いいファイナンシャルプランナーの見つけ方とは

ファイナンシャルプランナーの正しい選び方とは?

 

この記事の内容をざっくり言うと・・・

  • ファイナンシャルプランナーには保険の相談のみならず、家計の相談、住宅ローン、老後のお金などお金に関わる幅広い内容を相談することができます。
  • 一つの分野に留まらず幅広い相談をできることができる一方で強引な勧誘をしてくるような人が存在するのも事実です。
    しっかりと下記の内容を理解したうえで有効にファイナンシャルプランナーを活用するのが好ましいといえます。

保険の相談を含め、お金の相談をする時は専門家である「ファイナンシャルプランナー」に相談することが多いと思います。特に相談内容の保険は長期にかけて契約するもので、一度お世話になった自分の事情を理解してくれている専門家とは長く付き合うことになると思います。

自分の大事なことを相談する、しかも長く付き合う相手なので、もちろん相性のいい、いい専門家を選びたいですよね。お金の専門家と言って第一に思い浮かぶのは「ファナンシャルプランナー」だと思います。そのファイナンシャルプランナーについて、選び方、見つけ方、活用方法など、順番に見ていきましょう。

ファイナンシャルプランナーとは

https://www.pexels.com/photo/adult-agreement-beard-brainstorming-429247/

ファイナンシャルプランナー(FP)とは、人生設計(金融、税制、不動産、住宅ローン、保険、教育資金、年金制度など)における総合的な資金計画を立てて実現へ導く「ファイナンシャル・プランニング」を行う人の事を指します。

相談できる内容としては以下のようなものがあります。

保険の加入や見直しに関する相談

生命保険は家計の支出にしめる割合が高く、しかも支出は長期にわたるので、人生設計において与えるインパクトが大きいです。専門家としっかり見直すことで家計にも大きな影響がでるポイントになります。

生命保険の見直しに関する相談

人生には、結婚や出産、就職や転職、退職など、さまざまな変化が訪れます。ライフステージが変化すると、出費に加えて有事の際に必要なお金の額が変わることになるため、その時の状況に最適な保険を選ぶ必要があります。

家計に関する相談

保険の問題だけでなく、家計の相談、例えば、貯金が貯まらないといったお悩みも相談することができます。ファイナンシャルプランナーは「現状の問題点」「貯蓄方法」「目標実現の具体策」を個別にアドバイスをしてくれます。

ライフプランの相談

ライフプランの相談は、家計などとは少し違い、誰しもが持っている理想の生き方や夢に対して、その生活を実現するにはどう行動していけば良いか、資金面でのプランを立てる内容になります。このような将来の設計図を作ることで、お金の問題で夢を諦めるという選択肢を、大きく回避できます。あなたの夢や希望が資金面で実現可能か、問題があるとすればどう改善すればいいのか、ファイナンシャルプランナーが資金面でのアドバイスをします。

子供の教育資金に関する相談

日本の教育制度では高校や大学を卒業するまでに多くの費用が必要であることも事実です。教育資金は「教育プラン」によって大きく変わりますが、どれくらいのお金をどうやって準備すればよいのか、教育プランや家計の状況を踏まえて、アドバイスしてくれます。

老後の資金に関する相談

現在、平均的な生活をするために必要な老後の生活費は1ヶ月に約24万円とされており、それに対する年金収入は約20万円ですので、毎月4万円程度の不足があります。また、退職したあと公的年金が出るまでに5年間の無収入期間があります。年金制度も今後破綻するかもしれないと言われているため、なにもせずに「普通の生活」を送ることは難しいでしょう。まとまった金額を退職時に用意するには、年齢、貯蓄、退職金の有無など関わってきますので、老後のことは一度ファイナンシャルプランナーに相談した方がほうがよいでしょう。

住宅ローンに関する相談

住宅は人生の中で最も高い買い物です。多くの方が住宅ローンを組んでいますが、ローンの返済は家計にとって大きな割合を占めています。少しでも「軽く」「短く」したいという要望も、ファイナンシャルプランナーなら、将来の家計を見据えたローンの組み方や控除など、住宅取得に関するお金のこと全般を相談できるでしょう。

他にも

・税制や相続に関する相談

・資産運用の方法や金融商品に関する相談

など幅広く相談することができます。

上記の項目は、「人生設計における資金計画」の相談が出来るという点で共通しています。このようにファイナンシャルプランナーは幅広い分野に関わる仕事のため、個々に得意な分野があったりと個人差があることは知っておきましょう。

【FPの専門分野と扱う商品】

分野/扱う商品 不動産投資 住宅ローン 保険 家計 投資・運用 税金 相続 年金
確定申告
不動産経営
不動産投資
医療保険
住宅ローン
がん保険
保険見直し
損害保険
先物
為替
個人年金
相続税
遺言

ファイナンシャルプランナーに相談するベストなタイミング

https://www.pexels.com/photo/adult-agreement-beard-beverage-541523/

ファイナンシャルプランナーに保険や家計の見直しの相談をするタイミングは、人生で大きなイベントがあった時が良いかと思います。

就職した時

将来についてまだ何もわからない状態と思いますので、積立て商品の効果などFPに相談する事で今後の方針を見据える事ができます。保険に加入の有無に関わらず、お金の話は会社では教えてくれない事がほとんどですので、聞いておくだけでも損はないでしょう。

結婚したとき

結婚したら、女性の場合は妊娠すると保険に加入しにくくなります。入院保障が充実した医療保険などを検討する時期としては適切でしょう。

出産した時

家族が増えた場合は、今後の家計のことや保険の保障が充実しているものに変更するなど見直す必要があると思います。

マイホームを購入した時

マイホームを建てる場合、団体信用生命保険に加入するのが一般的ですが、もし団体信用生命と重複して生命保険に加入している場合は、ローンの返済を見越した見直しが必要かもしれません。

離婚した時

離婚をすると男性は家族を扶養する義務がなくなりますので、死亡保障を少なくする事が考えられます。また、子供の養育義務は残りますので、死亡保障の受取人の変更手続きなどが必要になるでしょう。

相続対策をしたい時

相続によって相続税が発生する可能性がある場合は、終身保険などの補償を厚くしておく必要があります。相続の際にトラブルにならないように資産すべてを見直すことが必要です。

定年退職した時

退職してからの生活費は年金でまかなうことになります。年金で足りなかった場合、どこでどのようにカバーしたら良いのかを相談するのが一般的です。

その他

子供の独立、開業時など、やはり生活が大きく変わるタイミングで相談に行かれる事がベストなタイミングでしょう。

信頼できるファイナンシャルプランナーの選び方

https://www.pexels.com/photo/adult-blur-boss-business-288477/

次に、ファイナンシャルプランナー選びのポイントを見ていきたいと思います。

資格を持っていること

FP(ファイナンシャルプランナー)の証である「CFP資格」と「AFP資格」を持っているかどうかは一つの基準となります。ファイナンシャルプランナーは資格を持っていなければできない仕事ではありませんが、FP資格の取得は、ファイナンシャルプランニングの知識を持っている証となるものです。

*CFP資格とは

世界24カ国・地域で認められた、世界水準のファイナンシャルプランニングサービスを提供できるプロであることを証明する上級資格。国際CFP組織とFPSBとのライセンス契約の下に、日本では日本FP協会が認定を行っています。

*AFP資格とは

国内で幅広く普及している、20年以上の歴史を持つFP資格。CFP資格と同様に、2年ごとの更新と所定の継続教育が義務付けられており、日本全国で約15万人の資格認定者がいます。

*ファイナンシャルプランニング技能士について

国家検定制度のひとつで、2級以上の技能士に合格した方で、日本FP協会のAFP認定研修修了者は「AFP資格」の登録権利を得る事ができます。

FPの資格保有者には3つの種類がある

ファイナンシャルプランナーには「企業系」「半独立系」「独立系」の3タイプがあり、それぞれで相談できる内容が異なります。

企業系

保険会社、保険代理店、銀行、証券会社、不動産会社などに勤務しているファイナンシャルプランナーは、商品を自社の保険や金融商品としています。

半独立系

個人あるいは共同で事務所を構えている複数社の保険会社の代理店となっていて、保険だけでなく株式や投資信託を販売する金融商品仲介業者として登録している場合です。

独立系

保険会社の代理店登録がないため、保険会社だけでなく共済や少額短期保険も含めて提案してくれるが、契約の取扱いはできないため、別途各自で契約を行う必要がある。

FPの得意分野は何かを確認しておく

ファイナンシャルプランニングには多くの領域がありますので、ファイナンシャルプランナーにも得意分野と不得手な分野があります。自分の相談内容とマッチした分野に専門的なファイナンシャルプランナーに相談するようにした方が良いので、自分が相談したい分野の年間相談件数や関わってきた年数なども確認しておくと良いでしょう。

他分野の専門家との繋がり

ライフプランニングに対応するには、保険では対応しきれない事あります。その時、他分野の専門家も一緒に紹介してくれたり、協力体制が築ける方かどうかも良いファイナンシャルプランナーかどうかを見極めるポイントになるでしょう。

営業職が強いFPは避けた方が良い

相談料を高く設定しながらも、保険の勧誘をしつこくしてくるファイナンシャルプランナーもいます。そのファイナンシャルプランナーのホームページがあれば「勧誘方針」や「業務内容」などを確認し、取扱保険会社の名前をずらっと並べているような場合は、保険の勧誘が激しい可能性が高いです。

信頼できるかどうか

相談料の料金などは究極的に大きなポイントではなく、一番重要なのは、そのファイナンシャルプランナーが信用できるかどうかです。保険に加入した場合はこれから十数年にわたって保険料の支払いをしなくてはいけません。困った時にアドバイスをくれ、担当が変わった時のことも考え、自分に親身になってくれる方が、本当によいファイナンシャルプランナーだと言って良いでしょう。

有意義な相談にするために

https://www.pexels.com/photo/blur-cellphone-close-up-conversation-401684/

「保険について聞きたいけど、何を質問したらいいかよくわからない」という方が多いと思います。もちろん、その状態でも良いのですが、せっかくのファイナンシャルプランナーの時間を有効活用するのであれば最低限、保険に関する以下の点は予習していきましょう。双方にとってより有益な時間になります。

そもそも保険は必要か一度検討する

年齢が若ければ若いほど病気になったり死亡したりするリスクも低いので、現段階で入る必要があるかを事前に一度しっかり検討しましょう。また、定期保険と終身保険の違いは知っておいた方が話は進みやすいでしょう。

保険のメリットを理解しておく

保険は主に下記のようなメリットがあります。

・病気になったときに入院給付金・診断給付金・通院給付金が受け取れる

・満期になったときに満期保険金が受け取れる

・死亡したときに死亡保険金が受け取れる

・一定の期間で生存給付金や祝い金が受け取れる

・年金を受け取れる年齢に達したときに保険金が受け取れる

目的に合わせて上手に加入することが、保険を自分のライフスタイルに役立てるポイントです。

相談する目的を明確にしておく

漠然と「将来のことが不安だから」というだけでは、FPからも有益なアドバイスはできません。目的を明確にするだけで1回目の相談が終わってしまっては双方の時間が無駄になってしまいます。有効なアドバイスを得るには、ある程度は具体性を持った相談ができるように、用意しておくことをおすすめします。

わからないことはその場で質問する

ファイナンシャルプランナーの説明のなかで、疑問や不明点があれば、遠慮せず聞くことも重要です。より良い方法が見つかるケースもあります。

個別に保険に加入するのは損が大きい

ファイナンシャルプランナーの基本は仲介業務ですが、本質はワンストップショッピング(一度の購入で全て揃うこと)です。ファイナンシャルプランナーは、複数の証券会社や保険会社と提携していますので、多くの商品の中から最良のものを選択できる体制があります。提案を受けたあと自分で商品を買いに行き、そこで全く違う商品を買ってしまってはFPに相談した意味がなくなってしまいます。仲介手数料を目的に不要な商品を勧めるようなFPもいますが、もし、強引に商品を勧めるようなら、無視して帰りましょう。

まとめ


https://www.pexels.com/photo/adult-business-choices-choosing-515169/

ファイナンシャルプランナーの選び方から相談する際に知っておくべき点などを記載しましたが、いかがでしたでしょうか。いろんな観点から考えると、ファイナンシャルプランナーを選ぶ際に、目利きができず、良いのか悪いのかわからなくなってしまうと思います。結局は話してみて、信用できる人かどうかであると思いますので、怖がらず、こちらがジャッジする目で一度相談して見て判断すればよいのではないでしょうか。

また、実際に相談する際は、事前に準備をしていった方が、お互い有意義な時間が過ごせます。自分のためにも、相談の目的や保険の簡単な知識などは頭に入れておいた方が良いでしょう。

当サイトでは大手企業在籍の保険相談員をご紹介することが可能です。上記してきました内容を踏まえ、ご相談を頂ければ有意義な時間を提供できるかと考えております。ご興味いただけるかたは下記のフォームより申し込みください。

無料保険相談はいかがですか?

「記事を読んでも、よく分からない」「実際に、保険のプロに聞いてみたい」そんな時は、保険サミットの無料保険相談サービスをどうぞ。 弊社の紹介する保険のプロが、こちらから最寄りのカフェまで伺います。 もちろん、その場で契約を迫られるような事はありません。是非、お気軽にお申込みください。