生命保険における積立と掛け捨ての正しい選択方法とは?

生命保険における掛け捨てと積立とは?

この記事の内容をざっくり言うと・・・

  • 生命保険には大きくわけで支払ったお金が貯蓄されるかわりに支払い保険料が高い「積立型」と安い保険料であるかわりに支払ったお金は帰ってこない「掛け捨て型」にわかれている
  • どちらが得、損というわけでなく何のためのどのくらいの保障を求めているのかどうかによって向いている保険が変わってくるのでしっかりと自身の環境に照らし合わせて考えることが必要

生命保険は大きく分けて「積み立て型」と「掛け捨て型」とがあります。保険の種類はたくさんありますし、どれが良いのか迷ってしまう人がほとんどだと思います。自分にとって、「積み立て型」と「掛け捨て型」のどちらが良いのかを判断することで、数多い保険商品を絞ることができます。保険選びのファーストステップといっても良いでしょう。

ここでは、「掛け捨て」と「積み立て」という2つのタイプについて、それぞれどういうものなのか、見ていきたいと思います。世間一般的には「掛け捨て」の方が損するのでは?というマイナスイメージが強いようですが、どちらの商品が損で、どちらが得かということはありません。イメージで判断せず、内容を理解して、目的に応じてどちらが良いのかを選択しましょう。

積み立てと掛け捨ての比較

https://www.pexels.com/photo/gold-round-coins-50545/

積み立てと掛け捨てについて、特徴を比較していきたいと思います。

積立保険とは?

「積み立て」とは、支払った保険料が解約返戻金や満期時の保険金が支払われるものの、保険料は「掛け捨て」に比べて高めの保険です。従来多かったタイプになります。保険料が高めなのは、貯蓄重視の保険で、保険料に貯蓄分が含まれているためです。保険料の金額はずっと変わらず一定です。

掛け捨て保険とは?

掛け捨て保険とは、支払った保険料は解約返戻金や満期時の保険金として戻って来ない(もしくは非常に少ない)代わりに保険料は安いという最近人気のタイプの保険です。保障重視で、貯蓄分が保険料に含まれないため保険料が安価になります。ただし、保険料に関しては更新ごとに上がるので、その点は要注意です。

双方の違いをまとめると以下のような表になります。

積み立てと掛け捨ての主な違い

掛け捨て型 積み立て型
代表的な保険 定期保険 終身保険
養老保険
保険のタイプ 保障型 貯蓄型
保険料 安い 高い
中途解約時の返戻金 なし(もしくは非常に低い) あり(支払った保険料総額を下回る可能性あり)
満期保険金 なし 終身保険…なし
養老保険…あり
保険期間 一定期間 終身保険…一生涯
養老保険…一定期間

特徴としては、

・掛け捨て(定期)型は保険の更新ごとに保険料が上がる

・掛け捨て(定期型)は保険の見直しがしやすい

・終身保険の保障は一生涯続く

・保険料の払い込み期間は自由に決められる

・保険金が必ず受け取れる

など、基本的には上記のような違いがあります。

保険商品の中には、特約などによりこれらのタイプを組み合わせた「混合」タイプの商品もあります。保険の種類ごとに積み立てか、掛け捨てか、もしくは混合のタイプか、まとめたものが以下の表になりますので参考までにごらんください。

保険の種類一覧

保険の種類 掛捨 積立 混合
定期保険 一般的に掛け捨てといえば、10年満期(更新)のこと。
収入保障保険 掛け捨て商品
逓減定期保険 掛け捨て商品
長期定期保険 満期時の返戻金は0円。途中ではお金が貯まっている。
逓減定期保険 満期時の返戻金は0円。途中ではお金が貯まっている。
終身保険 積立型商品。年齢や払込期間によって返戻率が異なる。
養老保険 満期時に保障額と同額の満期金を受け取り、保障が終了。
定期付終身保険 定期保険+終身保険の商品
無選択型終身保険 一部、返戻金あり
アカウント型保険 積立部分と、定期保険や医療保険など、掛け捨て商品の混合商品。
三大疾病保険 定期の掛け捨て型と終身の積立型の両商品あり。
  1. 掛け捨てと積み立てのメリット・デメリット

https://www.pexels.com/photo/numbers-money-calculating-calculation-3305/

上記で掛け捨てと積み立ての特徴を見てきましたが、満期時や解約時にほとんどお金が戻ってこない掛け捨て型と、お金が貯まっている積立型、果たして、どちらのタイプがいいのでしょうか?

掛け捨て型と積み立て型の、それぞれのメリット・デメリットを確認しておきましょう。

積み立て型保険のメリット・デメリット

まずは「積み立て」型保険のメリットとデメリットを見ていきましょう。

*メリット

・解約時に返戻金がある

保険料の中に、保障分だけでなく貯蓄積み立て分も含まれるため、解約の際には、その積み立て分が戻ってきます。しかし、保障分は戻らないため、中途解約の場合、それまでの支払い総額を返戻金が下回ることがほとんどです。

・支払った保険料の総額よりも多くの保険金が戻ってくることも

貯蓄重視タイプの保険ですので、満期時(中途解約の際でも)に契約内容によっては、利率分が上乗せされて戻ってくる場合があります。

・毎月の積立ができる

保険料に積み立て分が含まれているので、保険料を支払うことによって、意識せずとも確実に長期間をかけて積み立てをしていることになります。

・老後の資金計画が立てやすくなる

一般的に一時金や満期金が何歳のときに支払われるかが予定されているため、老後の資金計画を立てやすくなります。

*デメリット

・保険料が高額

保険料に貯蓄分の積み立て分が含まれるため、掛け捨て型に比べて割高になります。保障額についても、必要額を確保できない場合、万一に備えて掛け捨て保険と組み合わせて活用しても良いかもしれません。

・支払った保険料の総額よりも受け取る保険金の額が下回る時もある

特約などを付けて保障を手厚くすれば、保険料のうちの保障分の割合が多くなり、積み立て分として受け取る保険金の額が支払った保険料の総額を下回ることがあります。

積み立て型のメリットとデメリット

メリット デメリット
・一定期間を超えると支払った総額よりも多くの保険金が戻る場合がある
・解約時に返戻金が戻ってくる
(満期前の場合は支払い総額を下回る)
・意識せずに毎月積立ができ、資金計画を立てやすい
・老後の資金計画が立てやすい
・同程度の保障額の掛け捨てタイプより保険料が高額
・支払った保険料より保険金が下回ることがある

掛け捨て型保険のメリット・デメリット

次に「掛け捨て」型保険のメリットとデメリットを見ていきましょう。

*メリット

・保険料が安い

保障分だけを保険料として支払うので、費用を抑えられます。異なる会社の掛け捨てタイプを組み合わせたり、積立タイプのものをベースに大きな保障が必要な時期だけ掛け捨てタイプの定期保険を契約したりなど、保障に関しても柔軟さを出しやすいのもポイントです。

・保険料を抑えたうえで、万が一に備えた保障がえられる

掛け捨て型は保障重視タイプの保険ですので、満期返戻金や中途解約での返戻金がない(あったとしても少額)分、保険料が安くても積み立て型と同等、もしくはそれ以上の保障を得ることができます。

*デメリット

・解約返戻金がない、または少ない

保険料が無駄にならないよう、加入中の社会保険や勤務先の福利厚生制度など、予め保障されているものを差し引いた正しい必要保障額を算出した上で商品を選びましょう。

・支払った保険料は返ってこない(戻ってきてもかなり少額)

保障分しか保険料として支払っていないので、返戻金は確保されていません。

・一定期間で保障が切れてしまうものが多い

「保障期間=保険料の払込期間」のものが多いです。

掛け捨て型のメリットとデメリット

メリット デメリット
・同程度の保障額の積み立てたいより保険料が安い
・少ない保険料でも万が一の時に所定の保障を受けられる

・掛けた保険料が返ってこない(返ってきても少額)
・一定期間で保障が切れてしまうタイプがほとんど
・積立性が低い

●「掛け捨て」は損なのか

掛け捨ては損しているような気分になりますが、保険料の構成上、貯蓄型の保険であっても、途中解約だと結局、掛け捨てしたのと同じ程度(かそれ以上)の損をするのです。

結局、掛け捨て型の保険料は「保障」のみの値段であり積み立て型の保険料は、「保障+貯蓄」の値段であるため、その分、保険料が高くなっています。そして、積み立て型において解約返戻金として戻ってくるのは「貯蓄」部分のみです。「保障」部分は、お金を払ってそれを買ったのですから、その代金だった分は戻ってきません。このことを理解すれば、掛け捨てのお金は、本当の意味で「捨てて」いるわけでもなければ、貯蓄型に比べて「損」をしているわけでもないことがわかります。

どちらが得、どちらが損、というわけではなく、目的によって使い分けるものであることを、改めてご理解いただけたでしょうか。

どちらかを選択するときのポイント

https://www.pexels.com/photo/black-and-white-people-bar-men-4417/

掛け捨て型保険と積み立て型保険、どちらのタイプを選ぶのが良いのか選ぶためのポイントをおさえておきましょう。

●一生涯の保障・安心が欲しいなら「積み立て型」

掛け捨て型と積み立て型保険の大きな違いは保障が一生涯続くかどうかという点もあります。終身保険は契約日から満期日まで保険料を払い終えると、死ぬまで保障が一生涯続くという特徴を持った保険です。

保険金を確実に遺族に残したい人や、死亡整理金(葬式費用など)や相続対策として使ってほしいと考える人は、貯蓄型の方が安心です。掛け捨て型に加入し続けるという選択肢もないとは言いませんが、更新のたびに保険料が上がりますし、なにより年齢や健康状態によっては契約を断られることがあります。

●確実にお金を貯めたい人は「積み立て型」

意識せずとも保険料を支払うことで自動的に貯蓄されるので、そこまでの保障額を要せず、長期間をかけて確実にお金を貯めたいという人には積み立て型保険が良いでしょう。

●保険料を安く抑えたいなら掛け捨て

保険料をできるだけ安く抑えたいのであれば掛け捨て型が良いでしょう。積み立て型は保険料に積み立て分が上乗せされますが、掛け捨てタイプには余分な積み立て金を支払わず、保険料が安く抑えられます。ただし、更新ごとにどんどん保険料が高くなっていきますので、早めに加入しないと割高になる可能性があります。

●一定期間のみの保障で良いなら「掛け捨て」

子どもが成人するまでなど、一定期間の保障を確保、または補強したい場合、掛け捨て型が向いているでしょう。若いうちなら保険料が安く済みます。

●貯蓄を自分で行う場合は「掛け捨て」

貯蓄型の保険は「保障」+「貯蓄」で成り立っており、この貯蓄部分は、保険会社に運用を任せている状態です。結果、解約返戻金は色がついて戻ってくるわけですが、貯蓄だけなら銀行でもいいし、リスクを許容できるなら株や投資信託などさまざまな投資や資産運用の方法があります。お金を貯める・増やすということを、保険会社以外でやりたい場合は、保障だけを得られる掛け捨て保険でいいでしょう。

●相続税対策をしたい人は「積み立て」型

死亡保険の死亡保険金は、契約者や受取人が誰かによって、「相続税」「所得税」「贈与税」のいずれかの課税対象になります。ただ、それぞれに非課税限度額や控除額があるため、一定額を超えた場合にのみ税金がかかります。

●まずは加入目的を明確に

生命保険に色々な種類・タイプがあるのは、みんなが同じ目的で生命保険に加入する訳ではなく、求めるものも様々だからです。なので、自分自身が「何のために」「どの期間」「どんな保障」を「どのくらいの金額」で必要としているのかを明確にしましょう。老後の生活資金の確保が目的でも同じように、支出、収入、貯蓄など保険以外の要素も考えて、どれくらいの金額が必要になるかを考えることが無駄をなくすポイントです。

例えば、一家の大黒柱の死亡保障を確保するなら、安くて大きな保障が確保できる掛け捨て型の商品が適しています。また、収入が減ったので保険料を節約したいという場合にも、保険料の安い掛け捨て型が適しているのです。逆に、高額保障が必要ない人というには、積立型がおすすめとなります。どのタイプがいい悪いではなく、上手に使い分けをしましょう。加入の目的を明確にすれば、どのタイプのものを選べばよいのかがわかりやすくなります。

まとめ

https://www.pexels.com/photo/box-cash-cash-box-cashbox-210611/

「掛け捨て」と「積み立て」、それぞれの特徴や、メリットもデメリットを見てきましたが、違いは理解できましたでしょうか。以前は「掛け捨てはもったいない」という人が大多数でしたが、近年では効率的に保障だけを得ようと考えている人が増えています。

「掛け捨て」と「積み立て」、一慨にどちらのタイプの保険がよいとは言えません。保険を選ぶポイントをちゃんとおさえれば、自分にはどちらのタイプが合っているのかが見えてくるはずです。どちらのタイプの保険にもメリット・デメリットがありますので、それぞれの特徴を理解して、自分に合った保険選びを心がけましょう。自分一人で難しい場合は、専門家に頼ることもお勧めします。

保険商品をうまく活用するためには、保険のプロに相談するのが最も確実な近道であるといえます。
当サイトでは大企業に在籍する保険相談員による無料保険相談を承っています。 ご希望のエリアのカフェに伺って説明をすることも可能なので 興味のあるかたは下記フォームからお申込みください♪

無料保険相談はいかがですか?

「記事を読んでも、よく分からない」「実際に、保険のプロに聞いてみたい」そんな時は、保険サミットの無料保険相談サービスをどうぞ。 弊社の紹介する保険のプロが、こちらから最寄りのカフェまで伺います。 もちろん、その場で契約を迫られるような事はありません。是非、お気軽にお申込みください。