保険見直しのポイント〜生命保険更新時の注意〜

生命保険飲み直しはどう考える?

 

この記事の内容をざっくり言うと・・・

  • 生命保険の見直しは「種類」「受取人」「受取金額」「保障金額」「保険料」をそれぞれ考える必要がある
  • タイミングも重要で「結婚時」「出産時」「離婚時」「マイホーム購入時」子供が独立した時」「定年退職を迎える時」などが良いタイミングであると言える
  • 見直しをする際には「無保険状態にならないように」「なるべく多くの保険会社の見積もりをとる」事が注意点となる

生命保険は誰にでも必要というものでもありませんが、なんとなく勧められて、「内容を把握していないけれど加入はしている」という方は、今からでも生命保険の見直しをしてみることをおすすめします。生命や怪我、病気に関わる損失を保障する生命保険ですが、一口に生命保険と言っても保険会社によって保障内容には様々な違いがあり、数多くの種類が存在します。世の中に数多くの生命保険がある中で、あなたは本当にしっかりと選んで生命保険に加入しているでしょうか。ランキングが高いからといって考えずに加入をしていないでしょうか。一度見直すことで、より節約にもなるかもしれなせんし、自分に効果的な内容になるかもしれません。

今回は見直すときに知っておきたいことを順番に見ていきたいと思います。

保険の見直しポイント

https://www.pexels.com/photo/road-landscape-nature-sky-56832/

「自分が加入している保険の内容をそんなに把握していない」、「加入している保険が自分にあっているかわからない」という人は意外と少なくないのではないでしょうか。決して安くはない保険料を支払いながら、自分が加入している保険の全容を知らないことは、実はとてつもなく大きな損をしている可能性があります。では、実際見直す時はどういうポイントを見直せば良いのでしょうか。以下のポイントを確認していきましょう。

生命保険の種類を見直す

まず、第一に、保険の種類・内容に注意しましょう。いざという時に必要な保障が全く受けられない状況だったら一大事です。必要な保障、つまり生命保険に入る目的を果たすような種類の保険であることが大前提です。

「家族の生活を守るため」「老後の生活のため」によって定期保険か終身保険かは変わってきます。また、死亡保険でないもの、学資保険や医療保険で間に合う可能性もあります。自分の目的に合わせて、必要な保険の種類を把握することが重要です。

受取人を見直す

受取人とは、保険金を受け取る人のことです。基本的には誰を指定してもいいのですが、通常、配偶者や子どもなどの肉親を指定します。肉親以外の場合、内縁の妻の場合でも、トラブルを防ぐため保険会社に関係を調査される場合があります。

保険金受取人が法定相続人であると、税制面での優遇があります。詳細は別記事「11 生命保険を受け取る時にかかる税金」に記載していますが、かなりの額の控除がありますので、配偶者や法定相続人にするのがベストと言えます。受取人を配偶者に設定していない人は配偶者に、それでなくても最低でも法定相続人に受取人を任せるべきであると知っておきましょう。結婚する前に加入していた保険に受取人を両親にしているという人は配偶者に受取人を変更すべきです。

保障金額を見直す

保障金額は高い方が安心ですが、その分家計に対する負担が重くなります。保険料は月々かかる費用なので、自分の資産状況や生活に合った保障金額にしなければ負担が重くのしかかることになります。その結果、支払いが滞り中途解約になってしまえば大損なので、保障額は高くすればよいものでもありません。一度必要補償額を算出し、そこから公的年金や勤めている会社の福利厚生などによる収入を差し引いて考えた額を設定しましょう。(参照:「8 必要補償額の算出方法」)

上記の収入と現在ある預貯金やその他証券なども差し引いたのが保険によってまかなう必要がある金額となるわけです。それを参考にして保障金額は考えていきましょう。

保障期間を見直す

保障期間について注意する点として、必要な期間より短い期間しか保障していない場合が多いことです。生命保険は、加入時の年齢が高いほど支払う保険料も高くなるのが一般的です。保障期間後、更新を考える際に、年齢を重ねた分だけ保険料が高くなります。

10年更新の保険などは、最初保険料が安く見えても、結果的に他の保険より支払う保険料の総額が高くなることがほとんどなので、早いうちに保障期間を必要な長さまで確保できる保険を選びなおしましょう。

保険料を見直す

保険料そのものも見直しましょう。上記の4つの条件だけでなく、保険料の支払い方法によって保険料が割り引かれることがあります。毎月保険料を払う「月払い」、半年に一回払う「半年払い」・一年に一回払う「一年払い」、期間内の保険料を一回で支払ってしまう「一時払い」・保険料の前払いをする「期限前納」があります。

これらは後者に行くほど保険料が割り引かれます。もちろん一気に払う金額が高くなるので、まとめて払えば払うほど、支払いが苦痛に感じる人もいますが、そうした節約の方法もあることも覚えておいて損はないでしょう。

以上は見直しのポイントを記載しました。自分の現在加入している保険の現状、それから自分自身の現状と、保険加入の目的を把握した後に、自分の期待する通りの内容なのかどうか再確認してみましょう。また、結婚、出産、転職、退職などなど、ライフスタイルの変化によって必要な保障内容が変わってくる場合もあるので、見直しをする際は将来のことも視野に入れて考えるとより良いかもしれません。

保険の見直しのタイミング

https://www.pexels.com/photo/bird-s-eye-view-cars-crossing-crossroad-5486/

前章にて見直しのポイントを見てきましたが、では、ここでは見直しが発生しやすいタイミングを見ていきたいと思います。

保険における必要保障額は生活状況に応じて変わってくるため、結婚・出産・退職の時など、ライフスタイルが大きく変化する時は、保険を見直すいい機会だと言えます。逆に言えば、生活状況が変わったときに必要な保障が変わります。では、どのような生命保険を見直す必要がある一般的なタイミングを順にみていきましょう。

結婚したとき

保険という観点からみて、結婚することで、「配偶者」という続柄が新たに加わるのは大きな変化です。配偶者に対する相続税の税額控除は大きく、生命保険金の受取人を両親にしているか配偶者にしているかで、実際に受け取れる金額は大きく変わってきます。また、二人での生活になるので家計的にも変わることが多いはずです。生活費が増えるため、保障金額を増やす必要などがあるでしょう。そういった点に対応するための見直しも必要となってくるでしょう。

出産したとき

新たな家族として子どもが生まれると、家族が一人増え、当然生活費も増えます。生活費の問題だけでなく、子どもの教育費も考えれば、保障額を増やしたり、学資保険などに加入したりする必要があるでしょう。また、子どもも法定相続人であるため、受取人について考える余地が広がることになります。

離婚したとき

それまで夫婦で共有していた家計が分離するため、それに応じた保険の変更をする必要があります。子どもの有無によって必要な変更は変わってきますが、間違いなく必要となるのは保険の契約者・受取人の変更です。子どもがいる場合には片親で子どもを育てることになりますので、子どもの生活を保障するために自分が亡くなってしまった際の保障金額を増やす必要があります。

マイホームを購入したとき

マイホームの購入の際には、たいていの人はローンを組みます。このローンが実は重要なのです。ほとんどのローンには「団体信用生命保険」という保険が付随しています。これはローンの支払いの途中で契約者が亡くなった場合、それ以後のローンの支払いを免除するというものです。この保険によってローンのための分の生命保険の保障額を減らすことができます。

子どもが独立したとき

子どもが独立すると、保険の目的も大きく変わるでしょう。それまでは万が一のことがあっても家族全員が生活を維持できるようにするのが主目的だったものが、夫婦二人が余生を安心して過ごすための保険となるわけです。そのためには残りの一生を保障してくれる生涯保険がもちろん、子どもが独立した分保障額を減らすことができます。負担が減らせる分を計画的に貯蓄すれば、夫婦の豊かな老後生活に備えることができます。

定年退職を迎えるとき

今まで家庭を支えてきた方が定年退職を迎えると、収入を保障する必要性が無くなりますので、高額な死亡保障や医療保障が必要なくなることが考えられます。また、養老保険・個人年金保険などは、このタイミングで保険金を受け取ることになってき始めるでしょう。

更に、家族に対しての相続も見据えた動きをしていく時期でもあるため、今までと保険の役割も変わってきます。一家の大黒柱が定年退職を迎えるタイミングは、保険を見直すタイミングだと言えるでしょう。

保険は生活に密着したものだけに、こうした人生のターニングポイントで見直す必要があるのです。こうしたターニングポイントを過ぎたのに保険がずっと同じだという人は今からでも遅くはありません、自分に合った保険に変えていきましょう。

見直すときに注意すべきこと

https://www.pexels.com/photo/auto-automobile-automotive-blur-451590/

生命保険を見直すポイントをここまで紹介してきましたが、ここで見直すときに注意すべきことをお伝えします。

無保険状態にならないように注意する

見直しの結果、他の保険会社に乗り換えることになった時、乗り換え手続きの際に、保険料の二重払いを避けるためにと今の保険を早々に解約してしまうのはリスクがあります。加入していた保険をさっさと解約してしまうと、乗り換え先の保険に加入を拒否されてしまった場合、どの保険の保障も受けていない無保険状態になります。

その時に「万が一」が起こったら大変なことになるので、しっかりと保障が始まるタイミングを確認しておきましょう。一般的に、保障は、診査と初回の保険料の支払いを行ってから始まります。しかし、もし診査で、健康状態に問題があると判断されてしまうと、保険への加入そのものが拒否されてしまいます。保険の乗り換えは、二重払いのリスクもありますが、しっかり確実に新しい保険への加入を終えてから、古い保険を解約するようにしましょう。

なるべく多くの会社の保険で見積もりをとる

同じ保険内容でも会社によって保険料が大きく違うことがあります。一つや二つの保険を見ただけで安易に決めてしまっては、損をする可能性があります。多少面倒でもなるべく多くの保険会社の商品を見てみることをオススメします。

まとめ

https://www.pexels.com/photo/aerial-photography-of-cars-on-road-intersection-186537/

自分自身で、自分の生活状況だと、どの会社のどの保険を選ぶのが一番おトクなのかといった具体的なことはなかなか判断しづらいのが現実でしょう。そんな中で生活の変化に合わせて保険を変更するなど、なかなか高度なスキルになると思います。

そういった場合は一度専門家に相談していても良いかもしれません。保険は残された人のためにある大切なものです。自分で勉強できる方は良いのですが、見直しをする際は、他の人の力を借りてでも、しっかりと自分に見合った保険を選択するようにしましょう。

当サイトでは保険の見直しの際の目的の見直しからご支援のできる親切な保険相談員を無料で紹介しております。
興味のあるかたはホームページの下記からお問い合わせ頂ければ幸いです。

無料保険相談はいかがですか?

「記事を読んでも、よく分からない」「実際に、保険のプロに聞いてみたい」そんな時は、保険サミットの無料保険相談サービスをどうぞ。 弊社の紹介する保険のプロが、こちらから最寄りのカフェまで伺います。 もちろん、その場で契約を迫られるような事はありません。是非、お気軽にお申込みください。