日本の生命保険の歴史

日本の生命保険の歴史

この記事の内容をざっくり言うと・・・

  • 今の保険の仕組みや制度を理解するうえで保険の歴史を知っておくことは非常に参考になります。本章では世界、日本における歴を話していきます。

今回は「生命保険」というものの歴史について、ご紹介したいと思います。制度ができた背景や変遷を見ることで、その制度をより深く理解することができると思います。コラムとして、楽しみながらご覧いただけたらと思います。

世界で最初の生命保険

https://www.pexels.com/photo/adult-art-artistic-artists-375882/

世界各国で古くから相互扶助の考え方は存在し、小さなコミュニティにて生命保険と同様の制度はあったようですが、歴史的に知られる生命保険の最も古いルーツとしては、17世紀のイギリスではじまった、葬儀費用の積立制度だと言われています。最初に始めたのは牧師たちでした。当時は、牧師が死んだ場合には多額な葬儀費用が必要だったので、みんなで少しずつお金を出し合おうということになったようです。普段から少しずつ貯めておいて、誰かが死亡したらみんなで貯めたお金から葬儀費用を出す、という仕組みができたのです。そうすれば、一気に高額な費用を負担することもなく、遺族も助かります。

しかし、この制度は、若い牧師たちからの不満により、長くは続きませんでした。それもそのはずで、みんな同じ金額を積み立てるということは、普通に考えれば若い人の方が長期間支払わなくてはなりません。お年寄りは数年支払っただけでたくさんのお金を受け取れるのに対し、若い牧師たちは下手をすれば損をしてしまいます。そのため、新たに参加する人もいなくなり、この制度は消えてしまいました。

当時、イギリスでは産業革命が起こっていて、人々のライフスタイルが大幅に変わっていった時代でもあります。その後も、商人同士の組合であるギルドが積立制度を作ったり、18世紀には生命保険会社も誕生したり、大きな積立制度の波がありました。

しかし、牧師たちの制度のように、なにかしら生じる「不公平感」のために、なかなか上手くはいかなかったようです。たとえば、「あの人は大工だから普通の人より死ぬ確率が高いのでは?」「あの人は持病があるのにみんなと一緒の保険料はずるい」といった具合です。当時は今のように生命表などなかったので、保険料の決め方もデタラメで、保険会社への不信感も出やすかったのでしょう。

その後、有名な天文学者エドモンド・ハレーが統計学的に人の死亡率が分かることを発表したことで、一気に生命保険会社は合理的に保険料の設定ができるようになりました。年齢や性別によって細かく保険料の設定ができるようになったので、「不公平だ」という不満も徐々になくなっていきました。

現在、わたしたちは、「若い人は保険料が安くて、歳をとると保険料が高くなるなんて不公平だ」なんて思いがちかもしれませんが、実は逆だったのです。歳をとると死亡率も上がってしまいますし、保険料を支払う期間も短くなります。ですから保険会社でも早めの加入を勧めるわけです。ある程度歳をとってから保険に加入したい場合は、本当にその保険が必要なのか、貯蓄で賄うことはできないのか、ということを熟考しましょう。

さて、話を生命保険の歴史に戻します。日本では、生命保険はいつからあるのでしょうか。日本に生命保険を紹介したのは福沢諭吉です。「西洋旅案内」の中で、生命保険に関する記載があります。

日本の生命保険

https://www.pexels.com/photo/branch-cherry-blossom-environment-flowers-356269/

日本で最初に設立された生命保険会社は「明治生命」

明治14年(1881)年になって福沢諭吉の門下生であった阿部泰蔵によって、 わが国最初の近代的生命保険会社である明治生命(現在の明治安田生命)が設立されました。2番目は、明治21(1888)年に帝国生命(現在の朝日生命)。3番目として、翌年明治22(1889)年には日本生命が設立されました。

当時は、明治新政府になって諸制度が改められましたが、封建時代の諸制度や血族的保障制度としての家族制度もまだ根強く残っていたため、一般の人が相互扶助という生命保険の保障制度を理解して、加入することは容易なことではありませんでした。

創業当時の人々は、各地の名士に生命保険の必要性を説明し、代理店を委嘱して、名士の名声と信用に基づいて、生命保険の普及に努めていきました。明治生命、帝国生命、日本生命の3社が業務の拡張に努めた結果、これら3社の業績が向上してきたこともあり、各地の資産家達が生命保険事業に注目し始めました。

明治27年をピークに生命保険会社が各地に設立される

明治25年、26年頃から事業意欲を多分に伴った株式制度の生命保険会社が各地に濫設されるに至りました。この動きは、明治27年をピークに、明治31年、32年頃まで続きましたが、この間に新設された会社は40数社(株式会社)にも及び、さらに全国各地で類似事業が行われて、その数は数百にのぼりました。

その多くの会社が統計的基礎を欠く保険事業であったり、競争の激化で無理な募集や義理募集を行ったりしたこともあって、生命保険会社に対する非難が沸き起こりました。 当時の新聞には、生命保険事業を批判する記事が数多く見られるようにもなりました。

こういった状況の中で、業界内から、このような状況を放置することは、正しい生命保険事業の発達を妨げるものであるという声が起こり、その結果明治31(1898)年に業界が協力して、生命保険事業の正しい発展と秩序を保つために現在の生命保険協会の前身である生命保険会社談話会を設立したのです。

また、明治32(1899)年には、保険数理の専門家達によって日本アクチュアリー会が設立されました。政府としても、より厳しく保険事業の取り締まりを行い、監督を強化すべきであるという意見が出てきました。

そこで、明治32(1899)年に、ドイツの保険監督法に範を取り、保険業法が制定され、農商務省に商工局保険課が新設されて、保険事業の監督行政が行われるようになりました。この業法の制定に当たっては、当時日本生命の社医を辞していた矢野恒太(のちの第一生命の創立者)の多大な貢献があったのです。保険業法の制定によって、その後類似会社の濫説はあとを絶ちました。

明治33年(1990年)に初めて約款が作られる

株式会社組織の他に、相互会社組織による生命保険会社の設立が認められるとともに、事業方法書や普通保険約款を統一整備する必要が生じました。

従来の約款は各社まちまちでしたが、業法の制定により統一約款を定めたいという各社の要望に沿って、生命保険会社談話会では、明治33(1900)年にわが国で最初の模範普通保険約款を制定しました。

さらに、業法の制定により相互会社の設立が認められたので、明治生命・帝国生命・日本生命に続き、第4番目は、明治35(1902)年に第一生命、第5番目は、明治37(1904)年に千代田生命(現在はジブラルタ生命)の2社が相互会社として設立されました。

明治27(1894)年の日清戦争、明治37(1904)年の日露戦争を通じて、生命保険の被保険者の中で数多くの戦死者が出ましたが、生命保険会社はこれらの遺族に対して、保険金を支払いました。その結果、多くの人々に生命保険の効用について理解を得ることができたのです。 日露戦争後、日本経済は活況をとりもどし、また一般の人々にも生命保険による経済準備の必要性が序々に認識され、新規加入者も順調に伸展していきました。

明治44(1911)年には、明治生命・帝国生命・日本生命の3社がこれまでの被保険者の死亡率を基にした死亡表「日本三会社生命表」を作成しました。 これは、わが国最初の経験死亡表であり、それまで明治・帝国生命などが使っていた「英国17会社表」、日本生命が使っていた「藤原氏表」と比べ、実際の死亡率に近いものでした。

これまで説明した内容を年表にまとめると、以下のようになります。

明治時代 大正~戦後 昭和30(1955)年代 昭和40(1965)年代
主力商品 養老保険:終身保険  養老保険:終身保険
= 50 : 50  → = 70 : 30 
養老保険:終身保険= 90 : 10  養老保険→ 定期付養老保険
関連事項 明治14(1881)年 ①明治生命 大正14(1914)年 簡易保険 「定期付養老保険」箱型の発売
満期:死亡=1:2
「定期付養老保険」L字型の発売
高倍率化の進展
満期:死亡=1:3
満期:死亡=1:5
満期:死亡=1:10
満期:死亡=1:20

「災害割増特約」「傷害特約「災害入院特約」の発売

外国会社の進出で「がん保険」「医療保険」発売

明治21(1888)年 ①帝国生命
(現:朝日生命)
大正7(1918)年 スペインかぜ
大正12(1923)年 関東大震災
明治22(1889)年 ③日本生命 昭和2年(1927)年 5社への契約の集中傾向が強まり、新契約高と保険契約高が50%強
明治27(1894)年 日清戦争
明治32(1899)年 日本アクチュアリー会
保険業法制定
明治33(1900)年 約款 制定 昭和23(1948)年 団体定期保険の発売
明治35(1902)年 ④第一生命
明治37(1904)年 ⑤千代田生命
(現:ジブラルタ生命)
昭和24(1949)年 デビットシステムの導入→生保レディ誕生
明治37(1904)年 日露戦争後

 多額の保険料の支払い実績

このように、現在の生命保険の礎は、明治時代に作られたのです。

そう考えると、「保険大国」と呼ばれる日本の生命保険でさえ、その歴史はまだ約140年ほどであるということがわかります。

まとめ

https://www.pexels.com/photo/window-japanese-japan-ryokan-96418/

このように生命保険の歴史と言っても、世界での歴史と日本での歴史にはこのような違いがあります。海外で始まり広まったものを、福沢諭吉をはじめ、過去に多くの人がかかわってくれたことで、今日の日本の生命保険へ成り立っています。明治時代にこうして礎がつくられたからこそ、今の「安心して暮らせる世の中」ができあがったといえます。

このような歴史をみると、今の保険の仕組みや制度も理解しやすいと思います。日本に広めた方々に感謝の意を示しながら、保険の恩恵を受けましょう。

当サイトではご自身のライフプランに合わせた無理のない保険活用のアドバイスができる相談員を無料でご紹介することが可能です。長い目でみたライフプランニングの相談に気軽に乗る事ができますので興味のあるかたは下記フォームより申し込みをお待ちしております。

無料保険相談はいかがですか?

「記事を読んでも、よく分からない」「実際に、保険のプロに聞いてみたい」そんな時は、保険サミットの無料保険相談サービスをどうぞ。 弊社の紹介する保険のプロが、こちらから最寄りのカフェまで伺います。 もちろん、その場で契約を迫られるような事はありません。是非、お気軽にお申込みください。