活を賄うと考えるとかなり高額になるでしょう。

そのため終身保険だけで必要補償額を準備するのはあまり現実的ではありません。

死亡時の保険金は葬儀代への備えはもちろん、その他の使い道もあります。

例えば相続対策として、金融資産がたくさんある方は、そのまま現金等で残すと金額によっては相続人に相続税が課されます。

相続人が受け取る保険金も相続財産となりますが、非課税枠があり、その分を保険金から差し引くことができます。

また、現金の一部を保険料にすることにより相続税対象の財産を減らすこともできます。

(詳しくは受け取り時の税金についての記事に記載します。)

また、不動産が多く金融資産が少ない財産の場合、相続税の支払いに必要な現金を用意することが困難なことがあります。前もって終身保険に加入し、相続税の支払いに備えるという使い方もできます。

保険料を継続的に支払うことで積み上げてきた保険料は、途中解約や一部解約することで解約返戻金として現金化し、多用途に活用することもできます。学資保険代わりとして使うことも選択肢の一つです。

しかし、解約する時期によっては、元本割れをすることがあるので注意も必要です。

その他にも、有期払の終身保険の場合は保険料支払いの終了後、受け取り方を自分で決めることもでき、年金代わりに分割して受け取るプランに変更できる生命保険会社もあります。

このようにいろいろな活用方法がある終身保険ですが、長期の加入が必須であり、保険料も安くないため、保険選びは慎重に行うことをお勧めします。

終身保険は、保険料が全く変動しないといった特徴があり、一生涯払い続けることも含め、払込みの終わる時期を選べます。

また、払込み方にも種類があり、月払いの他には、年払いや、一括払いなどもあります。

会社にもよりますが、払込みの総額はできるだけ短い期間で払い終えた方がお得になります。

資金計画を立てやすく、保険金を必ず受け取れるというメリットがありますが、早期解約ではお金がほとんど戻ってこないなど見直しにくい点がデメリットとして存在します。

若い時期には定期型に加入しておき、時期を見極めて終身型にすることが合理的な方法かもしれません。

遺族に確実にお金を残したい方は終身型を利用すると良いでしょう。

養老保険

養老保険は、加入後、満期まで死亡保障が続き、高度障害・死亡時には死亡保険としての役割を果たしますが、

満期が来ると満期保険金を受け取ることができるという生死混合保険です。

遺族の生活費のための保険というよりかは、死亡保障が付いた貯蓄性が高い保険商品というイメージが正しいでしょう。

保険期間が終わるまで生きていたら生存保険金が、途中で死亡したら死亡保険金が受け取れることになります。

名前からも推測できますが、老後の生活資金確保の目的で加入する方が多い保険です。

3種類の中では同じ保障額であれば、支払保険料が一番高い保険であり、非常に貯蓄性の高く、貯金をする感覚で捉えても差し支えありません。

万一、お金が必要な時も、解約して現金化することができるので、学資保険の代わりとしてなど、多用途に使うこともできます。

ただし、終身保険と同様、解約する時期によっては、元本割れをすることがあるので注意も必要です。

養老保険の満期保険金についても、いろいろと使い道が考えられます。

支払い方法も様々で、引退前に一括払いで加入して用意する、短期間(5年など)で支払うといった方法がありますし、コツコツと支払っていくことも可能ですから、若いうちから老後の資金を用意することもできます。

死亡保険は万人に必要なもの?

https://www.pexels.com/photo/adult-affection-blur-bouquet-566452/

ざっくりと「死亡保険」とは、というところと、その種類を見てきましたが、実際万人が必要とするものなのでしょうか?そもそもの、生命保険の必要性について考え、理解することも大切です。

生命保険は、起源として、誰かに何かあった時のお金をみんなで出し合って積み立てておくことが目的で始められました。役割についてまとめると以下のようなものが挙げられます。

・「まとまったお金を用意しておくこと」

保険の起源が「誰かに何かあった時に共有財産としてまとまったお金を用意しておくこと」なので、役割はここにあると言えます。つまり、一人では用意できないお金を、大きな財布から使わせてもらうという目的で加入するのです。定期保険がイメージしやすいでしょう。

・「お金を積み立てる」

上記に記した養老保険などはその一例です。

・「不測の事態に備えることで不安を取り除く」

保険の根本概念は相互扶助。少額のお金を納めることで、もしもの時にまとまったお金が得られます。この仕組みを利用すれば、もしもの際の不安を取り除くことができます。

保険に入る必要性があるかどうかは、保険に入る目的から考える必要があります。不安を取り除く目的であるならば、何に不安があるのか。そこを明確にすることで、自分にとっての保険の加入意義が明確になります。以下は必要なケース、不要なケースのパターンを記載します。あくまで参考例なので、ご自身が必ず当てはまるわけではありません。

死亡保険の必要性があると思われるパターン

  • お金を残したい相手がいる

両親・妻・子供、それぞれですがどういう人にどの程度残したいのか、自分で把握しておく必要があります。

  • 老後のお金の準備をしたいが貯金できない

養老保険のような貯蓄性の高い保険であれば、簡単に引き出すことはできないので、強制的に貯蓄をすることができます。貯蓄が苦手な方は加入した方が良い場合もあります。しかし、日々の生活で自由に使えるお金がその分減ることになるので、バランスは考えましょう。

  • 一時的に保障が欲しい

貯金で入るまでの保障が欲しい場合も、有効活用できます。この場合、「定期保険」という安価な掛け捨てタイプに加入しながら、お金が貯まったら解約する、という方法も。終身保険にすると、貯蓄性のある保険かつ保険料が固定のため資産計画しやすいのですが、保険料が割高になり自由に使えるお金が減るため、貯金の少ない方は定期保険にするのも選択肢の一つです。

  • 保険に入っていないことへの漠然とした不安がある

無知識で入ってないことへの漠然とした不安がある方は、安価な掛け捨て保険で1500円程度のものもあるので、とりあえず加入するのもいいでしょう。しかし、とりあえずで済ませるのでなく、しっかりと見直すことも大切です。

死亡保険が不要と思われるパターン

  • お金を残したい人がいない

親も妻も子供も経済的に自立しており、誰に残したい、というのがパッとしない・・・というなら必要性が低いと言っていいでしょう。

  • 十分な貯蓄がある

必要保障額といわれるほどの額を自分で貯蓄できるのであれば、保険に加入する必要性はないでしょう。生命保険文化センター「生活保障に関する調査(平成28年)」での加入金額の平均を見てみると、男性1,793万円、女性794万円となっています。一番お金のかかる子供の学費を換算したりなどしても、加入の必要がない場合もあるでしょう。

  • 若く独身で、貯蓄もあまりない。必要性を感じない。

若く勤めたてで貯蓄もなく、特にこれといった不安もなければ特に加入する必要がない場合もあります。また、加入目的が明確になく、必要性がなければ、無理に加入する必要もないでしょう。

このように自分の人生のフェーズや収入・支出状況、また、価値観で必要性が変わってきます。

一度自分自身に保険が必要か考えてみることは、決して無駄ではないはずです。自分一人でもよいですし、専門家に聞いても良いと思います。どんな形であれ、一緒検討してみることをお勧めします。

まとめ

https://www.pexels.com/photo/adult-affection-beautiful-bouquet-566454/

このように死亡保険にはいろいろな種類があります。

必要性を検討し適切な保険に加入することで、支出は増えてしまうかもしれませんが、万一の保障が得られることは自分以外にも大きな安心感があるのではないでしょうか。

また、仕組みや保障内容を理解せず保険に加入していた方は、適切な保険かどうか見直すことにより、保険料削減につながる可能性もあります。

削減した分を教育費に充当したり、老後資金に回したりすることもできるようになります。

そもそも保険が必要かどうか、また、入っている保険が適切かどうかの判断には、自分の収入状況や支出状況、家族構成、仕事の状況等、パーソナルな要素が大きく関わってくるため、専門家のアドバイスをもらっても良いかもしれません。

保険は万が一の際の大きな助けとなるものです。

それは自分だけのことでなく、家族のためになるものです。

「わからない」ではなく、大枠だけでも理解し、将来訪れるかもしれない「もしも」に備えていきましょう。

実際に体調を崩すなどの場面がないと保険を真剣に加入する機会はおろか、学習する機会もないかと思います。
当サイトでは、保険加入を真剣に考えている人はもちろん、まずはどのようなものがあるのかを知識として身に着けておきたいかた向けに大手企業に在籍する保険相談員への相談を【無料で】提供しております。興味のあるかたは下記フォームから申込をお待ちしております♪

無料保険相談はいかがですか?

「記事を読んでも、よく分からない」「実際に、保険のプロに聞いてみたい」そんな時は、保険サミットの無料保険相談サービスをどうぞ。 弊社の紹介する保険のプロが、こちらから最寄りのカフェまで伺います。 もちろん、その場で契約を迫られるような事はありません。是非、お気軽にお申込みください。