ライフイベントと保険の見直し〜住宅購入や転職〜

転職や住宅購入時に生命保険について考えるべきこととは?

 

この記事の内容をざっくり言うと・・・

  • 住宅購入時には住宅ローンに紐づく保険に加入する事ができるため、生命保険との重複を避けるために見直しをかけるのがベター
  • 転職時には、会社員から自営業・自営業から会社員の場合には公的な保障が大きく変わるので要注意。会社員から会社員への転職の際にも福利厚生や社会保険の内容が異なる可能性があるので注意が必要

住宅を購入した時、転職をした時、これらは保険を見直すチャンスです。団体信用生命保険や住宅ローンなど、難しい単語がいっぱい出てきますが、これらはきちんと理解すれば保険料を節約できます。転職をした時も、知っておいた方が良いことがたくさんあります。これらを順に見ていきましょう。

住宅を購入したときの見直し

https://www.pexels.com/photo/architecture-facade-house-lawn-259600/

住宅を購入し、住宅ローンを組む際、ほとんどの金融機関では団体信用生命保険への加入を条件としています。しかし、それまでに生命保険に加入している方も少なくないでしょう。住宅を購入したときの生命保険の見直しについてご紹介します。

団体信用生命保険への加入

冒頭でも説明した通り、住宅ローンを組む際、ほとんどの金融機関では団体信用生命保険への加入を条件としています。団信に加入しなかった場合は、生命保険の保障を手厚くする必要があります。

団体信用生命保険とは

住宅ローンを組んだ人が死亡、又は高度障害状態になった場合に、その保険金でローンの残金が完済されるという仕組みの保険です。略して「団信」と呼ばれています。「団信」は健康状態によって加入できない場合がありますが、「ワイド団信(引受基準緩和型団体信用生命保険)」であれば、健康上の理由で団信に加入できない方でも加入できる可能性があります。

フラット35とは

住宅金融支援機構が民間の取扱金融機関と共同で提供する、最長35年の長期固定金利型の住宅ローンです。フラット35で住宅ローンを組んだ場合は、団体信用生命保険への加入は任意となります。返済期間を長く取ることで、月々の負担をなるべく減らしたい方におすすめの住宅ローンです。

団体信用生命保険に加入すれば、住宅ローンの返済途中で契約者に万が一のことがあったとしても、残された遺族の住宅ローン返済は全額免除となります。

住宅を購入したときの生命保険に見直しポイント

①保障が重複!?

団体信用生命保険は契約者の万が一に備える生命保険ですので、住宅を購入する前に他の生命保険に加入されていた方は、保障が重複してしまう可能性があります。万が一の際の住居費を生命保険で保障していた方は、このタイミングで見直すことで無駄を省くことができます。
また、団体信用生命保険では保障されない「生活費」や「学費」、「医療費」については他の生命保険で備えておく必要があります。例えば、住宅ローン返済中に病気やケガで働けなくなった場合の保障を手厚くしておくという方法もあります。

②賢く使おう!団体信用生命保険!

住宅ローンには、フラット35のように団体信用生命保険への加入が任意となっているものもあります。団体信用生命保険に加入しなかった場合、借入者に万が一のことがあった際も、遺族が住宅ローンを返済し続けなければなりません。そのため、遺族のために死亡保障を上乗せする必要があります。上乗せする保障額は、住宅ローンと同額程度で、団体信用生命保険と同じ逓減型の「逓減定期保険」や「収入保障保険」での準備が考えられます。

住宅は人生で一番高い買い物と言われており、家計の見直しをすべきタイミングです。住宅を購入したことで、月々の保険料が負担になってしまうことも考えられますので、必要保障額を考慮しつつ、無駄をなくすようにしましょう。

転職した時の生命保険の見直し

https://www.pexels.com/photo/white-laptop-female-hand-note-pen-phone-desk-6471/

転職すると、収入や支出が変化するのと同時に、転職先の社会保険や福利厚生制度により必要保障額が変化します。また、会社員の方と自営業の方では公的な社会保険の内容が違いますので、個人事業主に転身した人は注意が必要です。また、転職によって社会保険の内容が変更になると、保険について、補足したい内容が加わるかもしれません。

会社員と自営業では公的な保険の内容が違う

会社員として働いている方は、社会保険への加入が義務付けられていますが、会社員の方と自営業の方では加入している社会保険の内容に違いがあります。
会社員の場合は「健康保険」、「厚生年金保険」、「労災保険」、「雇用保険」などの社会保険が付与されています。一方で、自営業や独立した方、フリーで働いている方の場合は「国民健康保険」や「国民年金」に加入しています。
それぞれ内容に違いがあるので、「会社員から自営業」に転職、または「自営業から会社員」に転職の場合は手続きが必要となります。また、どのような違いがあるのかをしっかりと確認し、内容を把握しましょう。

生命保険の見直しは必要?

社会保険への加入は義務付けられていますが、生命保険は任意です。既に生命保険にご加入の場合は、社会保険でカバーできない部分を補足する内容でご加入しているかと思います。転職や独立によって社会保険の内容が変更になると、補足したい内容も変わる可能性があるので、転職のタイミングで見直すと良いでしょう。
例えば会社員から自営業になった場合、会社員の時は労災で治療費が出るようなケースでも自営業ではそのような保障はありません。病気やケガで営業を休止しなければならなくなった場合はそのまま収入に影響が出てしまいます。会社員の時に社会保険で補えたものが、自営業になるとできなくなってしまうということです。
こうした事態に備えるために必要な生命保険を検討しておけば、将来起こり得るお金に関する不安を取り除くことができます。また、転職によって収入や支出が変化する可能性もありますよね。無理なく支払うことができるのか、なども見直しのテーマとなるでしょう。

まとめ

https://www.pexels.com/photo/buildings-businessman-city-cityscape-561458/

住宅購入時は、必要な保障とそうでないものをきちんと見分けることで、保険料の節約が可能になります。転職時は公的な保険の内容に違いが出てくるケースもあるため、しっかり専門家に相談することをおすすめします。

当サイトでは住宅購入時や転職時の相談を得意とする保険相談員を無料で紹介することが可能です。
関心のあるかたは下記フォームより気軽にお問い合わせください。

無料保険相談はいかがですか?

「記事を読んでも、よく分からない」「実際に、保険のプロに聞いてみたい」そんな時は、保険サミットの無料保険相談サービスをどうぞ。 弊社の紹介する保険のプロが、こちらから最寄りのカフェまで伺います。 もちろん、その場で契約を迫られるような事はありません。是非、お気軽にお申込みください。