ライフイベントと保険の見直し〜結婚〜

結婚したあとの保険はどうしたらいい?

 

この記事の内容をざっくり言うと・・・

  • 生命保険を考えるときは、夫婦いっしょに考えることが大切です。お互いが加入している保険内容を知らないままでいると、無駄な保障や不足している保障があっても気付かないことや、せっかく保険加入しているのにそれを配偶者が知らずに給付金や保険金を受け取れないということも起こり得えるので注意
  • 誰のためにどのくらいの保障が必要になるのかを結婚を機に整理しなおし、お互いの公的保障がどの程度あってどれだけの金額を保険で賄う必要があるのかどうかをしっかりと考えることが必要

さて、前項『保険見直しのポイント〜生命保険更新時の注意〜』でも見直しについて確認しましたが、今回はライフステージ別に詳しく見ていきましょう。

「結婚」は人生のなかでも大きなイベント。その時に、保険はどう見直したら良いのでしょうか?

夫婦お互い充実した暮らしを送るために、お金についてパートナーと共に考えることは非常に大切です。夫婦によってカタチは様々だとは思いますが、結婚してからはパートナーと資産を共有する部分が増えるでしょう。今だけではなく、今後のライフプランを考えることで見えてくることもあります。

生活するうえで家計の管理は欠かせません。お互いの収入や感覚、そして今後のライフプランについてしっかりと共有し、どのようにやりくりするのがベストなのか話し合うことで、お金に関する不安を取り除き、充実した夫婦生活に向けて準備をすることができます。保険の見直しも、その準備のうちの一つと言えます。ここでは、「死亡保険」に焦点をあてて、結婚したときの保険を見直すポイントを順に見ていきましょう。

結婚したときの保険の見直し

https://www.pexels.com/photo/midsection-of-woman-making-heart-shape-with-hands-256737/

結婚すると、パートナーと共有する資産も増えるでしょう。その二人でお金のことについてしっかり話し合うことはとても大切です。

夫婦で保険内容の確認をする

結婚したら、夫婦はお互いに自分たちの家庭や生活を守る責任が生じます。もちろん万が一のことが起こった時も、残された家族の生活を守る責任は、夫・妻、両方にあります。
そのため、生命保険を考えるときは、夫婦いっしょに考えることが大切です。お互いが加入している保険内容を知らないままでいると、無駄な保障や不足している保障があっても気付かないことや、せっかく保険加入しているのにそれを配偶者が知らずに給付金や保険金を受け取れないということも起こり得ます。まずはお互いの保険の内容を、夫婦いっしょに確認し合うことから始めましょう。

家計を考えた予算立てを

夫婦での確認を終えたら、独身時代に加入した保険をそのまま残すのか、新しく違う保険に加入し直す方が良いのか見極める必要があります。そのまま残す場合でも、結婚したことによって契約内容の変更が必要な場合があります。

内容を変更する場合、新たな生命保険を考える前に、家計の中からどのぐらいの予算を保険に回せるか、ということを考えておくことが大切です。必要な保障を万全に用意したい気持ちはあると思いますが、保険料が家計を圧迫しすぎるようでは本末転倒です。今の生活を守り、さらに幸せな将来に向かうためのお金の使い方を、夫婦いっしょに夢や目標を語り合いながら考えてみましょう。

共働きの場合、妻が今後、出産や育児に伴い、一定期間働けない可能性があることを考慮して、保険の予算立てをしましょう。特に貯蓄性のある保険は、途中で解約すると損をしますので、先々のことも考えて、長期的に支払いが継続できるようなバランスを取ることが大切です。

専業主婦か、共働きか?妻の収入形態別のポイント

まず、妻が専業主婦、もしくは、働いてはいるが収入の大部分を占めていない場合、大黒柱である夫の保険を優先することです。大黒柱の夫にもしものことがあると、家族全員の生活に影響を及ぼすリスクがあるからです。そのためにも、貯蓄と保障のバランスを上手に取りながら、効率の良い保険選びをすることが大切です。共働きの場合は、夫だけでなく妻の保障をしっかり確保することが鍵となります。

死亡保障を考えるとき、残された家族が実際に必要となる金額(生活や学費など)の合計から、社会保険等でカバーされる公的保障分や、そのほかいくつかの要素を差し引くことで、正しい必要保障額を算出することができます。
万一のときに、残された遺族の生活保障に関連する公的保障とは「遺族年金」のことです。遺族年金は、加入中の公的年金の種類によって受け取る内容が異なりますので、職業や社会保険の内容、収入額などに基づいて、必要保障額をきちんと計算することが大切です。

共働きの場合、夫・妻ともに算出する必要があります。女性の社会進出や学費の高騰に伴い、結婚後、ふたりの収入で家計を支えていくという夫婦は、今後益々増えていくでしょう。このような共働き夫婦の場合、どちらか一方に万一のことが起きたら、家計に影響を及ぼしてしまうという点を認識しておきましょう。

 誰のための死亡保障か?

子どもがいないうちは、夫婦ともに高額な死亡保障は不要です。しかし、近い将来子どもがほしいと考えているようでしたら、保険料が安い若いうちに高額保障を確保しておくのもひとつのコツです。
なるべく安く高額の保障を確保するには、保険料が安い掛け捨ての保険商品を選択することがポイントです。「定期保険」などが、これにあたります。
さらに予算が取れるようでしたら、貯蓄性のある一生涯保障の「終身保険」なども将来の自分の生活のために併せて検討されるといいでしょう。このように、死亡保障は「家族のためのもの」と「自分の老後のためのもの」を分けて準備することで、より効率が良くなります。

大黒柱の夫につける保障はどのぐらい?

*終身保険の場合

一生涯保険料が変わらない終身保険で、夫に万が一のことがあってものこされた家族が生活を立て直すための一時金として最低でも300万円以上の生命保障を確保しておきましょう。それだけあれば、仮に1ヶ月20万円で暮らしたとしても、生活再建まで1年以上の余裕を持つことができます。

*収入保障保険の場合

夫の死亡月から契約期間が終了するまで、毎月まとまった保険金を継続して受け取ることができる収入保障保険では、月額20万円程度の収入を確保しておくのが良いでしょう。

専業主婦の妻に死亡保障は必要?

専業主婦は収入がないので、死亡保障は不要と考える方も多いかもしれませんが、子供がいる家庭で妻に万一のことが起きたときは、夫が子育てのために転職や退職をしたという事例もあります。専業主婦でも、子供の出産予定時期やその後の生活環境などによって、ある程度の死亡保障を確保しておいたほうがいい場合があります。

見直すときのポイント

https://www.pexels.com/photo/love-rings-wedding-bible-56926/

社会保障制度をフル活用!

夫婦のライフスタイルによって、必要となる保障は違います。健康保険や年金制度などの公的保障でカバーされる額は、加入している社会保障制度によってまったく異なりますので、老後の生活費を公的保障だけでは補えない可能性がある場合は正しく算出して、保険を選ぶようにしましょう。ご夫婦の充実した未来のための準備として、保険の見直しをすることはとても大切です。

主婦にとって保険はとても重要です。「夫が生命保険に加入しているから私はいいや」と考えている主婦の方もいますが、もしも余裕があるようなら、夫と家族のための保険を検討すべきです。もちろん、保険とは万が一の時のための備えですから、加入しておかないと損!というわけではありません。大切なのは、無理のない範囲で予算に応じた最適な保険選びをして、夫や家族のための保障をしっかり得るということです。

医療保険についても公的な制度の活用を考えよう!

死亡保険とは違うカテゴリになりますが、医療保険についても公的な制度をできるだけ活用すべきでしょう。万が一貯蓄がわずかであっても、日本には病気をしたときに手当てを受けられる制度や、子供がいる世帯への支援制度などがあります。

社会保障の制度の例:傷病手当金・児童手当・難病医療費

社会保障制度は地域によっても支援制度が異なりますので、気になる方はお住まいの自治体に問い合わせをしてみてください。

ライフスタイル別のおすすめ保険

夫が保険へ加入していて、家計に余裕がある状態ならば、主婦である妻も保険加入を検討すべきです。ここではそのライフスタイル別におすすめな保険をお伝えします。

*余裕のある主婦は貯蓄型の保険を検討

かなり家計に余裕があり、老後のことを早いうちから考えておきたいという方は、養老保険や個人年金保険など貯蓄型の保険への加入も検討しましょう。

*養老保険

満期時に死亡保障と同額の満期保険金が支払われる保険です。満期は50歳以降になるため、老後を見据えて長期加入する必要があります。

*個人年金保険

将来、個人でも年金を受け取れるようになる保険です。支払期間中は死亡保障がついており、保険料が控除の対象になるのが利点です。

主婦が賢く保障を得るためには共済が便利

主婦が家族のための保障を得る手段として、保険以外にも“共済”があります。共済は助け合いの精神で成り立つ非営利団体で、もしもの時の生命保障や医療保障をしてくれるという大まかな仕組みは保険と変わりません。

主に以下が特徴で、「手頃な価格で最低限の保障を得ておきたい」という主婦の方のニーズにぴったり合います。

*特徴

・掛金が安い(最低掛金は1,000円~)

・保障がシンプルでわかりやすい

・割戻金がある

種類は、コープ共済、JA共済、県民共済、全労済の4つがあります。中でもコープ共済は、食料品や日用品の宅配サービスを活用できるので、子育てに奮闘中の主婦にとってはかなりありがたい共済です。

まとめ

https://www.pexels.com/photo/accessory-anniversary-band-celebration-265856/

主婦の方にも必要な保障はありますが、やはり“夫の保障を優先して家計に無理なく加入する”ことが重要になります。夫婦共働きの場合は、妻の保障も重要になってくるので、その夫婦のライフスタイルに合わせた保険の設計が必要になるでしょう。現在の収入・支出のバランスを考え、保険にかけられる予算はいくらくらいか、最低限必要な保障は何であるのか、一度専門家に相談してみるのをオススメします。

当サイトではご自身のライフプランに合わせた無理のない保険活用のアドバイスができる相談員を無料でご紹介することが可能です。長い目でみたライフプランニングの相談に気軽に乗る事ができますので興味のあるかたは下記フォームより申し込みをお待ちしております。

無料保険相談はいかがですか?

「記事を読んでも、よく分からない」「実際に、保険のプロに聞いてみたい」そんな時は、保険サミットの無料保険相談サービスをどうぞ。 弊社の紹介する保険のプロが、こちらから最寄りのカフェまで伺います。 もちろん、その場で契約を迫られるような事はありません。是非、お気軽にお申込みください。